絶対忘れないオリジナル英単語帳の作り方 | 効率よく単語を覚える


英語学習の難関と言えば、単語を覚える事!

語彙力が増えれば読める英文が増えるのは分かってるけど…。

しかし、英単語を覚えるということは、英語学習をする上では避けては通れない道なんですよね…。

英単語の暗記で頭を悩ませている人ならチャレンジしてほしいのが、オリジナルの英単語帳を作る事です!

市販の英単語帳ももちろんいいのですが、オリジナル英単語帳は自分で作るだけあって、市販のもの以上のメリットがあるのも魅力の一つ。

今回はオリジナル英単語帳について解説していくので、是非トライしてみてくださいね!

自分だけのオリジナル単語帳

市販の英単語帳ならば、自分で作らなくていいのでそっちのほうが効率的に思えます。

しかし、オリジナル単語帳は学習効率を考えると非常に効率的なのをご存知ですか?

語学学習のように覚えなければいけないことが沢山ある場合は、最初に時間をかけておくほうが最終的にはとても効率的だったりするんです。

オリジナル英単語帳のメリットとは?

毎日仕事に忙しい社会人、部活や沢山の教科の勉強に忙しい学生。
時間をしっかりとって毎日取り組むとなるととても大変なこと。

しかし、英語学習においては毎日継続することがとても大事。
英単語帳は勉強を継続するのに、とても助けとなるツールなんです。

学習にメリハリをつけられる

単語帳があればスキマ時間を活用する事ができます。
忙しくて時間が取れない日は単語帳メインで勉強を進めて、時間が取れるときにじっくり問題集を解くようにすると無駄がなくてよいです。

目的に特化した学習が可能

単語帳の目的はもちろん「語彙の強化」!
オリジナルなものであれば、よく使う単語や必要なジャンルの単語、苦手なフレーズを集中的に覚えるためのものにカスタマイズできるという強みもあります。

記憶に定着しやすい

オリジナル単語帳は、自分で意味を調べながら手で書いていくので、その分英単語が頭に定着しやすくなります。

カスタマイズが自由

自分専用なので、きれいに作る必要はありません。
自分の記憶方法に合わせて、覚えやすい例文を単語帳に書き込んだり、関連の画像を貼り付けたり、色の使い方や文字の大きさなどを工夫したりすれば、単語帳作りが楽しくなり、勉強にも良い影響を与えられます。

オリジナル単語帳の作り方

では、早速オリジナル単語帳の作り方を解説していきます!

単語帳を準備

では、単語帳を準備しましょう。

単語帳と言えば、リングのついた単語カードを思い浮かべませんか?
確かに持ち運びに便利でとても使いやすいのですが、「単語の使い方を覚える」という点においては、小さすぎて少々役不足。

理想は小さめのノートタイプのものが良いでしょう。
単語以外にも書き込めるスペースがあり、例文や類義語なども一緒に覚えるには最適です。

【オススメ単語帳】

覚えるときはそれさえあればOK!という感じで、覚えるべきことが集約されているととても良いのです!

書き込む時は1ページ1単語!

1ページに多くの英単語を書くより、フラッシュカードのように1ページに1つの単語に絞って書くほうが良いです。

単語帳に単語を書く際に、次の画像のように、表には英単語、読み方(発音記号)、例文を書き、裏にはその意味と類義語を書きましょう。

<表>

単語帳の表側

表には単語とその例文を書く

<裏>

単語帳の裏

裏には単語の意味や類義語を書く

その時、英単語の品詞名(名詞、動詞、形容詞など)も書き、一緒に覚えられるようにすれば、どこで使えばいいのかが分からなくならずに済みます。

注意!まとめてやらない

単語帳作りは、まとめてやらずに、なるべくこまめにやるようにしましょう。

まとめてやってしまうと、単語帳作りが「作業」になってしまうので、作る事で精一杯、作ったら満足…という感じになってしまいます。

類義語や熟語も書き込もう

意味を調べるときは、英和辞典だけでなく英英辞典も使ってみましょう。
英英辞典では英単語の意味が英語で説明されています。

説明にはその単語の類義語が使われていることが多いので、使い続けるうちにいつの間にか語彙力が増え、表現力の幅を広げることができるでしょう。

また、英語で何と言うかを知りたい言葉や文章を日本語で書き、辞書で調べて英訳した文章やイディオム、単語をノートにまとめるという方法も良いでしょう。

その際、表現は一つではありませんので、同じ意味となる言い換え表現をいくつか記載するのがポイントです。

オリジナル単語帳の使い方

単語帳を作ったら、次はその使い方です!

単語帳を作った時点である程度覚えられるのですが、効率的に使って記憶にしっかり定着させましょうね!

毎日単語帳に触れよう

1日30分でもいいので、毎日単語帳を開く時間を作りましょう

例えば通勤電車の中で見るようにしたり、昼休みにランチを食べながら学習したりなど、スキマ時間に目を通すだけでも学習効果があります。

声に出して読む

単語帳を開いて復習するとき、単語や例文を声に出して読むことも忘れないようにしましょう。
辞書の発音記号を見ても発音がわからない場合は、音声機能付きの電子辞書やWeb辞書を利用して確認することが大事です。

口に出すことで感覚が刺激され、覚えやすくなります。
さらに、覚えたい単語だけでなく、一緒に書き込んだ例文を読み上げることで英会話の練習になります。

毎日繰り返していくと少しずつ、英文を見なくてもスラスラ言えるようになっている自分に気がつくでしょう。
英語力が上がっていく過程を実感できる良い方法です。

意味でなく使い方で覚える

英単語を覚えるときは、「単語の意味」だけを暗記してしまうと、使い方が分からず終わってしまうことも少なくありません。

記憶した英単語をイメージと結びつけて覚えると、文の中でどのように使用されるかを意識しながら英単語を覚える事ができます。

このやり方を「フラッシュバック法」と言います。

フラッシュバック法のやり方

まず、下の例文を読んでみてください。

例文

I am very tired because I worked too hard.
働きすぎたので、すごく疲れた

この文から3単語を抜き出して順番に書き出してみます。

ここでは「tired」「worked」「hard」の3つを選びます。

この3つの情報から、「一生懸命仕事をしてクタクタになっている」イメージをできるだけ具体的に思い浮かべることができますね?

このようにして、単語の意味とイメージを結びつけて覚えるようにすると良いでしょう。

フラッシュバック法を行うときは、ノートの左ページに英文を書いて右ページに英単語を抜き出し、右ページを見ながらフラッシュバックさせることが短期記憶をするためのコツです。

覚えるときは両面から

単語帳で覚えるときは、片面から覚えるだけでなく、反対側からも繰り返し覚えてしっかり意味を押さえましょう

英語⇒日本語は完璧に覚えられるのに、日本語⇒英語となると…ということが意外とあります。
これは英語と日本語をしっかりと意味でつないで覚えられていないのです。

また、両面から覚えられたら、カードの順番をバラバラにしてしっかりと覚えられているかをもう一度確認すると完璧です!

焦点を絞った単語帳を作る

覚えられなかった単語を全部詰め込んだ分厚い単語帳を作ると、持ち運びが大変な上、勉強の効率性という点でも今ひとつです。

その時はさらに焦点を絞った単語帳を作ってみてはどうでしょうか。
例えばビジネス用語だけの単語帳など。

仕事上で必要になる単語や実際に外国人の同僚や取引先が使った単語だけを集めてみましょう。

単語帳といっても、実際のビジネスシーンでは文章として使われているはずなので、使用されたフレーズをそのまま記入したり、辞書を参考にしながら例文にしたりして書き込むと実用性がアップします。

単語暗記のポイント

単語を暗記していくにはとても地道な作業の繰り返しです。
効率的に暗記していくためのポイントをいくつかご紹介します。

イメージ+繰り返しで定着!

英単語の暗記で必要なのは、短期記憶ではなく長期記憶。
完全に暗記してから次ではなく、どんどん進めて繰り返すことが大切です。

重要なのが、単語の意味を映像化しながら発音すること。
声に出して覚えやすくすることに加え、イメージという刺激を脳に与えることで、記憶の定着をサポートしてくれます。

どうしても覚えられない単語は単語カードで集中暗記

ある程度繰り返していくと、どうしても覚えられない単語が出てくるはずです。
その時、覚えた単語と覚えられていない単語を分別し、覚えられていない単語の暗記に集中しましょう。

覚えの悪い単語は、抜き出して、リング穴が外れるタイプ単語カードを作成しましょう。

何度も単語帳を見ていると出てくる順番まで覚えてしまうこともありますよね。
シャッフルして順番を入れ替えることができるのが、単語帳のメリット。

順番を変えても理解しているかをきちんと確認してみましょう。

対義語・反対語・熟語も一緒に覚える

1つの単語の意味を単純に暗記するよりも、つながりを考えながら暗記すると記憶が定着しやすくなります。
反対の意味を持つ単語や英熟語も同時に覚えると効率的

その単語を見たときに、反射的に「反対語は~」と出てくるよう、同時に確認する習慣をつけておきましょう。

接頭語や接尾語などの知識を押さえる

英単語には、パターンを知っていれば意味の推測ができるものがあります。
押さえておきたいのは、単語の1番後ろについて意味を補足する接尾語や、単語のはじめにつく接頭語

例えば接尾語の場合、
-able ~できる available(利用可能な)
-eer ~に従事する人 engineer (エンジニア、技師)

といったものがあります。

単語の成り立ちの仕組みを理解しながら暗記していくと、他の単語にも応用できるようになるはず。英単語暗記の効率を高めることができます。

たくさんの意味を持つ単語は文章で覚えると効率的

ほとんどの英単語は、1つの単語で複数の意味を持ちます
そのため、単語だけを暗記していると、その単語の使い方がわからない、英会話で全く使えないということも起こりえるかもしれません。

そんなときは英文法で覚えるのが効率的!

haveの例文を見てみると、

例文

I have a pen.
私はペンを持っている。

I have a cold.
私は風邪をひく。

I have to study English.
英語の勉強をしなければならない。

I have been to Paris before.
過去にパリへ行ったことがある。

と、同じ単語でも文脈に応じて意味が異なりますよね。文章でまとめて覚えることで、単語の使い方まできちんと理解することができます。

忘却曲線に基づいた記憶法で定着させる

人間は記憶したものを忘れてしまうもの。ドイツの心理学者・エビングハウスの記憶力についての実験結果によると、一度覚えたことも1日経過しただけで半分以上忘れてしまうそう。

しかし、復習を繰り返すことで忘れるスピードが遅くなり、最後には忘れなくなる=記憶が定着するという結果となっています。

つまり、忘れそうなタイミングに振り返ることで、記憶の定着度を高めることができるということ。

勉強から1時間後→1日後→1週間後→半月後→1ヶ月後 というように、きちんと覚えているかをチェックする時間を設けましょう。

単語帳を繰り返すのも、記憶の定着率をアップさせるのと同様の効果が。繰り返し暗記していくことで、楽器の練習や自転車の練習のような手続き記憶で、意識せずに短期記憶から長期記憶にシフトさせることが大切です。

中級者以上は文章で覚えるのも◎

自家製の英単語帳である程度の語彙力を身につけていて、さらに専門性を高めたいなら、文章を読みながら覚えていく方法もあります。
また、英単語帳を購入して英単語を暗記するのもオススメです。

英語中級者上級者向け!文章の中で暗記する方法

英語中級者~上級者レベルなら、文章の中で単語を覚える方法もおすすめです。
ストーリーや文のつながりなど、脳を刺激してくれる要素が含まれているため、単語の意味を自然にイメージしやすくなります。

英語の本を読みながら知らない単語が出てきたら調べる、ただそれだけなのですが、文脈の中で覚えるため単語と意味の結びつきが強く、効率良く覚えることができるのが特徴です。

語彙力アップに向けた本の選び方は?

暗記に活用する本はどんな内容でもいいですが、難し過ぎる内容ではなく、8割方理解できる内容がいいでしょう。

物語や政治経済など、興味のあるジャンルの本を選ぶと、勉強を続けやすくなります。

単語帳を作る時間がない!という人に

どうしても単語帳を作る時間がない!という人は、市販の単語帳教材を活用して覚えていきましょう。

おすすめの英単語帳教材は左に英単語、右に日本語訳が載っているタイプのもの。

覚える際には発音することが重要となるため、英語だけでは読み方がわからない!という人は、CDがついているものを選ぶか、Web辞書で発音を確認したほうが良いでしょう。

英語中級者におすすめの単語帳は旺文社の『【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)』です。

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

全体は語彙の難易度に応じてRANK1-4まで構成されているので、ご自分のTOEFL目標スコアに合わせて単語学習を進めると良いでしょう。

また、CD付きのため、簡単に単語の発音が確認できます。

Amazonで購入

Kindle版は書籍版よりもお得に購入ができます!

Amazonで購入(Kindle版)

上級者なら同じく旺文社の『【音声アプリ対応】英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)』がおすすめです。

ネイティブの方にとっても英検一級の語彙問題が難しいので、英検一級は英単語勉強の最適なテストと言っても過言ではないでしょう。

【音声アプリ対応】英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

この単語帳のメリットは以下の通りです。

名前の通り、英検過去問の分析に基づいてよく出題される語彙を出る準に掲載しているので、英検学習者に優しいです。

全ての英単語に類義語と対義語が付いているため、単語を類義語と対義語と一緒に覚えると、記憶が定着しやすくなります。

音声アプリ付きのため、手間をかけずに単語の発音を簡単に確認できます。

Amazonで購入

Kindle版は書籍版よりもお得に購入ができます!

Amazonで購入(Kindle版)

上記で紹介した2つの単語帳とも人気商品のため、集中的に語彙力をさらに高めたい方は、お早めに購入しましょう。

アプリを併用して語彙力を強化しよう!

更に語彙力を高めるためにスマホアプリを活用することをオススメします!
通勤・通学中やちょっとしたスキマ時間などにはアプリなどで英単語を暗記して、覚えられなかった単語を、オリジナル単語帳に書き写すことで苦手な単語を潰す事ができます。

スタディサプリシリーズ


スタディサプリは自分のレベルや目的に合わせた学習に活用ができるのでオススメです。
日常英会話やビジネス英会話、TOEIC対策に特化したアプリに分かれていおり、文法解説や英単語だけなどにも分かれているので、とてもオススメです。

有料ですが、高品質な内容なのでコストパフォーマンスは非常に高いと言えます。
無料体験もありますので、試してみたい方はぜひトライしてみましょう!

Duolingo

初心者には非常にオススメのアプリです。
文法や発音などを同時に学習することができます。
テーマごとに1レッスンあたり10分程度で終わるようになっているので、スキマ時間などを使って単語学習をするには最適のアプリと言えるでしょう。

単語学習のやり方について迷った方はまずトライしてみては?

キクタン

英語学習の定番キクタンはアルクが提供している人気書籍で、そのキクタンが音声認識機能を搭載したアプリとしてリリース。

単語学習モードや、音声認識機能を活用した発音練習モード、チャンツモード、自動学習モードがあり、アプリならではの学習ができます。

有料アプリですが、キクタンアプリはBasic+Advanced+Super合本版と、TEST Score 600+800+990合本版、Android版はその2つを含む18のアプリが配信されているので、自分の今のレベルに合わせて活用すると良いでしょう。

mikan

東大生が開発した英単語学習アプリとして有名な【mikan】ですが、何と言っても無料で使えるのが最大の特徴ではないでしょうか。

中学英語、大学受験、TOEIC対策、TOEFL対策など15のコースから、今の自分に合ったコースを選ぶ事ができます。

市販の英単語集に収録されている単語も学ぶ事ができるので、質も高く、学生や社会人の英単語学習にはとても大きな効果が期待できるでしょう。

ネイティブによる発音がついているので、正しい発音を理解しながら単語を暗記する事ができます。
特に英語の初心者の方には発音を理解する、学ぶことはとても重要なので、初心者の方にはぜひおすすめしたいアプリです。

語彙力アップで英語力を底上げしよう!

英語力は語彙力に大きく左右されます。ある程度英語力がついた後、英語力の底上げに重要となるのは、単語をどれだけ覚えているか。

単語が理解できなくては、たとえきちんと聞き取れていても意味がわかりませんよね。

もちろん、覚えることを目標にせず、使いこなすのが最終目標です。

単語をしっかりと覚え、英語力の向上を目指しましょう。

【オススメコンテンツ(一部広告)】

  • この記事を書いた人

1億人の英語 編集部

英語学習サイト「1億人の英語」を運営。

1億人の英語は英語学習初心者向けに、英語の資格試験対策の情報や海外旅行などですぐに使えるフレーズなどを毎月配信。 腰が重くなりがちな英語学習が楽しくなるようなコンテンツを提供するメディアです。

英語講師や英検やTOEICの階級・スコアの保持者、渡航経験のあるライターを迎え、日本人が英語学習を通して実用的だと実感した事柄を軸に、記事をお届けしています。

学びたいことや知りたいことのリクエストは随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
Twitter

-英単語の覚え方
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.