あなたの身を守る!災害の時に役立つ英語フレーズ

こんにちは、
『時事ネタ英語』担当の古山です。

8月が終わり、秋の訪れを迎えましたね。

ちなみに、先週の9月1日は
「防災の日」だったのですが、ご存知でしたか?

日本は、他の国と比べてみても
地震、台風、土砂災害、洪水といった
自然災害が多い国です。

でも災害は、日本に限らず、
海外で発生する可能性もありますよね。

ですから、海外に行く時でも
災害に備えて防災の知識を
あらかじめ持っておくことも大切です。

そこで今回は、
海外で災害が起きた時に役立つ
英単語&英語フレーズをご紹介します!

いざという時に
この英語フレーズを使えば
災害があっても、慌てることはないでしょう^^

「防災の日」って英語で何ていうの?

防災の日は、
Disaster Drill Dayといいます。

Disasterは「災害」、
drillは「訓練する」という意味を
それぞれ持っています。

直訳すると「災害に対して訓練する日」という意味です。

海外の人と会話をするときに
Disaster Drill Dayについて
尋ねてみるのもアリですね。

非常用品に関する英語フレーズをご紹介

災害の時に必要なのは、「非常用品」ですよね。

ここでは、非常用品として
よく使用されるものの英単語をご紹介します。

災害に見舞われた時は
下記の英単語をご参考ください。

drinking water/飲料水
food/食料品
clothes/衣類
flash light/懐中電灯
first-aid kitv/救急セット
portable radio/携帯ラジオ
stationary/筆記用具
lighters/ライター

災害が起きたとき活用できる英語フレーズ

海外で災害が起きた時には
英語で説明する場面に出くわすでしょう。

そういった時は、
以下の英語フレーズが役に立ちます!

緊急事態のときに英語で説明できるよう、
ぜひご活用下さいね。

There was a magnitude 8.0 earthquake./マグニチュード8.0の地震がありました。
Please evacuate from this place immediately./すぐにこの場所から避難してください。
Please get away from this building as quickly as possible.
/できるだけ急いでこの建物から離れてください。
All trains are suspended./すべての電車が一時的に運休しています。
「◯◯(路線名)」 line has been stopped./◯◯線は止まっています。
The volcano has erupted./火山が噴火しました。
Earthquake strikes!/地震です!

助けがほしいときに活用できる英語フレーズ

災害のときは、
助けを呼ばざるを得ない場面もあるでしょう。

ここでは、そんな時に役立つ
英語フレーズをご紹介します。

1:help

助けがほしい時は、真っ先に
この英単語が思い浮かぶかもしれません。

Helpの一言だけでも、相手に通じます。

また、自分は助ける側だけど
もっと助けがほしいときにも活用できます!

I need help./助けが必要です。
Help me!/助けてください!
Somebody help! There are still some people in this building.
/誰か助けてください!この建物の中にまだ何人かの人がいます。

2:call

こちらもよく使われる英単語です。

緊急時には、救急や消防に
電話しなければならない場面もあるはずです。

火事を発見した時や
病院に搬送した方がいい人がいる状況で
ぜひ活用してみましょう。

Please call an ambulance./救急車を呼んでください。
Call the fire engine!/消防車を呼んでください!

3:watch out

誰かに危険を知らせたいときに
ぜひ使ってほしいフレーズです。

日本語では
「気をつけて」「危ない」
という意味に当てはまります。

Watch out!/気をつけてください!
Watch out for broken glass./壊れたガラスに気をつけてください!

ちなみに、
watch outに似た表現として
look outと言うこともできます。

4:dodge

「避ける」という意味を持っている英単語です。

何か危ない場面を見つけた時に活用できます。

何か当たりそうなときには
うってつけのフレーズです。

Dodge!/避けてください!

5:behind you

背後から迫っている危険を
喚起したいときに活用できるフレーズです。

自分の背後へ目配せすることって
なかなか難しいですよね。

なので、背後で何かあったときでも
気づきにくいものです。

そうしたときは、
ぜひこのフレーズの活用をおすすめします。

Behind you!/後ろに気をつけてください!
Behind you, tsunami is coming./後ろに気をつけて!津波が来ています。

このように、
災害に遭遇したときに活用できる
英単語やフレーズはたくさんあります。

日本に限らず、海外でも
どのような災害が起きるか
誰も予測ができませんよね。

ですので、
こういった災害でも使える英語の知識を
持っておく必要があるんです。

ぜひ参考にして、
注意を促したり、助けを求めたい時に
活用してみてくださいね。

それでは、また次回!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. 英語で「カツカレー」が言えますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 今日はいつもと違った ユニークなトピックで 英語…
  2. 英語でプロポーズしてみませんか?

    こんにちは『時事ネタ英語』担当の古山です。 季節はもう6月ですね。 6月といえば…
  3. 英語で様々な「イライラする」を表現できますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 日々生活で イライラしてしまった時って 誰しもあると思…
  4. 1日5~10分、遊び感覚で文法をマスターできる藤永式トレーニング

    『英文法』と聞くと― 多くの人は 難しそう、めんどくさい・・・ と感じると思います。 …
  5. 英語で「有給休暇」を表現できますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 最近は、だんだんと気温も上がってきて 「今日…
  6. 英英辞典の使い方【初歩編】

    こんばんは、 事務局の鶴岡です。 「英英辞典」って使ったことありますか? ちょ…
  7. 2分で1640億円の中国の買い物イベント

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 先日、中国で最大の買い物イベント 『ダブル…
  8. 英会話で、いつも同じ表現ばかり使っていませんか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 英語を話している時に 「あれ、いつも同じ表現ばかり…
  9. 【レベル別】英字新聞をスラスラ読むための『コツ』

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 前回のメルマガでは 英字新聞のメリットや構成を …
  10. 英語で「〜が気になります」と表現できますか?

    こんばんは、 事務局の鶴岡です。 「結果が気になる」 「正しいかどうか気になる」 …
ページ上部へ戻る