長い英語をラクラク聞き取る英語持久力を高める方法

こんにちは、
事務局の鶴岡です。

前回のこのコーナーでは、
英語に対する「瞬発力」を上げる方法を
ご紹介しました。

「瞬発力」を上げるためのポイントは、
「最初の3語」を聞き取ることでしたね。

もし、まだ見ていないという方は
ぜひ見返してみてくださいね。^^

参考:「英語の『瞬発力』をあげてネイティブとスムーズに会話をする方法」
https://english-for-japanese.net/NS/?p=493

しかし、最初の3語が聞けるようになると
どうせなら早く全部を聞き取れるようになりたいと
欲が出てきますよね。笑

そこで今回は、そんなワガママにお応えして
英語に対する「持久力」を高める
とても簡単な藤永式トレーニングをご紹介します。

前回お伝えした「瞬発力」に加えて
「持久力」を身につけることができれば、
長い英語も、バッチリ聞き取れるようになります。

1日数分から出来るトレーニングなので、
ぜひ、参考にしてください。^^

~英語の持久力を高める方法~

藤永丈司「なぜ留学生の99%は英語ができないのか」より

いよいよ「最初の3語」を聞き取るトレーニングの仕上げに入ります。
第3段階では、疑問文に対する「答え方」の難易度を少し上げます。

質問:「Did you play tennis yesterday?」(あなたは昨日テニスをしましたか?)

この質問に「Yes」と「No」だけでなく、
以下のように完全な文章で答えます。

答え 「Yes, I played tennis yesterday.」
答え 「No, I did not play tennis yesterday.」

疑問文に対して完全な文章で答えることによって、
最初の3語を聞き取る「瞬発力」だけでなく、
文章全体を聞き取る「持久力」を養成していきます。

このトレーニングの注意点は、
あくまで「最初の3語」を聞き取ることに集中することです。

なぜなら、「英語をすべて聞き取らなければいけない…」

と身構えてしまうと、
せっかく身につけた「瞬発力」を
発揮できなくなる恐れがあるからです。

これは不思議な感覚ですが、
「最初の3語」をしっかり聞き取ることができるようなレベルになると、
英語全体を聞き取る「持久力」、
つまり英語の文章全体をとらえることができる「英語耳」も自然と身についてくるものです。

トレーニングの仕上げは
英語全体を聞き取る「持久力」をつけることを目的としていますが、
あくまで最初の3語を聞き取ることがメインであることを忘れないようにしてください。

どうですか?

藤永さんのトレーニングは最初のハードルが低いので
気軽に取り入れられるのが良いですよね。

そして、このトレーニングのポイントは、
スペルが間違っていても意味を理解できなくてOK。

あくまでも音を聞き取るトレーニングに徹するということです。

1日5~10分から出来るので、ぜひ試してみてください。

ちなみにこのトレーニングは、
以下のような疑問文のあるCD付き英語教材を使うのが
良いみたいです。

ーーーーーーーーーーー
1.Are you busy now?
2.Which is your suitcase?
3.Where is your hotel?
4.What about going for a drive?
5.Is she working for an American company?
ーーーーーーーーーーー

それでは、楽しんでネイティブへ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. 「反省してます」を英語で言えますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 メルマガを楽しみにしているというお声を頂戴し とて…
  2. 「会う」は「see」と「meet」のどちらを使いますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 あなたが英語で 「会いたい」 とネ…
  3. 【動画レッスン】英語で日記を書くコツ

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 前回の動画レッスンで、 初心者にオススメのアウトプットは…
  4. 刺激を受けたとき…、英語で何と言いますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 皆さんいかがお過ごしですか? このメールマガジ…
  5. 【厳選】今日から使えるスマートな英語の褒め言葉

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 「礼に始まり礼に終わる」 という言葉があるよ…
  6. 「難しい = difficult」ばかり使っていませんか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 あなたは「難しい」を英語に訳すとき 「diff…
  7. 夏の風物詩といえば?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 先週は関東近辺への台風がありましたが、 …
  8. 「need」を使わず「必要」を英語で言えますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 「〜をする必要がある」 「〜が必要だ」 という日本…
  9. 1日5~10分、遊び感覚で文法をマスターできる藤永式トレーニング

    『英文法』と聞くと― 多くの人は 難しそう、めんどくさい・・・ と感じると思います。 …
  10. 英語の語順がしっかりと理解できていますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 メルマガではこれまでに、 すぐに使える英語フレーズ…
ページ上部へ戻る