ビジネスで使える英語の自己紹介フレーズ|訪問・メール時のポイント

ビジネスシーンで英語を使って自己紹介するとき、緊張して上手く話せなかった経験を持つ人もいるのではないでしょうか。「今の仕事では英語を使わない」という人も、会社の事業成長とともに「急に海外出張に行くことになった」「海外の顧客にアプローチする必要が出てきた」など、急に海外事業とかかわりを持たなければならなくなるケースもあります。 そんなとき、英語でスムーズに自己紹介するために使える英語フレーズをご紹介します。

ビジネス英語1:訪問時の自己紹介に使えるフレーズ

海外赴任後は、打ち合わせで取引先に出向くケースも多くなるでしょう。訪問時に相手に挨拶するときに使えるフレーズをお伝えします。

英語で自己紹介するときのポイント

最初の挨拶は相手の印象を大きく左右します。相手の目を見て、ゆっくりはっきりと自己紹介しましょう。いざ英語で自己紹介をするときに頭が真っ白にならないために、定型のフレーズをストックし、暗唱しておくと良いでしょう。少なくとも以下についてはスムーズに伝えられるよう、あらかじめ準備しておくと安心です。

  • 名前
  • 会社名
  • 仕事内容
  • 職位
  • 勤続年数

注意点としては、宗教や人種に関する内容は避けることです。センシティブな内容のため、触れないほうが良いでしょう。

自己紹介のシーン別英語フレーズ

挨拶する、名乗る

相手と目が合ったら、まずは「Hi.」と挨拶しましょう。「ハイ!」とはっきり発音します。「ハアイ」と伸ばすとカジュアルな印象になるので注意しましょう。そして、「I’m Ippei Kobayashi.(私は小林一平です)」と名乗ります。ここで、「Call me Ippei.(一平と呼んでください)」と伝えても良いでしょう。最後に、「Nice to meet you.(お会いできて嬉しいです)」と、言い添えるのがオーソドックスです。

Hi. I’m Ippei Kobayashi from ABC company. Nice to meet you.(初めまして。ABCカンパニーの小林一平です。お会いできて嬉しいです)
Hi. My name is Ippei Kobayashi from ABC Company. Pleased to meet you.(初めまして。ABCカンパニーの小林一平と申します。お目にかかれて幸いです)

「Nice to meet you.」「Pleased to meet you.」は、同様の意味を持ちますが、「Pleased to meet you.」を使うと、より丁寧な印象を与えます。

名前と社名を伝えるときは、「I’m ○○ from ~(~社の○○です)」や「My name is ○○. I’m with ~ company,(○○と申します。~社の者です)」を使います。
そして、「よろしくお願いします」の意味を込めて、「Nice to meet you.」や「Pleased to meet you.」と続けます。次のような表現も使われますので、押さえておきましょう。

It’s a pleasure to meet you. (お会いできて嬉しいです)
It’s an honor to meet you. (お目にかかれて光栄です)
Nice to meet you. I look forward to working with you. (初めまして。ご一緒にお仕事ができるのを楽しみにしています)
I’ll be a great pleasure working with you. (一緒にお仕事させていただけることを光栄に思います)

すでに、メールや電話などで、やりとりをしていた場合は以下の表現を使うと、「ようやくお会いできた」という気持ちを込められます。

Hi. I’m pleased to finally meet you.(こんにちは。やっとお会いできて嬉しいです)

仕事内容を伝える

具体的に担当する仕事内容を伝える際には、「belong to~(所属する)」「in charge of(~を担当している)」「be responsible for~(~に責任がある)」などが使われます。

I belong to the personnel affairs group. (人事グループに所属しています)
I am in charge of accounting. (経理を担当しています)
I am responsible for manufacturing the products of A. (A製品の製造を担当しています)

また、「in(~の中で)」や「a member of~(~の一員)」などの表現を使い、仕事内容を伝えることもできます。

I’m in retailing. (私の仕事は小売業です)
I am a member of the logistic department. (私は物流部門のメンバーです)

「work for?(~に勤める)」「work in?(~で働いている)」を使っても、担当職務を伝えられます。「work for?」と「work in~」を使いわける際は「work for+事業名」「work in+部署名、部門名」と覚えておきましょう。

I work for a manufacturing company.
(私は製造業で働いています。)
I work in development department. (開発部に勤めています)

ポジションを伝える

自分の職位を伝える場合には、「I am~(職位)」や「in charge of~(~を担当している)」などが使われます。

I ‘m in charge of the HR representative. (人事担当の責任者です)
I am the company president. (私は社長です)
I am the general manager of sales department. (私は営業部門の本部長です)
I am the managing director, and I was in charge of the HR representative. (私は社長で、以前は人事部門の責任者でした)

ビジネス英語2:自己紹介のメールの書き方

営業の挨拶など、相手に面識のない相手に連絡する際に、自己紹介が必要になる場面も多いでしょう。メールで自己紹介するときのポイントと、件名、本文などに使えるフレーズをご紹介します。

メールで自己紹介するときのポイント

英語メールには基本的な書き方のルールがあります。件名、宛名、本文、結語、署名の5つから構成されています。
件名は簡潔かつ具体的にしましょう。初めてメールを送る相手であれば、頭語は「Dear」で始めるのが一般的です。担当者の名前がわからない場合は、「Dear whom it may concern(ご担当者様)」としましょう。本文には名前、企業名、所属部署を書き、メールを送った目的を簡潔に記載します。

メールですぐに使えるフレーズ

メールの件名

メールを開封してもらうためには、相手がわかりやすい件名を記載することが大切です。自己紹介のときや問い合わせ、スケジュール調整のときに使われることの多い件名をご紹介します。

【自己紹介】
Introduction- Ippei Kobayashi in development department
(初めまして-開発部門の小林一平です)
An introduction by Toru Koike(小池徹からのご紹介)

【問い合わせ】
Request for information (お伺いしたいこと)
Question about the budget meeting (予算会議についての質問)

【スケジュール調整】
Meeting on February 5 (2月5日の打ち合わせについて)
Possible meeting on February 4 or 5 (2月4日か5日の打ち合わせの可能性について)

自己紹介

対面で自己紹介するときと同様、名前を名乗り、企業名と所属部署を伝えます。

Hello, my name is Ippei Kobayashi. I’m a new sales representative of ABC. I’ll handling your account starting April 1. (小林一平と申します。私はABC社の新しい営業担当です。4月1日より御社の担当となります)

続いて、連絡した背景を伝えます。「I’m emailing you because I’d like to~」を使うと、「~したく、メールを差し上げます」と要件を伝えられます。

I’m emailing you because I’d like to introduce myself.
(自己紹介をさせていただきたく、ご連絡いたしました)

直接自己紹介をするときと同様に、担当する仕事内容を伝えます。

I am Ippei Kobayashi and have appointed as a new sales representative for your company, effective February 5, 2018.
(私は2018年2月5日付で御社の営業担当になりました小林一平と申します)
I am replacing Toru Watanabe, who was transferred to our Los Angeles Branch.
(ロサンゼルス支店に異動となりました渡辺徹の後任を務めさせていただきます)

簡単に、自分の略歴について触れると、相手の印象に残りやすいでしょう。

I have been in charge of our export division in Europe for over 10 years.
(私は10年以上にわたり、ヨーロッパ部門の輸出部に勤務して参りました)

要件

営業のアポイントメントを取りたい場合は、次のように依頼しましょう。
「We’d like to~」を使うと、丁寧な印象を与えられます。「we」を使うことで、「弊社」の意味となります。

We would like to visit you the week of February 5 to further discuss our joint project. Please let me know what day will be the best for you. (共同プロジェクトの件で2月5日の週に御社に伺いたいと思います。ご都合の良い日をお知らせください)

If this date is not good for you, please let me know when would be a good time. I’ll adjust my schedule accordingly. (この日が良くなければ、いつが良いかお知らせください。それにあわせてスケジュールを調整します)

添付ファイルを付けている場合は下記のように添えましょう。

Attached are the minutes of the last strategic meeting. If there is anything you would like to add or change, please let me know. (先の戦略会議の議事録を添付します。
何か加えたり、修正したりすべき点がありましたらお知らせください)

最後は次のように結ぶと、今後スムーズに連絡が取りやすくなるでしょう。

If there is any way I can be of assistance, please feel free to contact me anytime.
何かお役に立てることがございましたら、ご遠慮なくいつでもご連絡ください)

結び

「何卒よろしくお願いします」という意味を込めて、フォーマルに締めたいときは、以下の表現を使います。
Sincerely,
Best regards,
Yours truly,

少し親しみを込める場合は、以下を使いましょう。
Regards,
All the best,
Yours,

ビジネス英語3:仕事内容の伝え方

仕事内容は具体的にするほど相手に伝わりやすくなります。一方で冗長な説明は好まれません。「簡潔かつ具体的に」が基本です。

会社の事業内容

会社の事業内容について伝える際は、「My company involved in~(弊社は、~業です)」を使います。また、「be aimed at~(~を目的にしている)」で、事業目的を伝えても良いでしょう。

My company involved in wholesale, retail, online sales.
(弊社は卸売業、小売業、オンラインでの販売に携わっております)
My company is aimed at providing quality services and support to all our global customers.
(弊社は、世界中のすべての顧客に質の高いサービスとサポートを提供することを目指しています)

多岐にわたる事業を行っている会社の場合は、中核事業について説明する「Our main business is~(メインの事業は~です)」という表現を覚えておくと便利です。

Our main business is helping others grow their personal brand through various forms of media: social, online, print and a few others. (私たちのメインの事業は、ソーシャル、オンライン、印刷物などさまざまなメディアを通じて、企業のブランド構築をサポートすることです)

また、専門的な事業を展開しているときは、「We specialize in~(~を専門にしています)」を使いましょう。

We specialize in offering consulting through our networks with bilingual professionals for international companies in Japan. (私たちは日本の国際企業向けに、バイリンガルな専門家とのネットワークを通じてコンサルティングを行うことを専門にしています)

会社の歴史を伝える

会社の実績やビジョンについて伝える際、事業の歴史について触れる場面もあるでしょう。そんなときは、「My company has been in business for~years(弊社はこの業界に従事して~年となります)」を使い、事業の背景を説明しましょう。

My company has been in business for ten years and has five locations in Japan. (弊社はこの業界に従事して10年となり、日本の5つの地域で事業展開しています)

仕事内容について

詳しい仕事内容について伝える際は、「I sell ~(~を販売しています)」や「I develop~(~を開発しています)」など、自分の仕事内容を表す具体的な動詞を用いて表現しましょう。

I sell insurance policies. (保険を販売しています)
I develop app for iOS. (iOS向けのアプリを開発しています)

管理職の場合は「manage~(~を管理する)」を使って部下がいることを伝えられます。

I manage my company’s ~ department.(私は~部を統括しています)
I manage my company’s sales department. (私は販売部門を統括しています)
「~人の部下がいる」と伝える表現で、「have」を使うこともできます。
I have 20 people in my department.
(部署では20人のマネジメントをしています)

事前にポイントを整理し、自分と事業の魅力を伝えよう

英語での自己紹介は気が重い、という人もいるかもしれません。しかし、伝えたいことを整理して臨めば、必ず理解してもらえます。自分の名前や部署名、企業名はもちろん、仕事内容、会社の事業内容についても文章にまとめ、実際に発音して練習してみましょう。その際、日本でよく使われる、回りくどい表現や謙遜表現などの曖昧な表現は、誤解を招くことがあるので控えましょう。
事前準備を十分に行い、堂々とはっきり自己紹介することで、相手に好印象を与えられるはずです。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る