英語で8タイプの「混雑」を表現できますか?

こんにちは、
『時事ネタ英語』担当の古山です。

先週のお盆では、
地元へ帰省した方、旅行に行かれた方、
もしくはお仕事で忙しくされていた方も
いらっしゃると思います。

そんな中、お盆期間中に
避けては通れない「混雑」で
頭を悩まされた方も多いのではないでしょうか?

交通渋滞はもちろんのこと、
私が入った飲食店も
すでに満席だったため、
断念せざるを得ませんでした。。

ちなみに英語でも
「混雑」を表すフレーズがたくさんありますが、
ニュアンスがそれぞれ違うので、
正しく使い分ける必要があります。

そこで今回は、
「混雑」を表す英語フレーズを
シーン別でご紹介します。^^

正しく使いこなせれば
あなたの英語はネイティブレベルです!

「混雑」を表す英語フレーズ

1:It’s crowded!/混んでいます!

読み:イッツ クラウデッド

「混んでいる」という英語フレーズを考えたとき、
真っ先に出てくる人も多いかもしれません。

この文章で使われているcrowdは、
「大勢」「群衆」「人込み」という意味です。

場所や電車が
人で混雑しているときに使用できます。

It’s crowded everywhere./どこも混んでいます。
This bus is crowded./このバスは混んでいます。

ちなみに「超満員」は、
overcrowdedと使うのもアリです。

The trains are overcrowded with passengers./電車が乗客で溢れかえっています。

2:It’s full!/いっぱいです!

読み:イッツ フル

このフレーズも
「混んでいる」ことを表せます。

fullは「いっぱい」「満杯の」という意味を持つ英単語です。

すごく混んでいるような場所で、
これ以上人が入れないような状況のときは、
ぜひ使用してみてくださいね。

It is full of people anywhere in Obon./お盆はどこも人でいっぱいです。
Look at the restaurant! It’s full./お店を見て!人がいっぱいです。

3:It’s packed!/混んでいます!

読み:イッツ パックド

packは「詰める」「梱包する」という意味ですが、
ここでは人に対して「詰まっている」
つまり「混雑している」という意味になります。

電車が混んでいるようなときは、
ぜひ使用してみてくださいね。

I can’t get on the train at this time. It’s packed.
/この時間は電車には乗れません。混んでいます。

A packed train/「満員電車」

4:It’s jammed./混み合っています。

読み:イッツ ジャムド

jamという単語を聞いて、
パンにつける「ジャム」を思い浮かべた人も多いでしょう。

もちろん「ジャム」という意味も持っていますが、
動詞として使うときは「詰め込む」
「無理に押し込む」という意味になります。

jammedと形容詞にすることで、
電車や駅などが人で混み合っていることも表現できます。

It’s jammed in the station./駅が混み合っています。

A traffic jam/交通渋滞

また、jamとpackをつなげることで、
「超満員」を表すこともできます!

It’s jam-packed with fans./ファンですし詰め状態です。

5:It’s mobbed with~/~で殺到しています。

読み:イッツ モデッド ウィズ

このフレーズは、憧れや尊敬など
ある感情を持った人が殺到する状況を表すフレーズです。

ファンもしくは怒った群衆など、
集団に対して使われることがほとんどです。

It’s mobbed with baseball fans./野球ファンで殺到しています。

6:It’s congested./渋滞しています。

読み:イッツ コンジェステッド

この文章で使用されているcongestedには、
「密集した」「混雑した」という意味があります。

主に、道路の交通渋滞を表したい時に使用できるフレーズです。

The street is congested with traffic./通りは交通渋滞しています。

Congested traffic/交通渋滞

7:It’s backed up./渋滞しています。

読み:イッツ バックド アップ

おもに、アメリカで使用されているフレーズです。

ここで使用されているback upには
「後方から支援する」「後退する」という意味ですが、
そのほかに「渋滞する」という意味としても使われます。

車で渋滞したようなときは、
ぜひ使ってみてくださいね!

This street is backed up./この道路は渋滞しています。

8:It’s booked up./予約で満員です。

読み:イッツ ブックド アップ

レストランやホテルなど
予約で満員になったときに聞くフレーズです。

ここで使用されているbookは
「予約する」という意味で使われており、
そこにupが付くことで、「満員」という表現になります。

I’m sorry, but it’s booked up./申し訳ありませんが、予約で満員です。

おまけ:It’s packed to the rafters./天井まで詰まっています。

読み:イッツ パックド トゥー ザ ラフターズ

このように、慣用句としても
混んでいることを表せます。

raftersは、屋根を支える木材の一部「垂木(たるき)」という意味で、
「天井まで人が詰まっている」という意味合いになります。

もしも、人がものすごく混んでいる時は、
この表現をぜひ使ってみましょう!

 

このように
「混雑」を表現する
英語フレーズはたくさんあります。

道路だけでなく、レストランやホテルなど、
さまざまなシーンで混雑な状況に遭遇するはずです。

そんな時は、
この記事でご紹介したフレーズを、
相手に伝えてみてくださいね!

それでは、また次回!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. 英語で「お疲れ様」を言えますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たちは日常生活で 「お疲れ様」という言葉をよ…
  2. お金にまつわる英語の「ことわざ」

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 前回のメルマガでは 英語のことわざについてご紹…
  3. 英語で「マジで!?」と相槌が打てますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 皆さんは ネイティブの会話を見たときに 「リズム」…
  4. 英語で「日程を調節する」が言えますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 英語を学んでいると シンプルな日本語なのに、 …
  5. 英語マスターと初心者との最大の違いとは?

    英語をマスターしている人というのは、 どのような感覚で英語を話していると思いますか? もしか…
  6. 単語帳を使わずに英語をスイスイ覚える方法(問題)

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 「英会話を上達したいけど 単語や熟語の暗記は苦手・・…
  7. 英語で「少し考えさせてください。」と言えますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 みなさん、いかがお過ごしでしょうか? 前回は、…
  8. 英語で接客ができますか?~会計編~

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 皆さんいかがお過ごしですか? 前回のこ…
  9. 英語で「ちょっと待って」と言えますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 みなさん、いかがお過ごしでしょうか? さて、突…
  10. 初対面でも超速で仲良くなれる英会話のヒミツ

    あなたは初対面の人と会った時、 まず何をしますか? もちろん、自己紹介ですよね。 …
ページ上部へ戻る