英語の音読で得られるすごい効果とは?リスニングもスピーキングも!

音読は、英語のリスニングやスピーキングはもちろん、読解力も鍛えられる勉強法です。音読の勉強法にはリピーティングやシャドーイングなどさまざまな種類がありますが、いずれも単純な発音練習にとどめず、聞こえてくる英文に注意深く耳を傾けたり、内容を深く意識したりしながら読むことで、高い学習効果を得られます。では、英語学習の初心者はどのような点を意識して音読をするのが良いのでしょうか。
この記事では、英語学習における音読の重要性や効果を高めるポイントについてご紹介します。

英語の音読で得られる学習効果とは?

音読を英語学習に取り入れることで、学習効果を大きく高められます。まずは、音読でどのような効果を期待できるのかを見ていきましょう。

英語を英語の語順のまま理解できるようになる

音読中は、英語の返り読みが困難です。「きちんと和訳したい」と思っても、読みながら頭の中で正しい日本語に和訳することは難しいため、英語の意味を語順どおりに理解する良い訓練になるでしょう。英語の語順のままに意味を追うと、内容が分断されて感じられ、初めは違和感があるかもしれません。しかし、音読を続けていくと、次第にネイティブスピーカーのように語順のまま意味を取ることに慣れていきます。

英語を速読できるようになる

音読をすると、リーディングのスピードアップを図ることが可能です。黙読だけでは、つい丁寧に日本語に訳したり、意味を確認するために返り読みをしたりしがちです。一方、音読をすると、英語の語順のまま情報が入ってきます。続けていくうちに、日本語の語順に並び替えることなく意味が理解できるようになっていくので、速読のトレーニングにつながります。音読の練習を続けていくと、次第に英文を後戻りせず読み進められるようになっていくでしょう。

リスニングスキルを高められる

音読は音源の速度のまま意味を理解し、発音していく必要があります。発音するためには素早く意味を読解しなければならないため、リスニングスキルが鍛えられます。また、音読を続けていくうちに、単語一つずつではなく、複数の英単語が一つの意味を成すように聞き取れるようになっていきます。情報の固まりとして英語を理解できるようになると、聞き取りも楽になるため、読解スピードが速くなっていくでしょう。

インプットとアウトプットの両方が行える

英語学習では、インプットとアウトプットをバランス良く行うことが大切です。しかし、日本の英語教育では長年文法や英単語学習、読解が重視され、アウトプットが不足しがちでした。アウトプットが少ないと、リーディングは得意でも、いざ外国人を前にして会話をしようとするとなかなか言葉が出てこない、という状況に陥るおそれがあります。音声に合わせて音読練習をすると、英語の音を聞きながら(インプット)、自らも発音する(アウトプット)ため、音読により実践に強くなることが可能です。

語彙力が高まる

さまざまな英文を音読することで、語彙力が高められるのも音読のメリットです。声に出して読むことで、スペルだけでなく音の情報も耳からインプットでき、英単語を覚えやすくなります。また、英文を読解する中で習得した語彙は、英文の内容とともに覚えられるので、英単語を単独で覚えたときよりも忘れづらくなります。

英語学習の効果を高める音読の方法

英語力を総合的に高めたい人に打ってつけの勉強法が音読です。ここでは、学習効果をさらに高められる音読の方法をお伝えします。

音読を始める前に

英語初心者の人で、英文読解に慣れていないうちは、すぐに音読を始める必要はありません。まずは、リーディングで英文の意味を理解できるようになることが大切です。難しすぎる題材は避けて、自分の英語レベルに合った教材を選びましょう。

4ステップで進める効果的な音読方法

リピーティングをする

まずは正しい発音を習得するため、ネイティブスピーカーの音源を用いてセンテンスごとに正確にリピートします。このとき、できる限り音源のイントネーションや速度を真似て繰り返しましょう。特に大切なのは、正確に発音することです。聞こえる英文が速く、同じように発音するのが難しい場合はスピードを落としてリピートすると良いでしょう。

Read & Look upを行う

Read & Look upとは、一度音読したら、目線を文章からはずして暗唱する勉強法です。「Look up」とは、「視線を上げる」という意味です。スクリプトから目をはずして、空で発音することを意識します。基本的にはセンテンスごとに、長すぎる場合は区切りの良いところで音源を切りながら音読します。聞くときも音読するときも、意味をつかめていないと上手く暗唱できません。リピーティングを続けて、音から英文の内容が理解できるようになってきたら、Read & Look upにチャレンジしてみましょう。

オーバーラッピングをする

スクリプトを見ながら、音声に合わせて音読します。オーバーラッピングをする際も、ただ発音するだけではなく意味を理解して発音することを意識しましょう。流れてくる音声のスピードに合わせて音読する必要があるため、自分のみで音読するときよりも自然と速度が上がります。そのため、おのずと読解スピードが求められる勉強法です。慣れてきたら、一文ずつではなく一段落ずつ行ってみましょう。

シャドーイングをする

シャドーイングとは、影のように音声を追いかけて音読する勉強法です。スクリプトを見ずに、耳から聞いた音声のみを頼りに音読する必要があります。そのため、リスニングと音読の両方を全力で行う必要があります。シャドーイングの際に一度止まってしまうと、再開するタイミングを見つけるのが難しいので、初めは十分に付いていけるスピードから練習してみましょう。その後、少しずつ速度を上げてトレーニングすることで、発音だけでなく、アクセントやリズムも身に付けられます。また、「できているつもり」にならないために、自分のシャドーイングの音声を録音して聞いてみると良いでしょう。ごまかしている部分が多ければ、確実に発音できるレベルのリスニング教材に変更して試してみてください。

英語の音読をする際のポイント

音読の効果を引き出すには、「継続する」「英語の語順どおりに理解する」など、意識したいポイントがあります。いずれも音読学習の効果を高めるうえで欠かせない点なので、あらかじめ理解しておきましょう。

1日20~30回音読する

1分以内で読み終わる英文を20~30回ほど読むという音読作業を、毎日30分を目安に続けてみましょう。30分なら集中力が続きやすく、忙しいビジネスパーソンも時間を作って継続しやすいはずです。

棒読みにならないように注意する

英文を機械的に読むのではなく、発音の仕方やリズムを真似るように努めましょう。初めはネイティブスピーカーのように話すのは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、思い切り抑揚を付けて音読することで、発音の上達が期待できます。

日本語に訳して読まない

読みながら、頭の中で日本語に訳さないことを意識しましょう。英語と日本語は文章の構成が大きく異なります。英語は動詞が主語の次に置かれ、肯定か否定かも文頭で判断できますが、日本語は基本的に構造上、最後まで読まないと結論がわかりません。英語を頭の中で和訳するために単語を並び変えてしまうと、必然的に返り読みが生じて読解が遅れます。英語の語順のまま、固まりで意味を理解することが大切です。例えば、「They went to the movie theater last Thursday.」という英文なら、「彼らは行った/映画館/先週の木曜日」というふうに意味が通る文節ごとにスラッシュを入れ、スラッシュリーディングの要領で読解することを心がけましょう。

音読を英語学習に取り入れて、英語力の底上げを図ろう

音読学習をするとき、片手間に英語を聞き流したり読み流したりしても、英語力の向上はあまり期待できません。意味を理解しながら読み進めることで、初めてリスニング、リーディング、スピーキングなどの英語の総合スキル向上につなげられます。音読を始めるときは、レベルの高い教材からスタートすると、つい流し読みをしてしまうおそれがあるので、まずは自分のレベルを知り、確実に理解できる教材を選ぶことが大切です。正しい発音を習得できるとともに読解力を高められる音読で、英語学習を軌道に乗せていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る