1日5~10分、遊び感覚で文法をマスターできる藤永式トレーニング

『英文法』と聞くと―

多くの人は
難しそう、めんどくさい・・・
と感じると思います。

英文法、大好き!

という人は、
英語の研究をしている人くらいですよね。^^

藤永さんも『英文法』を
ワザワザ勉強する必要はないと言っています。

普段使っている日本語だって
文法なんて良く分かっていないですからね。

藤永式では、英文法ではなく
『語順感覚』を大切にしていきます。

この『語順感覚』を身につけると、
正しい英文と間違っている英文の違いが
感覚的に分かるようになります。

今回の記事では、
遊び感覚で『語順感覚』を身につける
簡単なトレーニングをご紹介します。

勉強をせずに文法をマスターする

―『なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?』より―

●文法は遊び感覚でマスターできる

単語を「かたまり」=「文章」で覚えることによって、
文章をイメージする力を鍛えられるだけでなく、
効率よく単語力を強化することが
お分かりいただけたと思います。

これと並行してトレーニングしていただきたいのが
「文法の習得」です。

ですが、第1章でお話ししたように、
文法を勉強する必要はありません。

文法は「語順」です。

そして、語順を間違えた英語に触れた時に、
いかに「違和感」を覚えるか?

これが大切です。

では、この違和感をいったいどうやって
養えばいいのか?

今からご紹介するのは、遊び感覚で
この違和感を身につけることができるトレーニングです。

●ヒントは受験勉強の中にある

この「違和感」を身につけることは、
実はそんなに難しいことではありません。

なぜなら受験勉強の中に、すでにその答えがあるからです。

第1章でご紹介しましたが、
下記の英文をもう一度ご覧ください。

① I will do my best.
② I will do best my.

そもそも、なぜ、あなたは
「best my」という語順に違和感を覚えるのでしょうか?

それは受験勉強の中で、知らず知らずのうちに
「語順を整えるトレーニング」を
しっかりやらされているからです。

では「語順を整えるトレーニング」とは何か?

それは、受験英語で頻出の
「並べ替え問題」です。

私自身が「文法」を身につけるためにやっていたこと。

それは1日5~10分、
この「並べ替え問題」をゲーム感覚で解くことです。

ゲーム感覚で「並べ替え問題」をしているうちに、
間違った英語に触れた時の「違和感」が
自然と身についたのです。

このトレーニングの注意点を挙げるとすると、
それは参考書に書かれている
文法の説明は絶対に読まないということです。

例えば「この節の後にはshould が来て…」などいう説明を
イチイチ読んでいるとゲーム感覚がなくなってしまいますし、
今までの学習法と何ら変わらなくなってしまいます。

文法を身につけたいからといって、
難しい用語を覚える必要はありません。

1日5~10分でかまいませんので、
あくまでもゲーム感覚で
「並べ替え問題」を解いてみてください。

もし、手元に並べ替えの問題集がなければ、
どんな参考書でもかまいません。

参考書から、まず英文を1文抜き出してください。

次に、その1文の中の単語を1語ずつ、
バラバラにノートに書き出します。

翌日にノートを見て、その文章を復元できるかどうかを
トレーニングしてみてください。

いかがですか?

すごく簡単なトレーニングですよね。

藤永さんの手法の特徴でもありますが、
ハードルの低いことをやっていくと
いつの間にか出来るようになっています。

ぜひぜひ、簡単だからとバカにせずに
チャレンジしてみてくださいね。

それでは、楽しんでネイティブへ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. 【初心者必見】あなたの英会話が上手くなる1つのコツ

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 今日は、 あなたの英会話が 上手く聞こえるよ…
  2. 【すぐに使える!】あなたの英会話レベルをサクッと上げる英熟語《〜get編〜》

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 学生の頃は、 英語の熟語を覚えるのに 苦労し…
  3. 英語で「お先にどうぞ」と伝えることができますか?

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 私たちは日々の生活で 「お先にどうぞ」 と、目の…
  4. 英語を英語のまま理解する『イメージ化』の極意

    藤永式の英語習得では、 『単語の暗記』はしません。 それは、なぜか? いわゆる…
  5. 刺激を受けたとき…、英語で何と言いますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 皆さんいかがお過ごしですか? このメールマガジ…
  6. ビジネスシーンで海外の人と仲良くなる『スモールトーク』とは?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外の人が、 初対面のビジネスシーンで重要視している…
  7. 『ゴールデンウィーク』はネイティブに通じない?

    こんにちは『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよゴールデンウィークが始まりましたね! …
  8. この英語の「ネットスラング」の意味わかりますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 最近は、SNSが広まったことで 海外の人とも簡単に繋…
  9. 【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  10. 「a」と「the」を正しく使い分けられますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 英語には 「定冠詞」「不定冠詞」 と呼ばれるものが…
ページ上部へ戻る