ビジネス英語 英会話

ビジネスで使える英語の自己紹介フレーズ|訪問・メール時のポイント

ビジネスシーンで英語を使って自己紹介するとき、外国人相手に緊張して上手く話せなかった経験がある人もいるのではないでしょうか。「今の仕事では英語を使わない」という人も、会社の事業成長とともに「急に海外出張に行くことになった」「海外の顧客にアプローチする必要が出てきた」など、急に海外事業とかかわりを持たなければならなくなるケースもあります。 この記事では、そんなときでも英語でスムーズに自己紹介するために使える英会話フレーズの例文をご紹介します。

ビジネス英語1:訪問時の自己紹介に使えるフレーズ

海外赴任後は、打ち合わせで取引先に出向くケースも多くなるでしょう。自己紹介や取引先との名刺交換だけでなく、海外支社で増員するための面接官を担当することになるかもしれません。訪問時に相手に挨拶するときに使えるフレーズをお伝えします。

英語で自己紹介するときのポイント

最初の挨拶は相手の印象を大きく左右します。相手の目を見て、ゆっくりはっきりと自己紹介しましょう。いざ英語で自己紹介をするときに頭が真っ白にならないために、定型のフレーズをストックし、暗唱しておくと良いでしょう。少なくとも以下についてはスムーズに伝えられるよう、あらかじめ準備しておくと安心です。

  • 名前
  • 会社名
  • 仕事内容
  • 職位
  • 勤続年数

注意点としては、宗教や人種に関する内容は避けることです。センシティブな内容のため、触れないほうが良いでしょう。

自己紹介のシーン別英語フレーズ

挨拶する、名乗る

相手と目が合ったら、まずは「Hi.」と挨拶しましょう。「ハイ!」とはっきり発音します。「ハアイ」と伸ばすとカジュアルな印象になるので注意しましょう。そして、「I’m Ippei Kobayashi.(私は小林一平です)」と名乗ります。ここで、「Call me Ippei.(一平と呼んでください)」と伝えても良いでしょう。最後に、「Nice to meet you.(お会いできて嬉しいです)」と、言い添えるのがオーソドックスです。

例文

Hi. I’m Ippei Kobayashi from ABC company. Nice to meet you.
初めまして。ABCカンパニーの小林一平です。お会いできて嬉しいです

Hi. My name is Ippei Kobayashi from ABC Company. Pleased to meet you.
初めまして。ABCカンパニーの小林一平と申します。お目にかかれて幸いです

「Nice to meet you.」「Pleased to meet you.」は、同様の意味を持ちますが、「Pleased to meet you.」を使うと、より丁寧な印象を与えます。

一言添えるだけでなく、しっかりと握手することも忘れずに行いましょう。

名前と社名を伝えるときは、「I’m ○○ from ~(~社の○○です)」や「My name is ○○. I’m with ~ company,(○○と申します。~社の者です)」を使います。
そして、「よろしくお願いします」の意味を込めて、「Nice to meet you.」や「Pleased to meet you.」と続けます。次のような表現も使われますので、押さえておきましょう。

例文

It’s a pleasure to meet you.
お会いできて嬉しいです

It’s an honor to meet you.
お目にかかれて光栄です

Nice to meet you. I look forward to working with you.
初めまして。ご一緒にお仕事ができるのを楽しみにしています

I’ll be a great pleasure working with you.
一緒にお仕事させていただけることを光栄に思います

すでに、メールや電話などで、やりとりをしていた場合は以下の表現を使うと、「ようやくお会いできた」という気持ちを込められます。

例文

Hi. I’m pleased to finally meet you.
こんにちは。やっとお会いできて嬉しいです

このとき、いきなり本題に入るよりも出身地や家族構成、趣味などといったスモールトークを通して気持ちのいい雰囲気を共有すると、相手に良い印象を与えることができます。

日本人同士だとすぐにプレゼンテーションなどに入ってしまいがちですが、初対面でも共通しやすい話題で少し盛り上がってから本題に移るのが海外流のマナーです。

ビジネスミーティングなら、「How’s your business?」(仕事の調子はどうですか?)など仕事の話題もできますし、週明けのミーティングでは「How was your weekend?」(週末どう過ごしました?)と聞かれることも少なくありません。

他にも映画や天気、時事ニュースなど、仕事関連以外の話題などです。新入社員なら大学での専攻分野などフレッシュな話題を挙げると、意外な共通点が見つかることもあります。

「I like your tie.」(素敵なネクタイですね)など、相手が身に着けているものを褒めるというのもよくあるパターンです。褒められて嬉しくない人はいないので、その後の会話も弾みます。

また、誕生日など相手の基本情報をさり気なく聞き出せるのもスモールトークの強みです。慣れていけば、相手との関係性をより親密に深めることができます。

仕事内容を伝える

具体的に担当する仕事内容を伝える際には、「belong to~(所属する)」「in charge of(~を担当している)」「be responsible for~(~に責任がある)」などが使われます。

例文

I belong to the personnel affairs group.
人事グループに所属しています

I am in charge of accounting.
経理を担当しています

I am responsible for manufacturing the products of A.
A製品の製造を担当しています

また、「in(~の中で)」や「a member of~(~の一員)」などの表現を使い、仕事内容を伝えることもできます。

例文

I'm in retailing.
私の仕事は小売業です

I am a member of the logistic department.
私は物流部門のメンバーです

「work for?(~に勤める)」「work in?(~で働いている)」を使っても、担当職務を伝えられます。「work for?」と「work in~」を使いわける際は「work for+事業名」「work in+部署名、部門名」と覚えておきましょう。

例文

I work for a manufacturing company.
私は製造業で働いています。

I work in development department.
開発部に勤めています

ポジションを伝える

自分の職位や役職名を伝える場合には、「I am~(職位)」や「in charge of~(~を担当している)」などが使われます。

例文

I'm in charge of the HR representative.
人事担当の責任者です

I am the company president.
私は社長です

I am the general manager of sales department.
私は営業部門の本部長です

I am the managing director, and I was in charge of the HR representative.
私は社長で、以前は人事部門の責任者でした

取引先

取引先訪問時の英語挨拶はかなり緊張しそうですが、ほとんどの外国人はコミュニケ-ション能力が高いので、事前に自己紹介用の英会話フレ-ズを作って暗唱しておくと安心です。

好印象を与えるために次のことに注意をして挨拶をしましょう。

  1. 視線を合わせる
  2. 笑顔で対応する
  3. はっきりした口調で話す
  4. 分からないことは聞き返す

まずは、視線を合わせ笑顔で自分の名前と会社名を伝えます。日本語の名前や会社名は外国人にとって馴染みがない言葉なので、聞き取ってもらえるようにはっきり発音しましょう。

例文

Hello. My name is Ryota Suzuki from ABC company. It’s pleasure to meet you.
こんにちは。ABC社の鈴木亮太と申します。お目にかかれて嬉しいです。

Hi. I’m Ryota Suzuki. I work for ABC company. Nice to meet you.
こんにちは。ABC社の鈴木亮太です。お会いできて嬉しいです。

握手をするときは、やはり視線を合わせることと笑顔を忘れずにポジティブな印象を与えることを心がけます。

相手が目上の方や男性から女性にする場合は、礼儀として相手からの握手を待ち、自分から求めることはしないようにします。また、握手をするときは一般的に右手でしますが、両手ですると「馴れ馴れしい」などの印象を与えてしまうので気を付けましょう。
 
挨拶の途中で、相手の言っていることが分からないと話が進まないので次のようなフレ-ズを使い分からないことを聞き返します。

例文

I'm sorry, but I don't understand.
すみませんが、分かりません。

Please speak slowly.
ゆっくり話してください

Please say that again.
もういちど言ってください。

Could you spell it?
つづりを教えていただけますか?

  
長くて発音しにくい名前の場合は、呼び方を短くして伝えるのも良いでしょう。

例文

Please call me Ryo.
私のことをリョ-と呼んで下さい。

会えて嬉しい気持ちを伝えると雰囲気がさらに和みます。

例文

I've heard a lot about you.
お噂は伺っています。

I'll be a great pleasure working with you.
一緒にお仕事させていただけることを光栄に思います。

It's very nice to meet you here today.
今日はお目にかかれて嬉しいです。

もし、以前に会ったことのある場合は次のように言うこともできます。

例文

Good to see you, again. I’m glad to see you, again.
また会えて嬉しいです。

It's been a long time.
お久しぶりです。

How have you been?
お元気にしてましたか?

We all have missed you
私たちはあなたに会えなくて寂しかったです。

簡単な自己紹介と挨拶をした後は、アイスブレイク的な話題で場を和ませてさらに良い関係づくりすることが大切です。

天気、ニュ-ス、仕事、趣味、家族などの話題で楽しい雰囲気にしましょう。

例文

It's really hot today, isn't it?
今日はとても暑いですね。

How's business nowadays?
最近お仕事の方はどうですか?

How was your weekend?
週末はいかがでしたか?

What do you like doing in your free time?
あなたの趣味は何ですか?

Do you like traveling?
旅行は好きですか?

所々で相づちを打つと会話をしやすくなります。是非、笑顔で相づちを打ってみましょう。

例文

I see.
なるほど。

Really?
本当ですか?

Exactly!
その通りです!

That's great!
素晴らしいです!

I think so.
私もそう思います。

How interesting!
興味深いですね!

文化や言語が異なる相手と話す時は、アイスブレイクの話題にも注意が必要です。
相手や状況にも寄りますが、以下のことを話題に取り上げると相手を不愉快にさせる時もあります。十分気を付けるようにしましょう。
宗教、政治、学歴、結婚/離婚などのプライベ-トに踏み込み過ぎた質問はNGです。
また、年齢、容姿、などの話題にも気をつけましょう。

取引先訪問は人間関係を良く考えて、適度な距離感と滞在時間を心がけます。

緊張が解けてきたら、担当している仕事内容やポジションの話に入ります。

例文

I work in the marketing department.
マーケティング部で働いております。

I'm responsible for the information technology department.
私はIT部門の責任者をしております。

I'm in charge of publicity.
私は広報担当をしております。

I'm a section chief of sales department.
営業部の課長をしております。

I'm a financial director.
私は財務部長です。

話が終わり、去り際には相手にひと言かけましょう。

例文

It was nice meeting you.
お会いできてよかったです。

It was nice talking to you.
お話できてよかったです。

Let's keep in touch.
連絡を取り合いましょう。

Say hello to ~.for me.
~さんによろしくお伝えください。

See you around.
じゃ、またあとで。

転職先などの新しい職場や同僚

転職初日は緊張するものですが、笑顔で前向きな気持ちで臨みたいものです。
新しい職場の同僚の皆さんは注目しているので自己紹介も工夫して話したいと思いますが、長すぎると印象が悪くなる可能性があるのでシンプルに明るく行うのが最適です。

まず担当の方に紹介されたら、笑顔で皆さんと視線を合わせます。その後、挨拶をして名前と配属先をはっきり言いましょう。

以下の自己紹介例文を参考に自分用の挨拶文を作って暗唱しておきましょう。

例文

Good morning. My name is Ryota Suzuki.
おはようございます。鈴木亮太と申します。

I'm really happy to be here.
この場に居ることができてとても嬉しいです。

I'll be working in the marketing department.
マ-ケティング部で働くことになりました。

I have 6 years of experience in the field.
その分野において6年の経験があります。

出身地や趣味などについて話す時は、あまりカジュアルになり過ぎないように周りの雰囲気をみて話すようにしましょう。

例文

I live in Tokyo now, but I'm from Osaka.
現在は東京に住んでいますが、生まれは大阪です。

I like watching movies and playing golf.
映画を観ることとゴルフをすることが好きです。

最後の締めくくりとして以下のように言います。

例文

I look forward to working with all of you.
皆さんと一緒にお仕事するのを楽しみにしています。

Thank you.
ありがとうございます。

プレゼン

プレゼンテーションの始めの部分ではプレゼンテーターとして挨拶をしなければなりません。
まずは参加していただいた皆様に感謝の言葉を述べます。

自信を持って参加者の目を見て、笑顔ではっきりと伝えましょう。

例文

Good morning (Good afternoon), everybody. Welcome to ______.
皆様おはようございます。(場所)までようこそ。

Thank you very much for coming today.
本日はお越しいただいてありがとうございます。

挨拶が終わったら、自己紹介とプレゼン内容を話します。

例文

My name is Ryota Suzuki and I'm the section chief of sales department at ______ Company.
(社名) 社営業部課長の鈴木亮太と申します。

I'd be glad to have the opportunity to present this presentation.
皆様にプレゼンをさせていただく機会を持てて嬉しく思います。

Today, I would like to talk to you about (our company's new product).
本日は弊社の新商品についてお話をさせていただきたいと思います。

例文

Please feel free to interrupt me if you have questions.
もしご質問があればプレゼンの途中でも遠慮なくお聞きください。

I will be glad to answer any questions that you may have at the end.
質問がございましたら、最後に皆さんの質問にお答えさせて頂きます。

プレゼンを成功させるために、スタ-トの挨拶と自己紹介は自信を持って堂々としましょう。事前に上記の会話例を参考に定型フレ-ズを作り、何度も練習をしておくと効果的です。

ビジネス英語2:自己紹介のメールの書き方

営業の挨拶など、相手に面識のない相手に連絡する際に、自己紹介が必要になる場面も多いでしょう。メールで自己紹介するときのポイントと、件名、本文などに使えるフレーズをご紹介します。

メールで自己紹介するときのポイント

英語メールには基本的な書き方のルールがあります。件名、宛名、本文、結語、署名の5つから構成されています。
件名は簡潔かつ具体的にしましょう。初めてメールを送る相手であれば、頭語は「Dear」で始めるのが一般的です。担当者の名前がわからない場合は、「Dear whom it may concern(ご担当者様)」としましょう。本文には名前、企業名、所属部署を書き、メールを送った目的を簡潔に記載します。

メールですぐに使えるフレーズ

メールの件名

メールを開封してもらうためには、相手がわかりやすい件名を記載することが大切です。自己紹介のときや問い合わせ、スケジュール調整のときに使われることの多い件名をご紹介します。

【自己紹介】

例文

Introduction- Ippei Kobayashi in development department
初めまして-開発部門の小林一平です

An introduction by Toru Koike
小池徹からのご紹介

【問い合わせ】

例文

Request for information
お伺いしたいこと

Question about the budget meeting
予算会議についての質問

【スケジュール調整】

例文

Meeting on February 5
2月5日の打ち合わせについて

Possible meeting on February 4 or 5
2月4日か5日の打ち合わせの可能性について

ビジネスメールで使える正しい英文メールの「件名」お手本

英語のビジネスメール「書き出し」のルールとマナー|すぐ使えて差がつく例文

自己紹介

対面で自己紹介するときと同様、名前を名乗り、企業名と所属部署を伝えます。

例文

Hello, my name is Ippei Kobayashi. I’m a new sales representative of ABC. I’ll handling your account starting April 1.
小林一平と申します。私はABC社の新しい営業担当です。4月1日より御社の担当となります

続いて、連絡した背景を伝えます。「I’m emailing you because I’d like to~」を使うと、「~したく、メールを差し上げます」と要件を伝えられます。

例文

I'm emailing you because I'd like to introduce myself.
自己紹介をさせていただきたく、ご連絡いたしました

直接自己紹介をするときと同様に、担当する仕事内容を伝えます。

例文

I am Ippei Kobayashi and have appointed as a new sales representative for your company, effective February 5, 2018.
私は2018年2月5日付で御社の営業担当になりました小林一平と申します

I am replacing Toru Watanabe, who was transferred to our Los Angeles Branch.
ロサンゼルス支店に異動となりました渡辺徹の後任を務めさせていただきます

簡単に、自分の略歴について触れると、相手の印象に残りやすいでしょう。

例文

I have been in charge of our export division in Europe for over 10 years.
私は10年以上にわたり、ヨーロッパ部門の輸出部に勤務して参りました

要件

営業のアポイントメントを取りたい場合は、次のように依頼しましょう。
「We’d like to~」を使うと、丁寧な印象を与えられます。「we」を使うことで、「弊社」の意味となります。

例文

We would like to visit you the week of February 5 to further discuss our joint project. Please let me know what day will be the best for you.
共同プロジェクトの件で2月5日の週に御社に伺いたいと思います。ご都合の良い日をお知らせください

例文

If this date is not good for you, please let me know when would be a good time. I’ll adjust my schedule accordingly.
この日が良くなければ、いつが良いかお知らせください。それにあわせてスケジュールを調整します

添付ファイルを付けている場合は下記のように添えましょう。

例文

Attached are the minutes of the last strategic meeting. If there is anything you would like to add or change, please let me know.
先の戦略会議の議事録を添付します。何か加えたり、修正したりすべき点がありましたらお知らせください

最後は次のように結ぶと、今後スムーズに連絡が取りやすくなるでしょう。

例文

If there is any way I can be of assistance, please feel free to contact me anytime.
何かお役に立てることがございましたら、ご遠慮なくいつでもご連絡ください

結び

「何卒よろしくお願いします」という意味を込めて、フォーマルに締めたいときは、以下の表現を使います。

例文

Sincerely,
Best regards,
Yours truly,

少し親しみを込める場合は、以下を使いましょう。

例文

Regards,
All the best,
Yours,

ビジネス英語3:仕事内容の伝え方

仕事内容は具体的にするほど相手に伝わりやすくなります。一方で冗長な説明は好まれません。「簡潔かつ具体的に」が基本です。

会社の事業内容

会社の事業内容について伝える際は、「My company involved in~(弊社は、~業です)」を使います。また、「be aimed at~(~を目的にしている)」で、事業目的を伝えても良いでしょう。

例文

My company involved in wholesale, retail, online sales.
弊社は卸売業、小売業、オンラインでの販売に携わっております

My company is aimed at providing quality services and support to all our global customers.
弊社は、世界中のすべての顧客に質の高いサービスとサポートを提供することを目指しています

多岐にわたる事業を行っている会社の場合は、中核事業について説明する「Our main business is~(メインの事業は~です)」という表現を覚えておくと便利です。

例文

Our main business is helping others grow their personal brand through various forms of media: social, online, print and a few others.
私たちのメインの事業は、ソーシャル、オンライン、印刷物などさまざまなメディアを通じて、企業のブランド構築をサポートすることです

また、専門的な事業を展開しているときは、「We specialize in~(~を専門にしています)」を使いましょう。

例文

We specialize in offering consulting through our networks with bilingual professionals for international companies in Japan.
私たちは日本の国際企業向けに、バイリンガルな専門家とのネットワークを通じてコンサルティングを行うことを専門にしています

会社の歴史を伝える

会社の実績やビジョンについて伝える際、事業の歴史について触れる場面もあるでしょう。そんなときは、「My company has been in business for~years(弊社はこの業界に従事して~年となります)」を使い、事業の背景を説明しましょう。

例文

My company has been in business for ten years and has five locations in Japan.
弊社はこの業界に従事して10年となり、日本の5つの地域で事業展開しています

仕事内容について

詳しい仕事内容について伝える際は、「I sell ~(~を販売しています)」や「I develop~(~を開発しています)」など、自分の仕事内容を表す具体的な動詞を用いて表現しましょう。

例文

I sell insurance policies.
保険を販売しています

I develop app for iOS.
iOS向けのアプリを開発しています

管理職の場合は「manage~(~を管理する)」を使って部下がいることを伝えられます。

例文

I manage my company’s ~ department.
私は~部を統括しています

I manage my company’s sales department.
私は販売部門を統括しています

「~人の部下がいる」と伝える表現で、「have」を使うこともできます。

例文

I have 20 people in my department.
部署では20人のマネジメントをしています

事前にポイントを整理し、自分と事業の魅力を伝えよう

英語での自己紹介は気が重い、という人もいるかもしれません。しかし、伝えたいことを整理して臨めば、必ず理解してもらえます。自分の名前や部署名、企業名はもちろん、仕事内容、会社の事業内容についても文章にまとめ、実際に発音して練習してみましょう。その際、日本でよく使われる、回りくどい表現や謙遜表現などの曖昧な表現は、誤解を招くことがあるので控えましょう。
事前準備を十分に行い、堂々とはっきり自己紹介することで、相手に好印象を与えられるはずです。

英語メールの締め言葉で関係を円滑に!今すぐ使える結びフレーズ





Copyright© 1億人の英語 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.