英検

英検準一級の面接(二次試験)に合格するには?失敗しないためのポイント

英検準一級の二次試験では、面接形式が採用されています。一次試験を通過できる英語力があれば合格は決して難しくないものの、十分な対策を練っておかないと思わず足元をすくわれたり、緊張しすぎて実力を発揮できなかったりということにもなりかねません。

この記事では、英検準一級二次面接の具体的な対策方法や、覚えておくと便利な表現などをご紹介。ぜひ傾向と対策を事前に把握して、英検準一級合格を目指しましょう!

英検準1級の必須単語数は8000語!単語力チェックと暗記法を紹介

英語のスキルアップとして多くの社会人が志す英検準1級。必要な単語数はおよそ8000語とされており、これは難関大学の入試で必要とされる7000語よりも多い数字です。レベルとしても大学中級と言われているので、一筋縄ではいかないのも準1級の特徴。英検2級と英検準1級との間には大きな壁があると言われるのは、この単語数の違いにも起因するようです。

さらに語彙の種類も日常会話程度とはいかず、社会問題や専門分野に関する難易度の高い単語も必要となってきます。そこでこの記事では、自身の単語力をチェックする方法や、語彙力アップに効果的な暗記方法などをご紹介します。

英検準1級のレベル・合格率とは?合格をするためにはどこまで必要?

グローバル社会が叫ばれるようになってから随分経ち、日に日に英語の必要性は高まりつつあります。企業が社員に求める英語力の水準も年々上がってきており、近年では社員の英語教育に積極的に取り組む企業も増えてきました。
一般的に履歴書に書ける、企業が評価する英語力の水準は英検2級程度から、と言われていますが、「英語を使える」というところに達するには、「英検準1級」レベルまでは欲しいのが実情のようです。
ここでは、英検準1級のレベルについてご紹介したいと思います。

英検準1級に合格するためには?目安の勉強時間と対策方法をご紹介

英検準1級のレベルは「大学中級程度」とされていますが、その合格率はおよそ15%程度とあまり高くありません。
しかし、「英語を実践的に使える」というレベルに到達するには、ここまでは取得しておきたいところです。
では、英検準1級に合格するにはどのくらい勉強する必要があるのでしょうか。
また、試験合格のためにはどのようなことを理解しておくべきなのでしょうか。

TOEICと英検の違いとは?就職・転職をするなら有利なのはどっち?

日本国内で有名な英語の試験といえば、真っ先に浮かぶのが「TOEIC」と「英検」。
進学や就職などで受験をされた方も多いのではないでしょうか?

どちらも英語力を測定するという点においては同じ目的ですが、実際にはどのような違いがあり、就職・転職ではどっちが有利になるか知っていますか?

おそらくその違いをはっきりと説明できる人は少ないのではないでしょうか。
今回はTOEICと英検の違いと詳細、就・転職にどちらが向いているかについてご紹介したいと思います。

英語検定3級に挑戦!必要な英語レベルと勉強方法を伝授

英語関連の資格といえば、英検Rを思い浮かべる人も多いはず。今回ご紹介するのは、中学生までに習得するレベルの英語力が求められる英語検定3級の試験の内容や学習方法についてです。筆記がメインの一次試験に加え、スピーキング力を判定する二次試験がある英検3級、合格に近づくための英検対策をお伝えします。英検受験者必見の英検合格に向けた学習方法、さっそく見ていきましょう。

独学でも大丈夫!英語検定準2級の合格レベルと勉強法

様々な英語資格がある中で、最もポピュラーな資格と言えるのが英語検定です。英検3級に合格した人が次に目指すのは準2級。
しかし、3級に比べると難易度があがるので、準2級を受けてみたいけれど、合格するかどうか不安…という人も多いでしょう。そこでこの記事では準2級のレベルやおすすめの勉強法を詳しく紹介していきます。準2級取得を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

英語検定の級別レベルを解説!仕事で役立つのは何級から?

業務で通用する英語力は英語検定何級からが目安なのでしょうか。
今回は英語検定、通称「英検」各級ごとのレベルを解説しながら英語の仕事をするために必要な語学レベルを紐解いていきます。
職種ごとに目指すべき英検レベルも紹介していきます。就職活動や仕事のために英検を受験しようとしている大学生、社会人の方々必見です。

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.