英語で日記を書くコツと使えるフレーズ|毎日続けて語彙力アップ

「英語の勉強をしなければならないのに、なかなか行動に移せない」「教材を買って勉強を始めてもすぐ挫折してしまう」――そのような悩みを抱えている人はいませんか?英語学習のスタート前からつまずきがちな人や初心者におすすめなのが、英語で日記を書くという勉強法です。日記なら1日数行からスタートできる上、手軽で継続しやすく学習効果が高いので、挫折しがちな人にとっても取り組みやすいというメリットがあります。英作文によってライティングスキルを習得できるのはもちろん、英文を考える過程で身に付けた文法や語彙はスピーキングにも役立ち、総合的な英語力アップを期待できるでしょう。
この記事では、英語で日記を書くメリットや書き方のコツ、使える例文などをご紹介します。

英語で日記を書くと得られるメリット

英語を上達させるために欠かせない、学習の習慣化やアウトプットの機会創出という点で、日記が役立つ理由を説明します。

英語学習を習慣化するために、日記を書くことはとても効果的です。その日の出来事を書くという行為は多くの人が手軽に始めやすく、特にノルマもありません。毎日少しずつ続けやすいのが日記のメリットです。

また、日記は書けば書くほど、語彙力や文章力を身に付けることができます。実際に書くことで、英単語の綴りを覚えられるだけでなく、日々の生活に紐付いた表現も学べます。
日記を書くということは、アウトプットの練習にもなります。日常生活での経験がベースなので、覚えた表現は英会話でも役立ちます。日記は自分専用の日常会話テキストとして活用できるでしょう。

英語で日記を書くときのコツ

日記を使った勉強を継続して学習効果を最大化するために押さえておきたいポイントがあります。学習効果をより確かなものにするために、あらかじめ頭に入れておきましょう。

1~2行程度の簡単なものから始める

英語で日記を書く習慣をつけるためには、無理のない量から始めることが大切です。たくさん書くことをノルマにしてしまうと、プレッシャーで挫折しやすくなります。1日に書く量にはこだわらず、少しずつでも良いので、毎日続けることが大切です。
書く方法についても、続けやすさを基準に選ぶと良いでしょう。手書き派には、10年日記など1日のスペースが小さいタイプがおすすめです。スマートフォンで簡単に英語の日記をつけられるアプリもあり、移動時間などスキマ時間を利用したい人に向いています。

初めのうちは真似しながら書く

いきなり書き始めるのが難しい場合は、例文などを参考に始めてみましょう。日記で使う表現や例文を探し、単語を入れ替えながら真似をしているうちに、次第にフレーズを覚えて、応用できるようになっていきます。例文と書き込み式ドリルが一体となった英語日記教材も販売されています。

辞書を引きながら書く

わからない単語や表現がある場合には、しっかりと確認をすることも学習のコツです。調べることで単語が定着しやすくなり、語彙力のアップにつながります。辞書にも例文が載っているので、書くときの参考にしましょう。

書いた日記は添削してもらう

日記を書いた後そのままにしておいては、学習効果は半減です。書き終わった日記を定期的に読み返すと、調べた単語やフレーズなどが記憶に定着しやすくなります。
また、ネイティブスピーカーの添削を受けられると、非常に効果的です。日本にいる外国人を見ても、日本語を上手に話すことはできても、日本語の文章を正確に書ける人は意外と少ないものです。身近にネイティブスピーカーがいなくても、オンラインにはネイティブの先生が英文を添削してくれたり、ユーザー同士で母国語の文章を添削し合ったりできるサービスもあります。添削機能付きの英語学習アプリなどもあるので、自分の学習スタイルに合ったものを活用すると良いでしょう。

日付や天気の書き方

日記を書く上で欠かせない、日付の書き方や天気を表すフレーズについて解説します。アメリカ式とイギリス式に分かれているので、使い分けに注意しましょう。

日付の表記

アメリカ式の表記は、month(月)・day(日)・year(年)の順に書きます。「January」「Jan.」などを使用する場合は、「January 15th,2018」、または省略した形で「Jan.15th,2018」と書き、年の前に「,(カンマ)」を入れるのが一般的です。数字だけで表記する場合には、「1/15/2018」のように、「/(スラッシュ)」で区切ります。

イギリス式の表記は、day(日)・month(月)・year(年)の順に書きます。「January」「Jan.」などを使用する場合は、「15th January 2018」「15th Jan. 2018」となります。数字だけで表記する場合には「15/1/2018」と、アメリカ式同様にスラッシュで区切ります。

天気に関するフレーズ

天気欄がある場合には、単語を使って天気を表します。
晴れは、「「clear(雲ひとつない快晴)」「sunny(快晴)」のほか、「fine」「nice」「beautiful」などを使って表すことができます。曇りには、「cloudy(曇り)」「gloomy(どんよりとした曇り)」などがあります。雨は「rainy(雨)」ですが、「shower(にわか雨)」「drizzle(霧雨)」「pour(土砂降り)」などの細かい表現もあります。
ほかには、「snowy(雪)」「sleety(みぞれ)」「hail(あられ)」「windy(風が強い)」などの表現も一緒に覚えておきましょう。

日記の文中でも、天気について書くことができます。以下の例文を参考に挑戦してみましょう。

It was clear and nice this morning. (快晴で気持ちの良い朝でした)
I was caught in a shower. (にわか雨にあいました)
It was very hot today. (今日はとても暑かった)

日記を書くときに使えるフレーズ

日常生活や仕事について書くときに参考となるフレーズをご紹介します。毎日繰り返す行動は、日記に書きやすいものです。基本の表現を覚えて活用しましょう。

I ate sandwiches for lunch.(ランチにサンドイッチを食べました)

食べたものについて書きたいときには、「eat(食べる)」の過去形である「ate」を使います。「for lunch(昼食に)」「for dinner(夕食に)」をつけると、より丁寧に表現できます。

I went to cafe with my colleagues. (同僚とカフェへ行きました)

出かけた場所について書くときは、「I went to~」を使います。「bank(銀行)」「dentist(歯医者)」「bookstore(書店)」など、その日の行動を書き留めておくのに便利な表現です。
I went to Shinjuku to meet my friends.(友人と会うために新宿へ行った)」など、具体的な地名を入れてもOKです。

I watched a comedy show on TV.(テレビでお笑い番組を見ました)

見たTV番組や映画などについては、「I watched ~」で表現します。具体的なタイトルを入れたいときには、「a movie called ○○(○○という映画)」などと書きましょう。

I got a cold. (風邪をひいた)
I’ve had a cold since last week.(先週から風邪をひいている)

体調についての言い回しも、日記で慣れておきたい表現のひとつです。「a cold(風邪)」の代わりに、「a sore throat(喉の痛み)」「a headache(頭痛)」「a fever(熱)」などを入れるだけで、体調や症状について書くことができます。

I bought a new shirt today.(今日、新しいシャツを買った)

実際にショップで買い物をした場合には、「buy(買う)」の過去形である「bought」を使います。インターネットで買い物をした場合には、「order(注文する)」という動詞を使うので注意しましょう。

仕事に関連した事柄も日記に書くことで、単語やフレーズを覚えるのに役立ちます。

I overslept this morning.(今朝、寝坊してしまいました)
「oversleep(寝過ごす)」の過去形である「overslept」を使います。日常会話でも、遅刻の理由を伝えて謝るときなどに使える表現です。

I made a mistake at work.(仕事でミスをしてしまった)

仕事での間違いや失敗について書くときには、「made a mistake(ミスをした)」という表現を使うことができます。

I left the office on time today.(今日は定時退社しました)

退社時間について書く表現にはほかにも、「work ○ hours overtime(○時間残業する)」「leave the office early(早退する)」などがあります。

I attended the management meeting.(経営会議に出席した)

会議に出席したことを書くには、「attend(出席する)」や「participate in(参加する)」を使います。社内会議から顧客との打ち合わせまで、幅広く使える表現です。

I forgot to send an e-mail to her.(彼女にEメールを送り忘れた)

うっかり忘れてしまったことを表す文章です。わかっていたけど時間がなくてできなかったような場合には、「I could not call her.(彼女に電話できなかった)」のように、「I could not~(~できなかった)」を使いましょう。

英語の日記で表現力を鍛えよう

英語で日記を書き続けているうちに、身の回りの出来事や自分の気分など、日常のちょっとしたことを英語にする力が身に付きます。英会話で日本人が苦手としがちな、自分のことを言葉で表現する練習にもなるので、仕事など日常的に英語を使う人にもおすすめの勉強法といえます。
日記を使った英語学習のコツは、続けられるレベルから始め、コツコツと積み重ねていくことです。続けていくうちに、スラスラと書ける文が増えていくことに気がつくでしょう。まずは日本語で日記を書くような気軽な気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る