ビジネス英語

もう英語の会議は怖くない!会議開催メールの文例と会議中の話し方

英語の会議に参加するのは緊張するものです。まして英語が苦手な人やビギナーレベルの人ならなおさらでしょう。しかし、会議の前に頻繁に使われる英単語を押さえておけば、少なくとも内容がさっぱり理解できないという心配はありません。さらに、会議進行や意見を伝える際に使われるフレーズを知り、発言する機会があれば使ってみましょう。
この記事では、会議でスムーズに意見を発言するために便利なフレーズを解説とともにご紹介します。

英語メールで名乗れる?ビジネスメール「書き出し」のルールとマナー

ビジネスの舞台が世界に広がるにつれて、英語でメールを送る場面が増えてきます。もちろん日本語であろうと英語であろうと、ビジネスコミュニケーションのパターンに大きな違いはありません。日本語のメールにマナーがあるように、英語メールを書く際も、知っておきたいルールやマナーがあります。

相手に伝わりやすいメールを送るには、件名や宛名の書き方のポイント、用件に応じた本文を書くための基本的なフレーズを押さえることが不可欠です。 この記事では、さまざまなシーンに応じた英語メールを送る際のポイントを、参考となる例文とあわせてご紹介します。

英語で断る際のお役立ちフレーズ|ビジネスシーンで使える表現満載!

英語で相手の誘いを断るとき、どのようなフレーズが思い浮かびますか。日本人が学校で習う表現には、「I’m sorry.」や「No thank you.」などがありますが、日本語同様、英語にも状況に合わせてさまざまな断り方の表現があります。また場面によっては、「NO(ノー)」という否定的な言い回しが相手にとって失礼にあたることも少なくありません。

では相手の招待や要求を角を立てずにやんわりと断りたいときや、礼儀を保ちながらしつこい誘いをきっぱり断りたいとき、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか。今回は、英語で断る意思を伝えるための基本となるフレーズを、ニュアンスやシーン別にご紹介します。実際にネイティブが日常会話の中で使っているお断りフレーズばかりなので、ぜひ参考にしてください。

ビジネス英単語厳選34|ビジネスシーンで恥をかかない表現と注意点

基礎となる中学英語は身に着けていても、社会人になったらそれが通用しないことは少なくありません。フォーマルな場面で使用されるビジネス英単語は、日常会話で使用される英単語よりも丁寧なものが選択されます。例えば、ビジネスの場で「ありがとうございます」と言う場合、日常的に使われる「Thank you.」よりも、「appreciate」を用いて「I appreciate it.(感謝します)」とするほうが好まれます。ビジネスシーンに適した英語表現を磨くことで、上司や取引先とのコミュニケーションをスムーズにしましょう。 この記事では、会議や商談などでよく使われるビジネス英単語を例文付きでご紹介します。まだまだ単語力が足りていないと感じる人は、英語例文付きの単語集を参考にしながら学習を進めてみてください。

英語の日付の書き方|イギリス式とアメリカ式のルールの違いも解説

仕事で書類やビジネスレターに日付を入れるとき、表記方法が分からず迷ってしまったことはありませんか?
英語での日付表記は日本語とルールが異なるため、初心者にとっては分かりづらいかもしれませんが、日付の表記はビジネスシーンでもよく使われますので、覚えて置くと良いでしょう。

初めてでも英語プレゼンを成功に導く進め方と頻出フレーズ

英語のプレゼンは、日本とは異なる特徴があります。例えば、日本ではプレゼンターが話す内容とほぼ同じことがスライドに記載されていることもありますが、英語圏ではキーワードのみをスライドに映し、細かな情報についてはプレゼンターが直接伝えることが多くあります。英語でのプレゼンに緊張するうえ、日本とは様式が異なり、初めは緊張してしまうかもしれません。しかし、プレゼンを進行させる定型の英語フレーズを押さえたら、プレゼンターとしての役割を果たすことは十分可能です。
この記事では、英語のプレゼンを行う際のポイントと便利なフレーズをご紹介します。

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.