英検準1級のレベル・合格率とは?合格をするためにはどこまで必要?


一般的に履歴書に書ける、企業が評価する英語力の水準は英検2級程度から、と言われていますが、「英語を使える」というところに達するには、「英検準1級」レベルまでは欲しいのが実情のようです。

英検準1級と言われてもどのくらい難しいのかピンと来ない方が多いかと思いますが、目安としてはネイティブと日常的な会話からちょっと難しい内容まで難なく会話できるレベル。英検2級から英検準1級は難易度が急にアップするため、3級から2級へといった具合に一筋縄ではいきません。語彙数を増やすことはもちろん、読解力や速読力といった総合的なスキルを磨く必要があります。

ここでは、英検準1級のレベルについてご紹介したいと思います。

英検準1級のレベル

どのくらいのレベル?

英検を運営している「公益財団法人 日本英語検定協会」が定める目安では、英検準1級は「大学中級程度」と定めています。

英語のスキルを測る他のテストを受けたことがある方は、およそ英検準1級に相当するスコアを参考するのも良いでしょう。

ケンブリッジ英語検定約150~180程度
GTEC(ベネッセ)1,000~1,350程度
IELTS4.0~6.5程度
TOEFL iBT50~90程度

国際的に権威のある英語資格の試験と比べても、なかなかのハイレベルであることが分かります。もしこれらのスコアでピンと来ない方は、下記のような具体的なスキルを想定してみましょう。

  • 海外旅行で困らない
  • 万が一のトラブルなどにも対応できる
  • 電話で用件を伝え、コミュニケーションが取れる
  • 自身の専門分野について、ネイティブと議論ができる
  • ディベートや複数人での会話においても、論点を的確に捉えることができる
  • 長文で書かれた資料もスラスラ理解できる
  • 洋書や映画も感情移入できる

一般的には、英語上級者としてスタートに立った、というくらいのポジションだと認識すると分かりやすいと思います。

英検準1級と言えば「難しい」というイメージですが、日本英語検定協会の2010~13年の合格率は凡そ15%程度(2014年以降は未公表)と公表されており、合格率で言えば狭き門です。

出題内容も社会一般から芸術や文化、歴史、科学、ネイチャーやテクノロジー、政治経済に至るまで非常に広範囲が取り扱われ、これらのトピックについて「普通に」話せることをが求められます。

合格点は?

そして気になる合格点ですが、出題形式によってその目安は異なりますが、リーディング・ライティング、リスニング全体でおよそ7割程度の正答が合格の水準となると見ると良いでしょう。

英検準1級に合格するには

合格を目指すためには一体どの程度習得すればよいのでしょうか。
まず、英検準1級を目指すために有効な対策や学習法をご紹介します。

まずはとにかく語彙力をつける

まず何を差し置いても語彙力をつけることが大事です。
英検で取り扱われるトピックは幅広いので、ボキャブラリーがなければ内容を理解することはできません。文法が分かっているのに合格しない人は、この語彙力を軽視している場合があります。

英検準1級に必要な語数は約7,500~9,000語と言われ、これは難関大学受験よりもハイレベルと言うことができます。

センター入試約4,000~5,000語
英検2級約5,000語
難関大学入試約6,000語
英検準1級約7,500~9,000語程度
英検1級約12,000~14,000語

そして、英語を正しい文法を理解し、自分の伝えたいことをまとめる力が必要です。
そのためには、まず正しく文章を組み立てる力をつけるためにライティング力を上げましょう。

また、日本語と英語は文章の構成が根本から異なるので、英語を英語の語順で理解できるようリーディングやリスニングの力も高め、文章の読解力とスピードを高めましょう。

「普通にコミュニケーションが取れる力」とは、文章を正しく理解し、自分の伝えたいことを正しく伝える力をつけることなので、上記の力をしっかりと固めましょう。

英語スキルを上げるための情報が届く!無料メルマガ登録フォーム

-英検
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.