「need」を使わず「必要」を英語で言えますか?

こんにちは、
事務局の鶴岡です。

「〜をする必要がある」
「〜が必要だ」

という日本語を英語に訳すときに

「need to 〜」
「need 〜」

を使うことが多いと思います。

でも、ネイティブは
「need」以外の表現も使って
細かいニュアンスを伝えることで
コミュニケーションをとっています。^^

実は、「need」以外にも
「必要」を意味する英語表現は
たくさんあるのです。

そこで今日は
「need」以外で「必要」を意味する英語表現を
ニュアンス別にご紹介します!

「need」以外の「必要」を意味する英語表現

1:require

「require(リクワイア)」には
「〜を必要とする」「〜を要求する」という意味があります。

「need」と同じく「必要」の意味で
使うことができますが、
両者のニュアンスは若干異なります。

「need」は主観的に必要と思った時に使われます。

例えば

・勉強する必要がある
・助けが必要だ

というように
自分が「必要だ」と感じた時に「need」が使われます。

一方、「require」は
客観的に必要性がある場合に使われます。

例えば、
義務やルールに従う時、
または国の法律など、
外部的な権力や規制から必要とされる場合です。

ですので、「require」は
「need」よりもフォーマルな表現になります。

This plan require a professional engineer./この計画には専門のエンジニアが必要だ。

「〜する必要がある」と言いたい時は・・・

「be require to do」を使うことで
「〜する必要がある」と表現できます。

ですが、先ほどお伝えしたように
「require」には客観的な必要性、
というニュアンスが含まれていますので
受け身の表現で使うことが一般的です。

I’m required to submit a report./私は報告書を提出する必要があります。

2:necessary

「必要な」という意味の形容詞で
「ネセサリー」と読みます。

ニュアンス的には
「need」よりも必要性が若干高めです。

日常英会話でもよく使われる表現なので
このタイミングで覚えてしまいましょう。

A signature is necessary./サインが必要です。

3:have to 〜

「〜する必要がある」という「need to〜」よりも
必要性が高い場合に使われる表現です。

主に「〜しなければならない」という意味で
外部的要因(規則やルール)によって必ずしなければならない、
もしくは「しない」という選択肢がない場合に使われます。

I have to attend the meeting today./今日は会議に参加しなければならない。

4:must 〜

「must」は「have to」よりも
さらに必要性が高い場合に使われます。

もし、自分以外の人に「You must 〜」と使うと
シチュエーションにもよりますが、
かなり上から目線な伝え方になることもあるので
注意しましょう。

I must study English for the exam./私は次回の試験のために英語を勉強しないといけない。

おまけ:「Have to」と「must」の違いは?

「have to」と「must」は言い換えができる、と
どこかで習った方もいるかもしれませんが、
実は、この2つの表現のニュアンスは全く別物です。

簡単にいうと、下記のような違いがあります。

mustを使うときは「自分の意思」で「~しなければならない」と感じた時
have toを使うときは「外部要因」によって「~しなければならない」と感じた時

この違いについては
下記の記事でも詳しく説明をしているので
細かいニュアンスまで理解をしたい方は
チェックしてみてくださいね。

→ ネイティブが使う「must」は「have to」ではない?

いかがでしたか?

「need」以外にも
様々な「必要」の英語表現がありましたね

1つの表現に使い慣れると
ついついその表現ばかりを使いがちですが、
別の似た表現を覚えてアウトプットすることで
会話力がぐんぐん伸びていきます。

これまで「need」しか使ってこなかった方は
ぜひ、今日ご紹介した表現にチャレンジしてみましょう。

それでは、楽しんで新型ネイティブへ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. ディナー予約で使える鉄板英語フレーズPart.2

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 この時期になると、 忘年会やクリスマスで どこのお…
  2. 【厳選】今日から使えるビジネス英語フレーズ5選

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 今やグローバル化が進んで 世界中のどこにでも 繋が…
  3. 「分かりません」の英語フレーズ使い分け

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 「分かりません」 という日本語を英語にするな…
  4. 「集める」=「collect」だけではありません

    こんばんは、 事務局の鶴岡です。 コレクションを「集める」 お金を「集める」 データ…
  5. 単語帳を使わずに英語をスイスイ覚える方法(問題)

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 「英会話を上達したいけど 単語や熟語の暗記は苦手・・…
  6. 【動画レッスン】英語日記ネタ:その6「YouTubeでクイズ番組を見ました」

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 またまた藤永さんの 動画レッスンの日がやってきました。 …
  7. 英語で日本文化を紹介できますか?【地理・人口編】

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 皆さんいかがお過ごしですか? 外国から…
  8. 1日5~10分、遊び感覚で文法をマスターできる藤永式トレーニング

    『英文法』と聞くと― 多くの人は 難しそう、めんどくさい・・・ と感じると思います。 …
  9. 英語で「少し考えさせてください。」と言えますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 みなさん、いかがお過ごしでしょうか? 前回は、…
  10. ネイティブの英語フレーズが使えていますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 このコーナーでは 藤永さんの書籍から厳選した トピ…
ページ上部へ戻る