ビジネス英語を学びたい人へおすすめの記事

海外の企業や外資系、国内であれば海外事業部など海外で活躍するためにはビジネス英語は必須。
日本語同様に日常会話とは違い、取引先や上司、同僚など相手との関係によって使い分けるのがマナー。
会話の力もビジネス上では大切なスキルですので、相手の関係や場面に応じた言い方やルールについてしっかりと学びましょう。

今仕事上で必要としている人も、これから海外で活躍していきたい人もビジネス英語をしっかりと学びましょう!

ビジネス英会話の学習

実戦で使えるビジネス英会話を学びたいと思っていても、どのような学習方法を選べばいいのか悩みますよね。
ビジネス英会話に限らずですが、何かをしたいと思った時はまずその目的を明確にすべきです。
ビジネス英語といっても、職場や職種、立場によって求められるスキルやレベルなども変わってきますので、まずはこの記事でどのように勉強をすべきか考えてみましょう。

既に英語の勉強を始めている人の中には、相手が話していることがなかなか聞き取れずに英語学習が進んでいない人もいるのではないでしょうか。
英語を聞き取れないと相手が話していることが理解できないので、もちろん自分も何を話せばいいのかわかりません。
聞き取れない理由はいくつかありますが、どれも基本的なことだったりするので、それを一つずつ積み上げていくことで解決への道が開けます。

聞き取れなくて悩んでいる人は、まずこの記事で聞き取れない理由と解決策を探ってみましょう。

ビジネスシーンで使えるフレーズ集

  • 取引先の人と初めて会って挨拶をする
  • 会議に出る、発言する、進行する
  • プレゼンテーションをする
  • メールでやりとりをする

という場面は、国や言語に限らずビジネスにおいてはよく見かける光景ですよね。
故にこういったシーンではある程度定番フレーズというものがあります。

英語に自信がなくとも、こういったフレーズを覚えておくことでコミュニケーションを取ったり、
自分の伝えたいことを発信したりすることができます。

英語学習とともに、フレーズも覚えておくとよいでしょう。

会議中

会議やプレゼンテーション、打ち合わせなど様々な場面で関係者との話し合いの場は設けられます。
ビジネス英語を学びたい人の多くはこういった場で、きちんと話せるようになることが目的で合ったりすることも多いはず。
ここでは会議中によく使われるフレーズをまとめた記事をご紹介します。

会議の進行で使うフレーズ

会議を進める上で重要なのは、会議の目的や、関係者に会議の詳細を伝えたりすること。
もちろん参加者として発言することもあれば、場合によってはファシリテーターとして進行をすることもあるでしょう。
この記事ではそういった場面ごとによく使われるフレーズについてご紹介しています。

プレゼンで使うフレーズ

英語でのプレゼンが日本と違うところは、プレゼンターがプレゼンの詳細をトークで説明することがメインであることです。
そのため、相手にしっかりにその主旨をシンプルかつ明確に伝える必要があります。

とても緊張して、難しいことのように思いますが、進行に必要な定番のフレーズを押さえていれば、プレゼンの進行は可能なのです。
この記事ではプレゼンの進行において役立つフレーズを紹介しています。

相手に提案をする場合のフレーズ

相手に提案をしたり伺いを立てることは日常的によくありますが、特にビジネス上ではプロジェクトを進めたり進行を調整したりする上で非常に重要な要素です。
会議や社内でのコミュニケーションなど度々出てくる場面なので、相手に対して失礼のない提案フレーズを覚えておくとよいでしょう。

上司や取引先とのコミュニケーション

上司や取引先とのコミュニケーションはビジネスを円滑に進めるためにはこの上ないほど重要な要素です。
もちろん仕事の的確さなども求められますが、自分に対してよい印象を持ってもらうためのコミュニケーションも大事です。

自己紹介で使うフレーズ

初めての相手とのコミュニケーションのスタートはもちろん自己紹介から。
自分への心証を良くする、関心を持ってもらう目的はもちろんのこと、相手との共通点を見つけるための作業でもあるので、
自己紹介は手を抜かずに、かつシンプルに伝えられるようにできると理想的です。

招待状で使うフレーズ

英語圏の国にはパーティ文化が根付いている国も多く、講演会や祝賀パーティや展示会などビジネスのイベントや、プライベートであれば結婚式などに招待をしたり、
参加をしたりする機会も多くあります。
そこで、一般的なパーティで使える英語での招待状フレーズや参加・不参加の返信に使えるフレーズをご紹介します。

目上の人や取引先と会話で使えるフレーズ

日本人からすると、英語はフレンドリーでフランクなイメージがあり、敬語のような表現は存在しないとイメージを持っている人は比較的いるようです。
英語にももちろん敬語にあたる表現はあり、目上の人や取引先と対話をするとき、同僚であっても節度をもった言葉遣いは求められるものです。
ここではビジネスシーンで役立つTPOを考慮した丁寧な言い回しについて紹介をします。

質問をしたいときに使えるフレーズ

相手に質問をするのは会話を拡げるためにはとても重要な手段です。うまく質問をすることで話題を活性化させ、相手の信頼を得ることにもつながります。
日常会話のみならずビジネスシーンであれば、相手のニーズを引き出すこともできますのでより高い精度のビジネスを遂行することができるでしょう。

社内コミュニケーション全般

ビジネス上でよく使われる表現

学校の英語学習で日常会話はある程度話せるようになっても、ビジネスシーンでは聞きなれない表現が出てくることが多々あります。
また、意味としては正しいものの、そのまま使うと表現がストレートすぎて相手の気分を害する表現もあります。
ビジネス上の円滑なコミュニケーションのために、よく使われる表現、言いかえが必要な表現を紹介します。

「よろしくお願いします」の意味で使える表現

ビジネスでよく使う「よろしくお願いします」という表現。日本語では様々な場面でこの表現を使いますよね。
英語ではこの「よろしくお願いします」に該当する表現はありませんが、これに近いニュアンスの表現はもちろん存在します。
様々なシーンを想定しながら場面にあった「よろしくお願いします」の意味の言葉を紹介します。

同僚とのコミュニケーション

同僚とのコミュニケーションでお誘いを受けるシーンもあるでしょう。
参加ができるなら問題はないですが、どうしても断りたい、断らざるを得ないとき、「No」と表現すると角が立つ言い方になることがあります。
相手との関係は壊さずに丁寧にお断りができるといいですよね。
そんなときに使えるやんわり断る、行きたい気持ちがありつつ断るフレーズを紹介します。

部下とのコミュニケーション

褒め言葉というのは人間関係を円滑にするのにとても重要な要素の一つです。褒められるとモチベーションも上がりますよね。
英語圏では「褒める」ことが日本よりも一般的に行われているため、様々な褒め言葉を知っておくことはきっと有効なはずです。
同僚だけでなく、あなたがビジネスで部下を持つことになったときはなおさら必要なこととなるでしょう。


Copyright© 1億人の英語 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.