ライティング

英語の学習というと、英会話が想起されがちですが、英語の早期の習得にはライティングはとても重要な役割を持っています。自身が習得したものを書き出してアウトプットすることできちんと学べているかを確認したり、単語やフレーズを覚えたりと、英語力を固めるのには重要な要素です。

英語のライティング力を上げる方法【ビジネスの必須スキル】

仕事などで英語が必要となると、スピーキングのスキルアップに意識が集中しがちです。しかし、英語の習得にはスピーキングも含めた4つのスキルが重要で、その中には文章を作文するライティングも含まれます。
ライティングを行うと、自分の英語力を目で見て確かめることができます。また、英会話でも使える表現力が身に付くこともあります。
そこで今回は、英語のライティング力を身に付けるのにおすすめの勉強法などをご紹介します。

英文メールを「先生」宛に宛てて書く場合の書き方とは?

日本語で「先生」と言うと、教育現場で教壇に立つ「先生」から、年配の方に対する「先生」、まで幅広い職業や人を指しますが、英語にも同様に場面や相手に応じて一定のマナーが存在します。
敬称は名前に関する大切な部分。敬称を一つ間違えてしまうだけで、思わぬ形で相手に失礼を与えてしまうかもしれません。特に初対面の方や目上の方に失礼なメールを送ってしまうと、その後の人間関係に支障をきたす可能性も出てしまうので、相手に好印象を持ってもらえるよう、事前にマナーをしっかりと押さえておきましょう!

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.