英語挫折組にならないための勉強法

「あなたの英語学習法は、
 『挫折』への最短ルートです」

と言ったら怒るでしょうか?

最近では、
小学校でも英語の授業があったり
仕事でも英語を使う機会が増えてきていますね。

さらに2020年の
東京オリンピックも控えているので
英語の学習熱は高まる一方です。

でも、実は大半の人が
間違った学習法で英語に取り組んでいるのです。

その間違った方法とは・・・

私たちが中学生時代からやってきた
単語、熟語、文法などを
コツコツと覚えることだったのです。

「そんなバカな!」

という気持ちかもしれませんが、

「なぜ、留学生の99%は
 英語ができないのか?」(藤永丈司 著)

には、このように書いてあります。

赤ちゃんは必ず耳から語学を吸収し始めます。

赤ちゃんは妊娠して母体にいるころから、
すでに耳で音をとらえているとも言われています。

そのため、胎内の赤ちゃんに音楽を聞かせたり
英語で話しかけたりする妊婦さんもいるほどです。

さて、赤ちゃんは言語を文字として書いたり
まして読んだりすることはできません。

まず音を耳でとらえて理解し、やがて
言葉としてアウトプットするようになります。

つまり、ファーストステップとして
耳で音を学んだ上で、それをさまざまな色や形、
文字などの視覚情報に結びつけていくのです。

こうした流れを考えると
「耳(聴覚)」→「視覚」という流れが、
言語をマスターする学習法として、
最も自然な流れと言えるのではないでしょうか?

まさに、今までの学習法は
人間の本来のシステムに反している
効率の悪い方法だったのです。

さらに、こう続きます。

日本の教育では文字情報を重視し、
視覚から英語の勉強を始めます。

そのため、多くの方が
視覚からのインプットについては、
比較的問題なくこなします。

しかし、一方で
聴覚についてはどうでしょうか?

リーディングよりも、
リスニングを苦手とする人が
多いのではないでしょうか?

実は、英語のリスニングにはコツがあります。

私は断言できますが、
才能などなくても、コツさえおさえれば、
英語のリスニングは簡単です。

所詮、人間の言葉ですから
ネイティブがしゃべる速い英語であっても、
誰でも聞き取ることができるようになります。

しかし、例えば
あなたは英語の聞き取りのコツについて
手順を踏んで教えてもらったことがありますか?

おそらくほとんどの方が「NO」だと思います。

もし、そうした教育を受けたことがないのであれば、
あなたがリスニングを苦手とするのは、
当たり前ではないでしょうか?

聞き取りができないからといって、
あなたの才能がないわけではありません。

従来の義務教育式の勉強法を続けるかぎり、
あなたのリスニング力が劇的に向上することは、
おそらくないでしょう。

本来、英語の学習は聴覚情報を重視し
耳から始めるべきなのです。

怖い話ですよね。

多くの人の英語学習の目的は
英語でコミュニケーションをとることです。

だからこそ、いざネイティブと話したときに

「何を言っているのか全然分からない!」

となると、

真面目に勉強してきた人ほど
落ち込んでしまうものです。

でも、それが才能の問題ではなくて
勉強法の問題だったと分かると
安心ですよね。

今まで信じてきた勉強法を変えるのは
少し戸惑うかもしれませんが、

ぜひこの機会に
「耳」重視の勉強法を取り入れてみてください。

きっと、Breakthroughが起きると思います。

関連記事

コメント

    • 光夫
    • 2017年 12月 21日

    頑張って

    • 今本 治彦
    • 2017年 12月 21日

    That’s Right!!

    • 上野
    • 2017年 12月 21日

    私も英語、北京語は聴覚を重視してるので洋楽、ラジオ、BS放送のWORLD NEWSを言語に変えて聞きます。
    継続することで聞き取れない部分が聞き取れてます。

    • Hiroshi
    • 2017年 12月 28日

    確かにそうですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. 英会話で絶対にしてはいけないNG行動とは?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 今回の藤永さんの 動画レッスンのテーマは― …
  2. 「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  3. 【動画】英会話で必ず押えるべき基礎とは?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 本日の藤永さんの 動画レッスンのテーマは 『英会話…
  4. 日本の「祝日」を英語で説明できますか?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 ゴールデンウィークが近づいてきましたね。…
  5. 英語で日本文化を紹介できますか?【買い物・伝統文化編】

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 梅雨が明けたと思ったら 台風や大雨などでバタバ…
  6. 「おやすみ」と言われたら、英語でなんと返しますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 みなさん、いかがお過ごしでしょうか? 会話の基…
  7. 英語で「ギリギリ間に合う」を表現できますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 あなたは 「ギリギリ間に合う」 と言う日本語を…
  8. 「寝坊しました」と英語で書けますか?日常ネタを過去形で表現してみよう!

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 藤永さんがオススメしている 初心者の英語アウトプット『…
  9. 「暑い!」という感覚を英語で表現してみませんか?

    こんにちは『時事ネタ英語』担当の古山です。 ゴールデンウィークも ついに終わってしまいま…
  10. 英会話が上達するためのポイント

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 今回の藤永さんの 動画レッスンのテーマは― …
ページ上部へ戻る