カテゴリー:その他 

  • 英語の助動詞で表現に幅を!全15種類の助動詞を一覧で解説!

    日本語と違い、英語には助動詞という主動詞の意味を補足する動詞があります。日本語では「~かもしれない」や「~べきだ」という動詞の意味を補う表現がありますよね。英語ではそういった表現は明確に動詞に分類され、「助動詞」(auxiliary verb)と言います。助動詞は日常会話でもビジネスの場合でもよく使われるので、是非この機会に助動詞の意味をしっかりと覚えておきましょう。
    この記事は、まず助動詞の定義と使い方をご説明し、次に最重要助動詞の使い方を15種類詳しくご解説します。最後に助動詞の過去形と助動詞の過去を表す場合についてご紹介します。

  • 社会人必読!大人が学ぶ高校英語の文法まとめ~時制・進行形・完了形~

    英語は日本語と比べて、時制がより一層複雑となっています。英語の時制は過去、現在、そして未来を貫くもので、日本語にない考えを表現することができます。英語に触れる以上、時制の勉強は避けられません。そこで、今回はまず時制の基本的なルールである時制の一致をご紹介します。次に、簡単な時制である「進行形」を説明し、最後にやや難しい時制である「完了形」について解説します。

  • 「関係代名詞」は難しくない!つまづいたら…分からなくなった時の基本の「キ」

    巷では関係代名詞が英語の中で難しい、難易度が高いなんて言われていますが、実際にはそんなことはありません。

    なぜなら関係代名詞は人物や物を詳しく説明したい時に、つなぎの言葉に過ぎないからです。

    具体的には修飾したい英単語の後に「that」、「which」、「who」を置いてそのあとは自分のできる範囲の英語で、説明していけばいいだけなのですから。

    「関係代名詞」なんて大それた名前を何十年も前の教育者がつけたから、難しく感じるだけで、関係代名詞は簡単に言えば、つなぎ言葉

    しかしこのつなぎ言葉を使いこなせると、英語のセンテンスを長くつなげて話すことができ、英語力アップへと活かせることは間違いありません。

    このページではつなぎ言葉(関係代名詞)の使い方を詳しくわかりやすくご説明致します。

  • 副詞的な修飾語・副詞をマスターすれば英語表現は豊かになる!副詞を簡単にマスターする方法!

    英語のライティング、スピーキングをするときは、副詞的な修飾語副詞を使いこなせれば、より明確で具体性のあるコミュニケーションがとれます。

    しかし学校で文章や動詞を修飾する副詞について勉強したけれど、内容をしっかり覚えていないので、自信を持って自分の英語に取り入れることが難しいと感じているのではないでしょうか。

    そこでこのページでは副詞的な修飾語と、副詞をどのように使えば英語表現の幅が広げ、使いこなせるようになるかについてご紹介していきます。

  • 社会人必読!大人が学ぶ高校英語の文法まとめ~受動態・動名詞・不定詞~

    受動態、動名詞と不定詞は高校で勉強する文法項目であり、日常生活でもビジネスの場面でもよく使われます。用法は簡単で、一度覚えてしまうと活用しやすいので、是非ここできちんと勉強しましょう。
    この記事は、まず、受動態の基本文法、能動態との違い及び使い方を紹介します。次に、動名詞の定義と動名詞の用法を述べます。最後に、動名詞の定義、動名詞の用法と動名詞と不定形の違いについて解説します。

  • イギリス英語とアメリカ英語、どっちを学ぶ?2つの違いを解説

    英語には、主にイギリス英語とアメリカ英語があり、文法や発音、言葉の意味などさまざまな点で違いがあります。英語は世界共通の言語として知られていますが、発音や使う英単語によって言いたいことが通じなかったり、違う意味で伝わったりしてしまうケースがあります。そもそも、イギリス英語とアメリカ英語はなぜ違うのでしょうか。また、使い分けるときのポイントはどこにあるのでしょうか。
    この記事では、イギリス英語とアメリカ英語が異なる理由、発音や用法、英単語の違いについてご紹介します。

  • 英語検定3級に挑戦!必要な英語レベルと勉強方法を伝授

    英語関連の資格といえば、英検Rを思い浮かべる人も多いはず。今回ご紹介するのは、中学生までに習得するレベルの英語力が求められる英語検定3級の試験の内容や学習方法についてです。筆記がメインの一次試験に加え、スピーキング力を判定する二次試験がある英検3級、合格に近づくための英検対策をお伝えします。英検受験者必見の英検合格に向けた学習方法、さっそく見ていきましょう。

  • 独学でも大丈夫!英語検定準2級の合格レベルと勉強法

    様々な英語資格がある中で、最もポピュラーな資格と言えるのが英語検定です。英検3級に合格した人が次に目指すのは準2級。
    しかし、3級に比べると難易度があがるので、準2級を受けてみたいけれど、合格するかどうか不安…という人も多いでしょう。そこでこの記事では準2級のレベルやおすすめの勉強法を詳しく紹介していきます。準2級取得を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

  • 英語検定の級別レベルを解説!仕事で役立つのは何級から?

    業務で通用する英語力は英語検定何級からが目安なのでしょうか。
    今回は英語検定、通称「英検」各級ごとのレベルを解説しながら英語の仕事をするために必要な語学レベルを紐解いていきます。
    職種ごとに目指すべき英検レベルも紹介していきます。就職活動や仕事のために英検を受験しようとしている大学生、社会人の方々必見です。

  • 英語で学ぶ、人生を変える名言。偉人の言葉から勇気をもらおう

    今回は、人生に勇気を与える国内外の哲学者や経営者たちなど偉人たちの名言を紹介します。特に、アップル社の創設者であるスティーブ・ジョブズと、ディズニーの創設者であるウォルト・ディズニーの名言に注目。英語と日本語翻訳で彼らの名言を見ていきましょう。また、英語の歌詞でよく使われるフレーズや、映画の中で使われる名言にも触れていきます。

オススメ記事

  1. ビジネスの場で英語を使う機会が増えてくると、「もっと自分の英語スキルをあげたいな」と考えること…

  2. 「英会話できるようになりたいな…」と思う人はたくさんいると思います。学生の時はそれほど必要性を…

  3. 英語で相手の誘いを断るとき、どのようなフレーズが思い浮かびますか。日本人が学校で習う表現には、…

  4. 相手に通じやすい、聞き取りやすい英語を話すときには、発音の他に語句のアクセントも重要です。話す…

  5. 英語の基本ともいえる文法。中学校、高校の授業で一度は学んだはずなのに思い出せない人も多いのでは…

SNSアカウント

ページ上部へ戻る