「梅雨」を英語で伝えられますか?

こんにちは『時事ネタ英語』担当の古山です。

早くも5月8日には、
沖縄が梅雨入りしましたね!

昨年より5日も早い梅雨入りだそうです。

来月になれば、
沖縄だけでなく日本各地で
梅雨入りしていきます。

梅雨は雨が多くなり
湿気でジメジメしがちですが、
毎日元気に過ごしていきたいですね。

ところで、
「梅雨」は英語でなんと表現すればいいか
ご存知ですか?

梅雨がない国も多いので、
外国人に梅雨を伝えるとき、
どのように伝えればいいのか
困ってしまうこともあるかもしれません。

今回は、
「梅雨」にまつわる英語フレーズをご紹介します!

ぜひ参考にして、
ほかの国ではなかなか見られない
「梅雨」をどんどん表現していきましょう!

「梅雨」を表す英語フレーズは?

「梅雨」を英語で表現したいときは、
“the rainy season”もしくは”the wet season”とされることが多いです。

ちなみに、
より具体的に梅雨を説明したい場合は、

●the long spell of rainy weather in early summer/「初夏の雨の長い季節」

と表現することもできます。

このように表現することで
外国人に梅雨をよりイメージしてもらいやすくなります。

「梅雨入り」「梅雨明け」を表す英語フレーズ

梅雨入りを表現したいときは、

●the beginning of the rainy/wet season
●the start of the rainy/wet season

と伝えましょう。

梅雨入りの宣言が出たときは、

●The start/beginning of the rainy/wet season has been officially declared./「梅雨入りが宣言されました。」
●The rainy/wet season has officially begun./「梅雨が始まりました。」
●It’s rainy/wet season here now./「梅雨入りしました。」

などと表せます。

ここで使われている”declare”は、「宣言する」という意味で
さまざまな場面に活用活用に使われる便利な単語です。

そして梅雨明けの場合、

●the end of the rainy/wet season

と表します。

“start”が”end”に変わるだけなので
わかりやすいですね。

梅雨明け宣言がでたときは、

●The rainy/wet season has been declared officially at an end./「梅雨明けが宣言されました。」
●The rainy/wet season has officially ended./「梅雨が終わりました。」
●Rainy/Wet season is finally over./「ついに梅雨明けしました。」

などと伝えてみてください。

雨の降り方に関する英語フレーズ

梅雨は、雨の降り方も非常にさまざまですよね。

ここでは「小降りのとき」「大降りのとき」の
それぞれの場合における英語フレーズをお伝えします。

1. 小降りのとき

まず小降りのときは、

●drizzle/「小雨」「しとしと雨」
●shower/「にわか雨」
●sprinkle/「パラパラ降るような雨」

などと表します。

実際に伝えるときは、

●It drizzles a lot during the plum rain season./「梅雨の季節はよく小雨が降ります。」
●It began to sprinkle./「小雨が降り始めました。」

などと表現してみましょう。

2.大降りのとき

大降りのときは

●downpour/「土砂降り」「ザァザァ降り」
●thunderstorm/「雷雨」
●torrential rain/「豪雨」
●pour/「土砂降りのような雨が降る」

となります。

実際に伝えるときは、

●I’ve got caught in a downpour./「土砂降りにあいました。」
●It’s pouring outside./「外はひどい土砂降りです。」

などと言ってみてください。

梅雨ならではの特徴を表す英語フレーズ

梅雨の大きな特徴といえば、
ジメジメとした気候が挙げられます。

最後に、そうした梅雨ならではの特徴を指す
英語フレーズをご紹介します。

ぜひ参考にして、ジメジメ感を英語で伝えましょう。

3.ジメジメとしていて暑い

ジメジメとした暑さを表現したいときは、
“humid”もしくは”muggy”を使用しましょう。

厳密には”humid”は湿気が多いとき、
“muggy”は高温多湿な状態のときを表しています。

梅雨の暑さに耐えられないときは、
ぜひ使ってみてください。

●It’s so humid during the rainy season./「梅雨は湿気が多いです。」
●It’s too muggy to go out./「外出するには蒸し暑すぎます。」

4.汗をかく

梅雨はジメッとしていて、
汗をかきやすい時期でもありますよね。

そんなときは、”sweat”「汗をかく」を活用しましょう!

●I’m soaked with sweat./「汗びっしょりです。」
●I’m all hot and sweaty./「暑くて汗まみれです。」
●My skin feels clammy./「肌がベトベトです。」(”clammy”は汗でベトベトになることを指しています。)

このように、梅雨にまつわる英語フレーズはさまざまあります。

ぜひ参考にして、これからのジメジメする時期に
積極的に活用してみてくださいね。

それでは、また次回!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. 「分かりません」の英語フレーズ使い分け

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 「分かりません」 という日本語を英語にするな…
  2. 【動画レッスン】英語日記ネタ:その6「YouTubeでクイズ番組を見ました」

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 またまた藤永さんの 動画レッスンの日がやってきました。 …
  3. リスニング力を飛躍させるキーポイント →「最初の◯◯◯」

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 昨日お送りした 「映画やドラマを字幕なしで観るための …
  4. 【動画】ビジネスの世界で使える挨拶

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 本日の藤永さんの 動画レッスンのテーマは 『ビジネス…
  5. 英語を英語のまま理解する『イメージ化』の極意

    藤永式の英語習得では、 『単語の暗記』はしません。 それは、なぜか? いわゆる…
  6. 英語の「普通」を正しく使い分けられますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 英語を勉強されている皆さんなら、 すでにお気づきと思…
  7. 英語で「令和」を説明できますか?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ5月1日から 元号が「令和」に…
  8. 英語で「クリスマス」を祝えますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 いよいよ、 クリスマスが近づいてきましたね。 …
  9. 【動画レッスン】英語で日記を書くコツ

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 前回の動画レッスンで、 初心者にオススメのアウトプットは…
  10. 「キャッチボール」は海外では通用しない!?

    こんにちは『時事ネタ英語』担当の古山です。 今年メジャーリーグに移籍した大谷選手が、 連…
ページ上部へ戻る