[英検]に関する記事一覧です。

  • 英検準1級のレベルはどれくらい?試験内容と合格するための勉強法

    英検準1級は、語学留学を終えた学生や、すでに英語を使って仕事をしている社会人が受験するレベルです。そのため、英語が好きなだけにとどまらず、日頃から積極的に英語に触れていないと、合格するのは難しいでしょう。英検準1級に合格するには、英語学習を日常生活に取り入れる工夫をしながら、新聞の簡単な社会記事が読めるレベルの語彙力を身に付ける必要があります。
    今回は、英検準1級のレベルの目安と、合格するための対策方法をご紹介します。

  • 社会人のための英語勉強法|仕事をしながら使える英語を身に付ける!

    使える英語を身に付けたいと考えている社会人にとって、悩みの種は勉強時間の捻出ではないでしょうか。仕事の合間を縫って英語力を上達させるには、限られた時間で効率良く学習することが大切です。学習のコツを押さえて、ビジネスに役立つ実用的な英語力を身に付けましょう。
    この記事では、仕事をしながら英語を上達させるために知っておきたい、効率的な勉強法をご紹介します。
  • 英検とTOEICってどう違うの?これから試験を受けたい人に

    英語の資格と言って思い浮かぶものは何ですか?「英検」「TOEIC」「TOEFL」「IELTS」と様々ですが、一般的によく聞くものといえば「英検」「TOEIC]が真っ先に浮かぶのではないでしょうか?企業の採用基準としてTOEICのスコア○○○点以上と設けているところも多く、就職活動経験がある人にとっては馴染みのある試験だと思います。一方で英検は訪日外国人の増加や、大学入試導入への加速が相まって、特に小中高生の受験者数が増えてきているといわれています。

    この二つの試験ですが、具体的には何が異なるのでしょうか?

  • 英語のリーディング力をUPする方法|スラスラ読めるようになるには?

    リーディングスキルを身に付け、文章をスラスラと読めるようになることは、英語を学ぶ人の多くが掲げる目標の一つです。リーディングスキルを向上させると、長文も難なく読めるようになり、頭の中で逐一和訳しなくても意味をつかみ取れるようになるでしょう。
    では、リーディングスキルを上達させる方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
    この記事はリーディングスキルの向上に焦点を当てて、勉強法や継続させるためのコツなどをご紹介します。

  • リスニング力の鍛え方|英語が劇的に聞き取りやすくなる7つの方法

    英語のリーディングはそれなりにできても、リスニングだけはどうしても苦手という人がいます。リスニングを上達させるには、耳に入ってくる英語を瞬時に理解する力が必要です。そのため、英語の音を聞き分ける力と、スピーディに英語を理解する力の両方が求められます。また、語彙力を強化し、聞き取れる英単語を増やすことも大切です。
    では、リスニングスキルをアップさせるには、どのような勉強をすれば良いのでしょうか。
    この記事では、リスニングスキルを伸ばすのに効果的な勉強法をご紹介します。

  • 英単語がどんどん頭に入る覚え方|無理なくできて、忘れにくい!

    英検1級を取るために覚えなければいけない語彙数は約10,000~15,000ほどだといわれており、覚えるのはとても大変なこと。しかし英単語なんて辞書で調べれば分かる!と思っていませんか?語彙力があがる事で、英語を全体で見る力が付くので、総合的に英語力を高めるのに大きな影響を持ちます。では、効率よく覚えていくにはどうしたらよいのでしょうか?




オススメ記事

  1. 相手に通じやすい、聞き取りやすい英語を話すときには、発音の他に語句のアクセントも重要です。話す…

  2. 英語の基本ともいえる文法。中学校、高校の授業で一度は学んだはずなのに思い出せない人も多いのでは…

  3. 英語を正しく発音するための方法はいろいろありますが、その中で「発音記号を理解すること」も大切で…

  4. 苦手意識を持つ人が多い、英語の長文リーディング。知らない単語を調べているうちに内容が分からなく…

  5. 英語のリスニング力をアップさせたいなら、ネイティブの英語を聞くことが大事です。ネイティブの知り…




SNSアカウント

ページ上部へ戻る