音読で英語の力が倍増!正しい音読学習法の本当の効果

2019年8月1日

スマホで英語学習をしている女性

英語の音読は、リスニング力、スピーキング、読解力も鍛えられ、英語の力を総合的に上げる事が出来る学習方法です。
ただ声に出して読むだけの音読は、英語力を高める効果を望めません。

この記事では英語学習における音読がどのような効果をもたらすのか、音読学習法のポイントについてご紹介します。

英語の音読とは?

英語における「音読」とは、一般的にスクリプトを見ながら英語を声に出して読むことを指します。どれだけ英語の発音が苦手でも、音読してみなければ発音は良くならないもの。英語学習において、音読は必要不可欠なトレーニングです。

音読の効果の真偽

「音読するだけで本当に効果があるの?」と疑問に思われる方も少なくないかと思いますが、英語の音読には必ず効果があると言えます。もし効果が出ないとすれば、誤った勉強法を実践しているかもしれません。正しい音読では以下のような効果を得ることができます。

英語の語順を理解できる

英文の意味を理解しながら読むためには、英文を英文の順番で読みながら理解をしていかなければなりません。音読を繰り返すことで、語順のまま意味を理解する訓練にもなります。

英語を速読できるようになる

読み慣れていないとわざわざ和訳したり、読み返したりするので意味を理解するのに時間がかかってしまいます。
音読を繰り返しているうちに、リーディングのスピードアップが可能です。

リスニングスキルが高まる

音読では、英文を会話と同じようなスピードで発声します。
そのため、単語一つひとつの発音や、複数の繋がった単語も聞き取ることができるようになります。

語彙力向上

英語のテキストを声に出して読むことで、英単語の音の情報を耳から受け取るので、書いて覚えるだけよりも英単語を覚えやすくなります。

英語の発音が良くなる

正しい音読を繰り返せば、当然英語の発音も向上します。お手本の発音を聞けば、自分の発音との違いに気付くことができ、自分の発音をより自然なものに矯正することができます。自分の発音をボイスレコーダーなどに録音するのも、発音の改善には効果的でしょう。

インプットとアウトプット

日本の英語教育は英文法・英単語学習や読解が重視され、インプットに偏っています。
これではいざ外国人を前に対話…という場面において、なかなか言葉が出てこないという状況になります。
インプットとアウトプットを繰り返すことで、実践に強くなるというメリットがあります。

効果を最大化する音読のやり方

英語学習において非常に便利な音読ですが、正しい音読を心がけないと、せっかくの効果も半減してしまいます。正しい音読を身に付けるためには、英語をただ読むだけでなく、耳を使ったトレーニングと組み合わせることを意識しましょう。

音読効果を高める3つの意識

音読の効果を高めるには、以下の3点を意識しながら勉強するのがポイントです。

意味を理解しながら音読する

何も考えずにただ英語を読むだけでは、音読の効果も薄れてしまいます。文字・音声と意味を結びつけ、内容を理解しながら声に出すことを意識しましょう。文法と単語の理解を定着させたら、日本語に訳さずに英語のまま内容を理解するのも大切です。

発音を意識しながら音読する

正しい発音を習得すれば、ネイティブスピーカーに近い発音で話せるようになります。発音が良くなるということは、同時に英文を聞き取る力がアップするということも意味しているので、一石二鳥と言えるでしょう。

使えそうな言い回しを意識しながら音読する

日常的に使えそうな言い回しを、積極的に習得していくのも大切です。別途ノートなどを用意して、言い回しを自分なりにリスト化するのも良いでしょう。この積み重ねにより、表現のバリエーションを増やしていくことができます。

学習効果を高める音読4ステップ

具体的には、音声を何度も繰り返すリピーティングや、音声を聞こえたとおりに声に出すシャドーイングが効果的。口だけでなく耳や脳も刺激することで、学習効果も倍増します。

①リピーティング

まずは正しい発音を習得するため、音源のイントネーションや速度をまねて繰り返しましょう。
大切なのは正確に発音すること。

最初のうちはスピードを落とすなどしてリピートをしましょう。

②Read & Look Up

Read&Look Upとは一度音読したら、目線を文章から外して暗唱する方法です。
基本的には文章ごとに、長い場合は区切りのいいところで音源を止めながら暗唱しましょう。

意味を理解できないと暗唱は難しいので、リピーティングで意味を掴めたら実践してみましょう。

③オーバーラッピング

文章を見ながら、音声に合わせて音読をします。
読む時は意味を意識しながら音読をしましょう。
音声のスピードに合わせて音読をする必要がありますので、リピーティングやRead & Look Upの時よりも必然的にスピードが上がります。

④シャドーイング

文章を見ずに、耳から聞いた音声のみを頼りに音読をします。
リスニングと音読の両方を同時にする必要があるため、初めはついていけるスピードから練習をすると良いでしょう。
また、発音やアクセント、リズムなどが正確にできているか、自分の音声を録音して聞いてみると良いでしょう。

音読の教材を選ぼう

音読の教材選びもとても重要です。難しすぎて文章の内容が分からないと効果も少ないので、まずは自分のレベルにあったものを選ぶよう心がけましょう。

英会話・ぜったい・音読 【標準編】-頭の中に英語回路を作る本

音読での英語学習におすすめなのが『英会話・ぜったい・音読 【標準編】-頭の中に英語回路を作る本』です。

こちらの教材では中3レベルの英文を採用しているため、英語の基本をおさらいしながら頭に定着させることができ、特に英語初心者の方にもおすすめです。単語レベルとしても基本的なものばかりで、各レッスンには単語リストも記載されているので、辞書を引く手間も省くことができるでしょう。

全部で12のレッスン、合計で40分の音声が収録されており、同じ内容を何度も繰り返すことで、基礎的な語彙力や構文力を鍛え上げることができます。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング

もう一つ、『みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)』も音読学習にはおすすめです。

この一冊で音読、リスニング、リピーティング、シャドーイングなど、様々なパターンでの学習に活用できるので、同じ英文で総合的な英語スキルを伸ばすことができます。

単語レベルも初心者向けの基礎的なものに限定されているので、「これから本格的に英語学習を始めよう」と考えている方にとっては、まさに理想の一冊と言えるでしょう。

音読学習のポイント

音読の効果を引き出すために意識をしておきたいポイントがあります。
どれも欠かせないポイントなので、以下を意識しながら実践しましょう。

1日20~30回音読する

1分程度で読み終える英文を20~30回ほど読むことを、毎日30分を目安に継続することをオススメします。
一見こんなに繰り返す必要があるの?と思いそうですが、毎日繰り返し行うことで、ネイティブ並のスピーキング力を身につける事が出来ます。
30分程度なら集中力も続き、忙しい人でも時間を捻出しやすいので継続しやすいパターンだと思います。

最近では英語学習アプリも充実していますので、音声ダウンロードなどでトライしてみてはどうでしょうか。

棒読みにならないように

中学・高校では音読トレーニングはそれほど重視されていないことが多く、ネイティブのように話すことに恥ずかしさを感じる人が多いと思います。
しかしここでは恥ずかしがらずにしっかり真似することが上達の近道です。

日本語に訳して読まない

英語と日本語は文章の構成が大きく異なります。
日本語に照らし合わせて、語順を変えて和訳しながら…となると返り読みがおきて読解に遅れが生じます。
また、実際の会話では和訳をしながら発話する余裕はありませんので、英語の語順のまま理解をすることが大切です。

最初はスラッシュリーディングを取り入れよう

最初のうちは英語の語順に慣れるために、意味のカタマリごとにスラッシュを入れて読む「スラッシュリーディング」を取り入れましょう。
これをすることによって英文の構造が理解しやすくなります。

They went/to the movie theater/last Thursday
彼らは行った/映画館/先週の木曜日

どのくらいで効果が見込める?

ここまでご紹介してきた正しい勉強法に基づいて音読学習をおすすめていけば、早ければ1ヵ月で、遅くても3か月すれば確実に効果を感じられるようになります。

ただし、これはできる限り毎日継続したことを前提としているため、2~3日に1回、1週間に1回などと学習の頻度が落ちれば、それだけ効果を実感するのにも時間がかかってしまいます。毎日継続するためにも、通勤中や寝る前の10分など、勉強する時間を日常のルーティンの中にうまく取り入れるのがおすすめです。

音読を英語学習にぜひ取り入れよう

音読をするとき、片手間に聞き流すようなやり方では英語力の向上は期待できません。
意味を理解することで、リスニング、リーディング、スピーキングの力が付き総合的な英語スキルが向上します。

自分のレベルに合った教材を選び、正しい発音を習得できるとともに読解力を高められる音読で、英語学習を軌道に乗せていきましょう。

英語の音読をしっかり学べる教材やアプリはこちらで紹介しています!
音読は英語力UPの近道 音読の効果を最大化するオススメの教材6選

ライター:長坂ヒロ(更新)/1億人の英語編集部(原文)
  • この記事を書いた人
長坂 ヒロ

長坂 ヒロ

▼略歴
WEBライター/翻訳家(英語・ポルトガル語)として活動中。年齢は30代前半。
東京外国語大学外国語学部を卒業後、旅行会社にて海外商品企画や海外添乗業務を担当。学生時代には、大手予備校の英語個別指導講師や答案添削業務を経験。

オーストラリア/ニュージーランドに計1年半在住歴もあり、現在は信州・長野県へ移住。

趣味は海外旅行。渡航経験は約30カ国。年に2~3ヵ月は海外旅行へ。

英語は肩ひじ張って勉強するものではなく、楽しく習得していくもの。英語学習を楽しく継続する方法や、ネイティブが日常的によく使う表現などを発信していきます。

【ブログ】
旅するカモノハシ~「自由ですけどなにか?」~

-リーディング
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.