超頻出単語の「get」を正しく使えていますか?

こんばんは、
事務局の鶴岡です。

英語初心者の方の中には

「英会話ができるようになるためにも
たくさん単語を覚えなきゃ!」

と思う方も
少なからずいらっしゃると思います。

でも、実際の日常英会話で出てくるのは
中学校で覚えた基本的な単語ばかりなんです。

たとえば「get」なんかは
ネイティブは頻繁に使っています。

でも、あなたは「get」を
ちゃんと使いこなせている自信がありますか?

もし、自信を持って
「Yes!」と言えないのなら
このタイミングで正しい使い方を
おさらいしておきましょう!

ということで今日は
「get」の正しい使い方をご紹介します!

「get」を正しく使いこなしましょう!

英語の「get」は、
英会話でもっとも使われると言っても過言ではない
動詞の1つです。

この「get」の使い方をマスターすれば、
更に英会話力がアップします。

1.「get」の原形・過去形・過去分詞

「get」の原形、過去形、過去分詞は以下の通りです。

原形・・・「get」
過去形・・・「got」
過去分詞・・・「gotten」

過去形の「got」も使えます。

2.「get」の意味や活用例:「~の状態になる」

「get」は「~の状態になる」という意味があります。

「get」の後ろには「形容詞」・「過去分詞」を
付けて表現します。

I am tired. /疲れています。
I get tired. /疲れてきました(疲れました)。

過去形の「I got tired.」でも同様です。

「I get tired.」は、さっきまでは疲れてなかったけど、
疲れた状態になったというニュアンスです。

I am old. /私は年齢が若くありません。
I am getting old. /歳をとってきました。

「I am getting old.」の方は、
「だんだん歳をとってきた」という意味になります。

より今現在というのが強調される表現です。

I am married. /私は結婚しています。
I get married. /私は(これから)結婚します

「I am getting married.」でも同様です。

「be動詞 is/am/are」は今の状態だけを伝えていますが、
「get」を使うと、以前とは変わっていることが分かります。

「get」と「become」の違い

よく混乱されるのが「get」と「become」の英語です。

日本語ではどちらも「~になる」となりますが、
明確な違いがあります。

「get」は、短い時間である、
天気や病気・感情などを表現する時の「~になる」
「become」は、長い時間にその状態になる
職業などの場合の「~になる」です。

He became a teacher. /彼は先生になりました。
She became famous. /彼女は有名になりました。

3.日常英会話で使う「get+形容詞」の表現

ネイティブがよく会話の中で使っている
「get+形容詞」の表現をいくつかご紹介します。

「be動詞+getting+形容詞(~になっている)」や
「got+形容詞(~になった)」としても同様に使えます。

get excited/興奮する
get rich/お金持ちになる
get sleepy/眠くなる
get bored/つまらなくなる
get close/近くなる
get hungry/お腹が空いている(くる)
get angry/怒ってくる
get fat/太ってくる
get serious/真剣になる
get nervous/緊張してくる
get curious/興味が出てくる
get confused/混乱してくる
get upset/動揺してくる
get sick/病気になる

4.日常英会話で使う「get+比較級」

「だんだん(益々)~の状態になる」という
表現も会話ではよく使います。

get warmer/(どんどん)温かくなってくる
get better/良くなってくる
get worse/悪くなっていく
get colder/(どんどん)寒くなってくる

また、比較級を2回繰り返すことで
更に強調する場合もあります。

例)「get warmer and warmer」や「get better and better」

このように「get」は
形容詞や名詞を加えることで
いろいろな表現が作れます。

ネイティブも本当によく使っているので
意識して聞いて、実際に活用してみてくださいね。

それでは、また次回のメールマガジンを楽しみにしていてください!

楽しんで新型ネイティブへ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. 英語で「なんとなく」を伝えられますか?

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 このコーナーでは 藤永さんの書籍から厳選した トピッ…
  2. 「travel」と「trip」の違いがハッキリ分かりますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 「旅」という言葉を 英語で表現するときに、 …
  3. 「おめでとう」を英語で言えますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私達は1年に何回か必ず 「おめでとう」と言う機…
  4. 英語で「どうしたの?」と尋ねられますか?

    こんにちは ナビゲーターの渕野です。 ちょっとした表現でも 英語で考えてみると なんて伝…
  5. 英語で「行ってらっしゃい」と送り出せますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 私たちが 毎日使っている表現を そのまま英語で訳そうと…
  6. 英語で「ノー残業デー」が言えますか?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 最近、日本の企業では 働き方を変えていく …
  7. 「I think」ばかり使っていませんか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 あなたがもし、 「~だと思う」と言いたい時に 「I…
  8. 英語で「涼しいなぁ」をいくつ言えますか?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 まだまだ暑い日が続いていますが、 地域…
  9. 英語で「めっちゃ寒い」が言えますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 昨日、札幌では ついに初雪が観測されたそうですね。 …
  10. 英語で「最高!」と褒めることができますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 もし、あなたが 海外の映画やドラマが好きであれ…
ページ上部へ戻る