カテゴリー:ライティング 

英語の学習というと、英会話が想起されがちですが、英語の早期の習得にはライティングはとても重要な役割を持っています。自身が習得したものを書き出してアウトプットすることできちんと学べているかを確認したり、単語やフレーズを覚えたりと、英語力を固めるのには重要な要素です。

  • 英語の受動態の基本用法|能動態を受け身にして表現の幅を広げよう

    「受動態」と聞くと、難しい英語の文法を想像し、複雑な表現と感じる人がいるかもしれません。しかし、受動態は、「~する」という能動態を「~される」という受け身の形にするもので、日常会話でよく使用される用法です。用法はシンプルで、一度覚えてしまうと活用しやすいため、ここでしっかりと習得しましょう。
    この記事では、受動態の用法に加え、能動態から受動態に言い換えるときのポイントと注意点について解説します。

  • 英語の仮定法を覚えて表現を豊かに!基本的なルールと文例をおさらい

    学生時代に学んだ仮定法、今でも覚えていますか?複雑に感じた英文法で、今でも苦手に感じているかもしれませんね。仮定法は日常的にもよく使われる文法ですが、実はそれほど難しいものではないのです。今後の会話に困らないよう、今一度仮定法をおさらいしましょう!
  • 英語のライティング力を身に付ける方法|書く練習はなぜ必要?

    仕事などで英語が必要となると、スピーキングのスキルアップに意識が集中しがちです。しかし、英語の習得にはスピーキングも含めた4つのスキルが重要で、その中には文章を作文するライティングも含まれます。 ライティングを行うと、自分の英語力を目で見て確かめることができます。また、英会話でも使える表現力が身に付くこともあります。
    そこで今回は、英語のライティング力を身に付けるのにおすすめの勉強法などをご紹介します。
  • 英語メール「書き出し」のルールとマナー|すぐに使える文例付き

    ビジネスの舞台が世界に広がるにつれて、英語でメールを送る場面が増えてきます。日本語のメールにマナーがあるように、英語メールを書く際も、知っておきたいルールやマナーがあります。相手に伝わりやすいメールを送るために、件名や宛名の書き方のポイント、要件に応じた基本的なフレーズを押さえておきましょう。 この記事では、英語メールを送る際のポイントを、参考となる例文とあわせてご紹介します。

オススメ記事

  1. 「英語の勉強をしなければならないのに、なかなか行動に移せない」「教材を買って勉強を始めてもすぐ…

  2. ビジネスパーソンには、ビジネスシーンにふさわしい言葉遣いが求められます。同僚と世間話をするとき…

  3. 会議や商談といったビジネスシーンにおいては、画期的なアイデアや本質的な意見を積極的に提案する姿勢が評…
  4. コミュニケーションは、質問する力がとても大切です。英語も日本語と同様、質問は会話をふくらませ、相手と…
  5. 使える英語を身に付けたいと考えている社会人にとって、悩みの種は勉強時間の捻出ではないでしょうか。仕事…
ページ上部へ戻る