「shy(シャイ)」だけじゃない「恥ずかしい」の英語表現

こんにちは、
事務局の鶴岡です。

あなたは
「恥ずかしい」を英語で伝える時に
「shy」ばかり使っていませんか?

「I’m shy/私は恥ずかしいです」

これは間違いではないですし
ネイティブにも伝わります。

でも、
「恥ずかしい = shy」だけでは
あなたが本当に伝えたいニュアンスが
勘違いされてしまうこともあります。

ネイティブにしっかり理解してもらうためには
単語を正しく使い分けることが大切なんです。

そこで、今日は
「恥ずかしい」をネイティブに伝える
正しい英語表現をご紹介します!

ニュアンスをしっかり理解して
ネイティブ感覚の英語を身につけましょう^^

「shy」だけじゃない?「恥ずかしい」を伝える英語表現

1.embarrassed(エンバラスドゥ)

「ああ、恥ずかしい。。」

そんな状況を伝える
「恥ずかしい」の基本的なフレーズです。

例えば

自分の前にいる人が、こっちを見て手を振ってきた
 ↓
あなたは自分に手を振っていると思って、手を振り返した
 ↓
でも、前にいる人は、実は自分の後ろの人に手を振っていた

という状況になってしまったら
ちょっと恥ずかしいですよね。。

そんな「気恥ずかしさ」を伝えるときは
この「embarrassed」がピッタリです。

また、「照れる」という意味でも
「embarrased」は使えます。

基本的には「be embarrased」という受動態の形で使用します。

この時に「embarrasing」と、進行形にしてしまうと
「恥ずかしい思いをさせる人」という意味になってしまうので
要注意です。

I’m so embarrased./私は恥ずかしいです。

2.ashamed(アシェイムドゥ)

こちらの「恥ずかしい」には
罪悪感のニュアンスが伴います。

常識的に考えたら
悪いと見なされるようなこと
道徳的に悪いことをしてしまった時に感じる「恥ずかしさ」を示します。

自分のした行為が恥ずかしい。。

そんなニュアンスを伝える時には、
この表現がぴったりです。

I’m so ashamed of the things I said to her.
/私は彼女にあんなことを言ってしまって、本当に恥ずかしい。

3.shy(シャイ)

皆さんもよくご存知の「shy」。

「shy」は「恥ずかしい」という意味で使われますが
もう少し具体的に言うと
「内気な」というニュアンスが伴います。

・人前でスピーチをする
・ステージの上で歌う

そんな状況になった時
恥ずかしい気持ちになる方も多いかと思います。

その感情が「shy」です。

中には、スピーチも歌うことも得意です
という人もいるかもしれませんが、
あくまでも例としてご参考くださいね。

I can’t sing a song on the stage in front of people.I’m too shy.
/ステージで歌なんか歌えません。とても恥ずかしいです。

4.humiliated(ヒューミリエイテッドゥ)

「屈辱を受けた」
「恥をかかされた」

という場合には、この「humiliated」がピッタリです。

ニュアンスとしては
嫌な思いをされた時のような
「自尊心を傷つけられた」恥ずかしさを表します。

I’m humiliated by classmate.I hate them.
/クラスメイトに恥ずかしい思いをさせられた。私は彼らが嫌いです。

いかがでしょうか?

「恥ずかしい」にも
様々な種類と使い分けがありましたね。

もし、あなたがネイティブに
「◯◯で恥ずかしい思いをしました」
ということを伝えたいときは

その「恥ずかしさ」が
どの単語に当てはまるのか
一度、考えてみてくださいね。

会話内容によって使い分ければ
ネイティブもあなたの話を理解しやすいはずです。

その積み重ねによって
ネイティブ感覚を
身につけていくことができますよ。

ぜひ、お試しくださいね。

それでは、楽しんで新型ネイティブへ!

関連記事

コメント

    • 村井 一彦
    • 2019年 3月 06日

    こんにちは。
    今回の恥かしいに関してですが、bashfulという表現を記載されなかったのは、bashfulをあまり使わないということでしょうか。

      • 事務局
      • 2019年 3月 07日

      コメントありがとうございます。

      「bashfulは「shy」の恥ずかしさに近い表現ですね。

      頻繁に使われないので
      使用を避けたほうがいい、というわけではないので
      ご安心ください。

      語彙力を高めるためにも、ぜひ使ってみてくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. リスニング力は4つの「コツ」でアップします!

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 このメルマガをお読みのあなたなら、 日々、ご自…
  2. 英語を覚えるときに「イメージ化」ができていますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 このコーナーでは 藤永さんの書籍から厳選した トピ…
  3. 英語で「一石二鳥だね」と伝えられますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 これまで2回にわたって 様々な英語の「ことわざ…
  4. 英会話が上達するためのポイント

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 今回の藤永さんの 動画レッスンのテーマは― …
  5. 英語で「残念だ」とネイティブに伝えられますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 「人生は山あり谷あり」とは言いますが 本当にそ…
  6. 「a」と「the」を正しく使い分けられますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 英語には 「定冠詞」「不定冠詞」 と呼ばれるものが…
  7. 親切な対応に対して、英語でなんと返答しますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 英会話の練習は楽しんでいますか(^^)? 毎日…
  8. 「パッと」口から自然に英語を出せていますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 藤永さんの書籍から 厳選したトピックをお送りしている…
  9. 【動画レッスン】日記でアウトプットするときの鉄板ネタはコレ!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 前回、前々回の動画レッスンでは 初心者の英語アウトプット…
  10. 【レベル別】英字新聞をスラスラ読むための『コツ』

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 前回のメルマガでは 英字新聞のメリットや構成を …
ページ上部へ戻る