英会話で「わかったフリ」をしていませんか?

こんにちは、
事務局の鶴岡です。

日本人が英語を聞いたときに
よくやってしまう「分かったフリ」。

しかし、英会話では
分かっていないのに頷いたり、
「yes」と言うことはタブーとされています。

「分かったフリ」をしていると
相手との意思疎通ができないため、
会話がきちんと成立しません。

「話を止めて聞き返すのはちょっと・・・」

と、ついつい遠慮してしまう方も
いらっしゃると思いますが、
分からない時点で聞き返せば、
コミュニケーションのミスを減らすことができます。

さらに、
聞き返した後に話が広がれば、
発言回数が増えるので、
英会話が上達するというメリットもあるんです。

そこで今回は、
聞き返す時に使える
便利な英語フレーズをご紹介します!

聞き返しフレーズをマスターして
「わかったフリ」から卒業しましょう^^

聞き返しに使える便利な英語フレーズ

英語には、聞き返しに関する
様々な英語フレーズがあります

今回は、シーン別で使える
聞き返しフレーズを5つご紹介します。

1:What was that?

読み:ワット ワズ ザット?

「なんて言った?」という
一番カジュアルな表現です。

掃除機を使っている時に
話しかけられけど、聞こえなかったので、

「今、なんて言った?」

と聞き返す、そのような感じのニュアンスです。

ただし、フォーマルな場では
使用を控えるようにしましょう。

2:What did you say?

読み:ワット ディジュユー セイ?

「今、なんて言いましたか?」という表現です。

友達や親しい仲で使われるフレーズですね。

ネイティブも、
このフレーズを頻繁に使います。

とても言いやすく、
使われている単語もシンプルなので
ぜひ覚えておきましょう。

3:Pardon?

読み:パードゥン?

こちらは、上記の1や2のフレーズよりも
若干丁寧なニュアンスが含まれます。

「何と言いましたか?」
といった意味が一番近いでしょう。

怒っている印象を与えてしまわないように、
ソフトに、明るい表情で伝えるように意識してください。

4:Could you say again?

読み:クッジューセイ アゲイン?

「もう一度、言ってくれませんか?」
という意味のフレーズです。

couldが使われていることで、
これまで紹介してきた中でも
一番丁寧な表現になります。

また、後ろにpleaseをつけると、
さらに丁寧な表現になります。

Could you say again, please?/もう一度、おっしゃっていただけますか?

5:Sorry?

読み:ソーリィ?

「ごめんなさい」という意味で
日本人もよく知っているsorryですが、
「なんて言いましたか?」という意味でも使われます。

聞き返しにsorryを使うときは、
語尾を上げることがポイントです。

おまけ

ネイティブが
ものすごいスピードで話してきて、

「何を言っているんだろう・・・」

という状況に陥った方もいらっしゃると思います。

そんな時には、
上記でご紹介した聞き返しフレーズと一緒に
以下のフレーズを使うと良いでしょう。

Could you speak slowly, please?

読み:クッジュースピーク スロウリィ プリーズ?

「ゆっくり話していただけますか?」
という意味のフレーズです。

このフレーズは
英語が聞き取れない時に大活躍しますので、
ぜひ覚えておきましょう。

—————-

いかがでしたか?

英会話でネイティブも使う
代表的な聞き返しフレーズをご紹介しました。

ネイティブ同士でも
聞き返しは頻繁に起こります。

つまり、日本人の私たちが聞き返すことは
いたって普通のことなのです^^

ですので、
英会話の時は、今回ご紹介したフレーズを
遠慮なしにどんどん活用していきましょう。

それでは、また次回!
楽しんで新型ネイティブへ!

関連記事

コメント

    • 関 智恵子
    • 2018年 8月 16日

    質問があります。
    Could you say again, please?と言う表現ですが、私はこれまで
    Could you say that again, please?と、目的語が入る表現しか聞いた事がないです。
    sayの後に目的語を入れないCould you say again, please?でもいいのですか?それとも間違いですか?

      • 事務局
      • 2018年 8月 16日

      コメントありがとうございます。

      sayは他動詞(目的語が必要な動詞)の他に、
      自動詞(目的語が必要ない動詞)としても使うことができます。

      Could you say again, please?

      上記の文章の場合、sayは自動詞として使われていますので、
      目的語は不要になります。

      しかし、thatを入れることで
      sayを他動詞としても使用できますので、
      Could you say that again, please?という表現も正解です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick UP

  1. 2018-8-22

    【厳選】モチベ復活!英語の名言フレーズ

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 「学問に王道なし」 There is no royal…
  2. 2018-8-7

    「まあまあ」は良いの?悪いの?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 私たち日本人は、ストレートな表現を避けて 言葉…
  3. 2018-7-9

    「台風=Typhoon」だけじゃない!?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 いよいよ台風の季節がやってきましたね。 …
  4. 2018-7-2

    【問題です】「半端ない!」を英語に訳してください!

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 サッカーW杯、 1次リーグが終わりまし…
  5. 2018-6-13

    【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  6. 2018-5-31

    2万5000語の英単語を脳にインストールする方法

    “もし「あなたが覚えている英単語を 100語書き出してください」と言われても すぐには出てこない…
  7. 2018-5-10

    藤永メソッド人気TOP5

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 木曜日のメールマガジンでは、 藤永さんの英語学習メソ…

オススメ記事

  1. 英語で「印象的だった」と感動を伝えられますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 私たちは 驚いたことや感動したことを 「印象的だっ…
  2. 英語で「おめでとう!」が言えますか?

    こんにちは、 ナビゲーターの渕野です。 日常生活で「おめでとう」と言う機会って 結構あ…
  3. 【動画】Whoにこんな使い方があったとは!

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 海外旅行や出張先で役立つ 藤永さんの英会話レッスンも、 …
  4. 「a」と「the」を正しく使い分けられますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 英語には 「定冠詞」「不定冠詞」 と呼ばれるものが…
  5. 「~に慣れている」を正しく使えていますか?

    こんにちは 事務局の鶴岡です。 あなたはネイティブに 「~に慣れています」 …
  6. 英語を英語のまま理解する『イメージ化』の極意

    藤永式の英語習得では、 『単語の暗記』はしません。 それは、なぜか? いわゆる…
  7. あなたの感動を、英語で表現してみませんか?

    こんにちは『時事ネタ英語』担当の古山です。 3月31日、ついにあの人気番組 「めちゃx2…
  8. 「need」を使わず「必要」を英語で言えますか?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 「〜をする必要がある」 「〜が必要だ」 という日本…
  9. 英語で「卒業おめでとう!」と祝えますか?

    こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 2月が過ぎて 3月がやってきました。 …
  10. 英会話で絶対にしてはいけないNG行動とは?

    こんにちは、 事務局の鶴岡です。 今回の藤永さんの 動画レッスンのテーマは― …
ページ上部へ戻る