ビジネス英語

無駄なことはしない!初級者向けのビジネス英語の勉強法とは?

皆さんは「ビジネス英語」と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?おそらく「日常英会話より難しい」、「TOEICや英検などで好成績が必要」、「留学経験がないと絶対無理」などと感じている方も少なくないでしょう。

しかし、実際のところビジネス上の英会話で求められるのは、文法や英語スキルの高さよりも自分の指示や意図を的確に相手に伝えられるかどうかというとところ。ビジネス英語には何が必要で、どんな要素が大事になってくるのかをしっかりと押さえておけば、決して難しいことではありません。

この記事では初心者が無駄なくビジネス英語を習得するための方法をご紹介します。これからビジネス英語を始めてみたいという方は、ぜひご参考にしてみてくださいね。

外国企業の英語面接でよく出る自己紹介・質疑応答フレーズ

外資系企業の面接は英語で行われるのが通例です。その点を除けば、日本企業で行われている日本語での面接と共通する部分が大きいと言えます。例えば、面接の流れや質問事項は概ね同様ですし、自己紹介であれ質問への回答であれ簡潔な言葉で的確に自分を伝えることが重要であることには変わりがありません。

とは言え、外資系企業の基準になっている英語圏の文化は日本とは異なるところがあり、面接にも反映される部分があります。そしてもちろん、英語そのものをどう話し、どう勉強しておくかという問題があります。

この記事では、面接の流れに沿って傾向と対策を解説し、英語での自己紹介や質問・応答のフレーズを紹介していきます。面接の英語を勉強する際のポイントもまとめておきましたので、ぜひ参考にしてください。

英語メールの締め言葉で関係を円滑に!今すぐ使える結びフレーズ

メールにおいて、日本語同様英語にも結び言葉はあります。表現の仕方はひと通りではなく、相手との関係性や場面によって使い分けるのが作法です。たとえば、ビジネスの場面とプライベートとでは、表現方法が全く異なるでしょう。意図していなくとも、表現の仕方によっては失礼にあたることも出てきかねません。そこで以下では、場面ごとに使えるぴったりの表現を紹介していきます。

ビジネスメールで使える正しい英文メールの「件名」お手本

メールを作成するとなると本文に目が行きがちですが、件名は一番最初に目にするものですのでとても重要です。長すぎても短すぎても不適当で、内容を読んでもらえるようなものであることが必要です。件名でその優先度や重要度を伝えられるようにしないと、迷惑メールとして読まれない場合も出てきてしまうでしょう。ビジネスでは、1日に見る、ないしやり取りをするメールの数は膨大な量です。しっかりとポイントを押さえておきましょう。内容を読みたくなる、ないしより深い内容を知りたくなる件名を選りすぐりました。

もう英語の会議は怖くない!会議開催メールの文例と会議中の話し方

英語の会議に参加するのは緊張するものです。まして英語が苦手な人やビギナーレベルの人ならなおさらでしょう。しかし、会議の前に頻繁に使われる英単語を押さえておけば、少なくとも内容がさっぱり理解できないという心配はありません。さらに、会議進行や意見を伝える際に使われるフレーズを知り、発言する機会があれば使ってみましょう。
この記事では、会議でスムーズに意見を発言するために便利なフレーズを解説とともにご紹介します。

英語の招待状のポイントとは?案内と返信、両方で使える頻出フレーズ

英語の招待状を作成するときは、よく使われるフレーズを活用し、簡潔に仕上げることがポイントです。長文になりすぎると、そもそも読んでもらえないおそれがあるのでシンプルに要点をまとめましょう。また、祝賀パーティーや学会、展示会など、それぞれのイベントの特徴に合わせた伝え方をすることで、相手が参加・不参加を判断しやすくなります。
この記事では、ビジネスで英語の招待状を送る際のポイントと、招待状に使える便利なフレーズをイベント別にご紹介します。

英語で敬語のような表現をするには?ビジネスシーンで使えるフレーズ

ビジネスパーソンには、ビジネスシーンにふさわしい言葉遣いが求められます。同僚と世間話をするときでも、オフィスでは一定の節度を持った言葉遣いに努めるべきでしょう。
それは英語においても同じです。英会話でもビジネスパーソンとして適切なフレーズを使いこなせられれば、発言の説得力も増し、上司からも取引先からも一目置かれる存在になることができるでしょう。
この記事では、日本語の「敬語」にあたるような、ビジネスシーンにおける丁寧な英語表現についてご紹介します。

すぐ使える英語ビジネスメ-ル、「書き出し」のル-ルとマナ-の例

ビジネスの舞台が世界に広がるにつれて、英語でメールを送る場面が増えてきます。もちろん日本語であろうと英語であろうと、ビジネスコミュニケーションのパターンに大きな違いはありません。日本語のメールにマナーがあるように、英語メールを書く際も、知っておきたいルールやマナーがあります。

相手に伝わりやすいメールを送るには、件名や宛名の書き方のポイント、用件に応じた本文を書くための基本的なフレーズを押さえることが不可欠です。 この記事では、さまざまなシーンに応じた英語メールを送る際のポイントを、参考となる例文とあわせてご紹介します。

英語で断る際のお役立ちフレーズ|ビジネスシーンで使える表現満載!

英語で相手の誘いを断るとき、どのようなフレーズが思い浮かびますか。日本人が学校で習う表現には、「I’m sorry.」や「No thank you.」などがありますが、日本語同様、英語にも状況に合わせてさまざまな断り方の表現があります。また場面によっては、「NO(ノー)」という否定的な言い回しが相手にとって失礼にあたることも少なくありません。

では相手の招待や要求を角を立てずにやんわりと断りたいときや、礼儀を保ちながらしつこい誘いをきっぱり断りたいとき、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか。今回は、英語で断る意思を伝えるための基本となるフレーズを、ニュアンスやシーン別にご紹介します。実際にネイティブが日常会話の中で使っているお断りフレーズばかりなので、ぜひ参考にしてください。

ビジネス英単語厳選34|ビジネスシーンで恥をかかない表現と注意点

基礎となる中学英語は身に着けていても、社会人になったらそれが通用しないことは少なくありません。フォーマルな場面で使用されるビジネス英単語は、日常会話で使用される英単語よりも丁寧なものが選択されます。例えば、ビジネスの場で「ありがとうございます」と言う場合、日常的に使われる「Thank you.」よりも、「appreciate」を用いて「I appreciate it.(感謝します)」とするほうが好まれます。ビジネスシーンに適した英語表現を磨くことで、上司や取引先とのコミュニケーションをスムーズにしましょう。 この記事では、会議や商談などでよく使われるビジネス英単語を例文付きでご紹介します。まだまだ単語力が足りていないと感じる人は、英語例文付きの単語集を参考にしながら学習を進めてみてください。

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.