音読で英語の力が上がるの?音読学習法の本当の効果とは?

英語の音読は、リスニング、スピーキング、読解力も鍛えられ、英語の力を総合的に上げる事が出来る勉強法です。

しかし、今までやっていたようなただ声に出して読むだけの音読は、英語力を高める効果を望めません。
正しく音読することで、効果的に英語力を高める事が出来ます。

この記事では英語学習における音読がどのような効果をもたらすのか、音読学習法のポイントについてご紹介します。

効果を高める正しい音読とは?

音読学習で効果を高めるにはどのような勉強をすればいいのでしょうか。

音読を始める前に

まず、リーディングで英文の意味を理解できるようになるのが大切なので、いきなり難しい例文のものを用意せず、自分のレベルに合った教材を選びましょう。

学習効果を高める音読4ステップ

①リピーティング

まずは正しい発音を習得するため、音源のイントネーションや速度をまねて繰り返しましょう。
大切なのは正確に発音すること。

最初のうちはスピードを落とすなどしてリピートをしましょう。

②Read & Look Up

Read&Look Upとは一度音読したら、目線を文章から外して暗唱する方法です。
基本的には文章ごとに、長い場合は区切りのいいところで音源を止めながら暗唱しましょう。

意味を理解できないと暗唱は難しいので、リピーティングで意味を掴めたら実践してみましょう。

③オーバーラッピング

文章を見ながら、音声に合わせて音読をします。
読む時は意味を意識しながら音読をしましょう。
音声のスピードに合わせて音読をする必要がありますので、リピーティングやRead & Look Upの時よりも必然的にスピードが上がります。

④シャドーイング

文章を見ずに、耳から聞いた音声のみを頼りに音読をします。
リスニングと音読の両方を同時にする必要があるため、初めはついていけるスピードから練習をすると良いでしょう。
また、発音やアクセント、リズムなどが正確にできているか、自分の音声を録音して聞いてみると良いでしょう。

「音読」がもらたす英語学習の効果

英語の音読学習がどれだけ英語学習の効果を高めてくれるのでしょうか?

英語の語順を理解できる

英文の意味を理解しながら読むためには、英文を英文の順番で読みながら理解をしていかなければなりません。
繰り返すことで語順のまま意味を理解する訓練になるでしょう。

英語を速読できるようになる

読み慣れていないとわざわざ和訳したり、読み返したりするので意味を理解するのに時間がかかってしまいます。
音読を繰り返しているうちに、リーディングのスピードアップが可能です。

リスニングスキルが高まる

音読は英文を会話と同じようなスピードと発音で発声します。
そのため、単語一つひとつの発音や、複数の繋がった単語が意味を成すように聞き取ることができるようになります。

語彙力向上

英語のテキストを声に出して読むことで、英単語の音の情報を耳から受け取るので、書いて覚えるだけよりも英単語を覚えやすくなります。

インプットとアウトプット

日本の英語教育は英文法・英単語学習や読解が重視され、インプットに偏っています。
これではいざ外国人を前に対話…という場面において、なかなか言葉が出てこないという状況になります。
インプットとアウトプットを繰り返すことで、実践に強くなるというメリットがあります。

音読学習のポイント

音読の効果を引き出すために意識をしておきたいポイントがあります。
どれも欠かせないポイントなので、以下を意識しながら実践しましょう。

1日20~30回音読する

1分程度で読み終える英文を20~30回ほど読むことを、毎日30分を目安に継続することをオススメします。
一見こんなに繰り返す必要があるの?と思いそうですが、毎日繰り返し行うことで、ネイティブ並のスピーキング力を身につける事が出来ます。
30分程度なら集中力も続き、忙しい人でも時間を捻出しやすいので継続しやすいパターンだと思います。

最近では英語学習アプリも充実していますので、音声ダウンロードなどでトライしてみてはどうでしょうか。

棒読みにならないように

中学・高校では音読トレーニングはそれほど重視されていないことが多く、ネイティブのように話すことに恥ずかしさを感じる人が多いと思います。
しかしここでは恥ずかしがらずにしっかり真似することが上達の近道です。

日本語に訳して読まない

英語と日本語は文章の構成が大きく異なります。
日本語に照らし合わせて、語順を変えて和訳しながら…となると返り読みがおきて読解に遅れが生じます。
また、実際の会話では和訳をしながら発話する余裕はありませんので、英語の語順のまま理解をすることが大切です。

最初はスラッシュリーディングを取り入れよう

最初のうちは英語の語順に慣れるために、意味のカタマリごとにスラッシュを入れて読む「スラッシュリーディング」を取り入れましょう。
これをすることによって英文の構造が理解しやすくなります。

They went to the movie theater last Thursday
彼らは行った/映画館/先週の木曜日

音読を英語学習にぜひ取り入れよう

音読をするとき、片手間に聞き流すようなやり方では英語力の向上は期待できません。
意味を理解することで、リスニング、リーディング、スピーキングの力が付き総合的な英語スキルが向上します。

自分のレベルに合った教材を選び、正しい発音を習得できるとともに読解力を高められる音読で、英語学習を軌道に乗せていきましょう。

英語の音読をしっかり学べる教材やアプリはこちらで紹介しています!

音読は英語力UPの近道 音読の効果を最大化するオススメの教材6選

「英語の成績は良かったのに話せない…」
英語の成績が良かったのに話せないのは何で??
実はある明確な理由があるのです。

しかもその理由はちょっとしたことで、すぐに超えられるものだということに皆さん気づいていません。

英語が話せないのは英語力が足りないのではなく、簡単に超えられるものを超えてないだけ!その理由についてまとめた記事「日本人が英語をいつまでも話せない理由 | 日本人特有の気質が原因?」をぜひ読んでみてください。

英語スキルを上げるための情報が届く!無料メルマガ登録フォーム

  • この記事を書いた人
1億人の英語 編集部

1億人の英語 編集部

当サイト「1億人の英語」を運営。 様々なシーンで使えるフレーズや英文法の基礎など、日本人が抱えている英語の「苦手」を解決するためのコンテンツを随時配信中。

-リーディング
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.