カテゴリー:ビジネス英語 

ビジネス英語は日常会話とはまた異なるもの。あいさつ文やメールなど、シーンに応じて覚えておくと良い定型文やビジネスの相手に良い印象をもってもらえるための言い回しなどを中心にご紹介していきます。

  • 英語の褒め言葉と返し方|ビジネスシーンで使える表現23選

    褒め言葉はビジネスの場でもより良い人間関係をつくる潤滑油となり得ます。褒め言葉を言われたほうは、「もっと頑張りたい」と思ったり、「この人は自分のことを正しく評価してくれている」と感じたりしやすく、受け手の心を動かしてモチベーションを上げることにも役立ちます。英語圏の文化では子供のときから褒めて育てることを称賛する傾向が日本よりも強いため、ネイティブは皆、褒め上手です。英語のさまざまな褒め言葉を学んで、同僚や部下を鼓舞させる褒め上手な人になりましょう。
    この記事では、英語の褒め言葉についてご紹介します。

  • 英語プレゼンのポイントと頻出フレーズ|初心者が成功する方法は?

    英語のプレゼンは、日本とは異なる特徴があります。例えば、日本ではプレゼンターが話す内容とほぼ同じことがスライドに記載されていることもありますが、英語圏ではキーワードのみをスライドに映し、細かな情報についてはプレゼンターが直接伝えることが多くあります。英語でのプレゼンに緊張するうえ、日本とは様式が異なり、初めは緊張してしまうかもしれません。しかし、プレゼンを進行させる定型の英語フレーズを押さえたら、プレゼンターとしての役割を果たすことは十分可能です。
    この記事では、英語のプレゼンを行う際のポイントと便利なフレーズをご紹介します。

  • 英語の招待状のポイントとは?案内と返信、両方で使える頻出フレーズ

    英語の招待状を作成するときは、よく使われるフレーズを活用し、簡潔に仕上げることがポイントです。長文になりすぎると、そもそも読んでもらえないおそれがあるのでシンプルに要点をまとめましょう。また、祝賀パーティーや学会、展示会など、それぞれのイベントの特徴に合わせた伝え方をすることで、相手が参加・不参加を判断しやすくなります。
    この記事では、ビジネスで英語の招待状を送る際のポイントと、招待状に使える便利なフレーズをイベント別にご紹介します。

  • ビジネス英単語厳選18|ビジネスシーンで恥をかかない表現と注意点

    フォーマルな場面で使用されるビジネス英単語は、日常会話で使用される英単語よりも丁寧なものが選択されます。例えば、ビジネスの場で「ありがとうございます」と言う場合、日常的に使われる「Thank you.」よりも、「appreciate」を用いて「I appreciate it.(感謝します)」とするほうが好まれます。ビジネスシーンに適した英語表現を磨くことで、上司や取引先とのコミュニケーションをスムーズにしましょう。 この記事では、会議や商談などでよく使われるビジネス英単語を例文付きでご紹介します。

  • 英語で敬語のような表現をするには?ビジネスシーンで使えるフレーズ

    ビジネスパーソンには、ビジネスシーンにふさわしい言葉遣いが求められます。同僚と世間話をするときでも、オフィスでは一定の節度を持った言葉遣いに努めるべきでしょう。
    それは英語においても同じです。英会話でもビジネスパーソンとして適切なフレーズを使いこなせられれば、発言の説得力も増し、上司からも取引先からも一目置かれる存在になることができるでしょう。
    この記事では、日本語の「敬語」にあたるような、ビジネスシーンにおける丁寧な英語表現についてご紹介します。

  • 提案に使える英語|会議やメールなどビジネスシーンで役立つ表現集

    会議や商談といったビジネスシーンにおいては、画期的なアイデアや本質的な意見を積極的に提案する姿勢が評価されます。謙虚で控えめな性質を指摘されがちな日本人同士でもそうですから、海外の人が参加する会議においてはその傾向が一層強くなります。
    とはいえ、英語で提案するといっても、英語初心者にはなかなかハードルが高く、躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、会議やメールなどで使える英語の提案フレーズをご紹介します。
  • 英語の質問フレーズ|ビジネス会話やメールで使える例文29選

    コミュニケーションは、質問する力がとても大切です。英語も日本語と同様、質問は会話をふくらませ、相手との距離を近づけるきっかけになります。初めは、自分から英語で話題を切り出すのは勇気がいるかもしれません。しかし、上手く会話が弾むと、もっと英会話を楽しみたいと、前向きに会話を続けられるようになるでしょう。
    この記事では、英会話における質問の重要性、ビジネスパーソンが使いやすい質問フレーズをご紹介します。
  • 英語で断る際のお役立ちフレーズ|ビジネスシーンで使える表現満載!

    英語で相手の誘いを断るとき、どのようなフレーズが思い浮かびますか。学校で習う表現には、「I’m sorry.」や「No thank you.」などがありますが、日本語同様、英語にも状況に合わせてさまざまな断り方の表現があります。角を立てずにやんわりと断りたいときや、しつこい誘いをきっぱり断りたいとき、英語ではどのように表現するのでしょうか。
    今回は、英語で断る意思を伝えるためのフレーズを、ニュアンスやシーン別にご紹介します。
  • 「よろしく」を伝える英語とは?ビジネス、プライベートでの9シ-ン

    日本語では、さまざまなシーンで「よろしくお願いします」という言葉を口にします。英語では同様の意味を持つ決まり文句はありませんが、挨拶や依頼、会話の締めくくりなど、状況に合わせて近いニュアンスを出すことができます。使うシーンを想定しながら、「よろしくお願いします」の持つ意味を考えてみましょう。
    この記事では、「よろしくお願いします」を意味する、さまざまな英語表現をご紹介します。

  • もう英語の会議は怖くない!会議開催メールの文例と会議中の話し方

    英語の会議に参加するのは緊張するものです。まして英語が苦手な人やビギナーレベルの人ならなおさらでしょう。しかし、会議の前に頻繁に使われる英単語を押さえておけば、少なくとも内容がさっぱり理解できないという心配はありません。さらに、会議進行や意見を伝える際に使われるフレーズを知り、発言する機会があれば使ってみましょう。 この記事では、会議でスムーズに意見を発言するために便利なフレーズを解説とともにご紹介します。

オススメ記事

  1. 「英語の勉強をしなければならないのに、なかなか行動に移せない」「教材を買って勉強を始めてもすぐ…

  2. グローバル化が進む現代では、英語を母国語とする取引先や同僚らと酒席を共にする機会がいつ訪れると…

  3. 音読は、英語のリスニングやスピーキングはもちろん、読解力も鍛えられる勉強法です。音読の勉強法に…

  4. よく耳にするのになかなか覚えられない英単語や、仕事で頻繁に使う英語のフレーズは、単語帳を作って…

  5. 海外の人との普段のやり取りは、今や国際電話ではなく、メールが主流です。ただ、問い合わせや発注な…

ページ上部へ戻る