TOEIC

TOEICはリスニングとリーディング問題で構成されており、就職の重要な指標ともなっています。そのスコアの目安として600点が簡単な会話ややりとりができ、海外に一人で旅行にいける程度、これを多くの企業が最低基準として設けています。また、海外を相手に仕事をするとすれば800点以上はほしいところです。このカテゴリではTOEICでスコアを出すために意識すべきポイントなどについてご紹介をしています。

中途採用時のTOEIC600点は有利になる?基準について解説!

転職を考える際に、密接な関係にあるのがTOEICのスコア。データによると、2019年度新入社員内定者のスコア平均は547点で、世間一般では履歴書に書いてもいいスコアは600点以上と言われています。

ただし、これらはあくまで新入社員の立場であって、これからキャリアアップを目指して転職を考えている方は、ちょっと事情が異なってきます。
「これから転職活動を考えているけれど、TOEICのスコアは正直・・・」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

英語を使う仕事一覧!必要な英語力・TOEICレベルは?

英語を使う仕事に憧れている方は多いと思います。この記事では、業務の一部で英語を使うことのある仕事から英語専門職まで、英語力のレベル別に16の仕事を紹介します。 業務内容、平均年収、どんなシーンで英語を ...

英語初心者はまずTOEIC600点を目指そう!試験対策と勉強法

TOEICのスコアで600点とは、簡単な英語でのやり取りを期待されるビジネスパーソンがクリアしたい最低限のラインです。企業の中にはTOEIC600点をボーダーラインとして設定しているところもあります。
英語初心者でもきちんと勉強をすれば、TOEICで600点を獲得できるのでしょうか。そこで今回は、TOEICで600点をクリアするために求められる英語力と、試験の問題内容と対策のポイント、必要な勉強方法をご紹介します。

TOEIC600点のレベルはどのくらい?就活においての有効性も調査!

TOEIC600点は「履歴書に記載できる(英語力がアピールができる)スコア水準」として知られています。
しかし、コミュニケーション力という観点では世間的イメージとのギャップがあるというのが実情のようです。

この記事ではまずTOEIC開発元の評価スケールや採用選抜での捉えられ方を概観し、そのギャップについて触れ、就転職のツールとしての有効性について解説したいと思います。

TOEIC800点は世界で通用するレベル?評価と実情のギャップ

英語コミュニケーション力を判定するテストといえば日本ではTOEICが代表的です。多くの企業が採用や人事考課の際にTOEICスコアを参考にしており、日本企業でキャリアアップを図る上では目標の1つとなりま ...

TOEICと英検の違いとは?就職・転職をするなら有利なのはどっち?

日本国内で有名な英語の試験といえば、真っ先に浮かぶのが「TOEIC」と「英検」。
進学や就職などで受験をされた方も多いのではないでしょうか?

どちらも英語力を測定するという点においては同じ目的ですが、実際にはどのような違いがあり、就職・転職ではどっちが有利になるか知っていますか?

おそらくその違いをはっきりと説明できる人は少ないのではないでしょうか。
今回はTOEICと英検の違いと詳細、就・転職にどちらが向いているかについてご紹介したいと思います。

TOEICのスコアアップに必要な勉強時間は?無理のない計画が目標達成の鍵

英語力は基本的に、かけた勉強時間と正比例して実力が伸びるといわれています。では、TOEICのスコアを100点上げるためには、どれくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。また、限られた時間の中でどのように勉強を進めれば効率的にスコアアップが可能になるのでしょうか。
この記事では、「これからTOEICの勉強を始めよう」と考えている人のために、TOEICの勉強時間の目安や計画の立て方、効率的な勉強方法をご紹介します。

短期集中でTOEICのスコアアップを目指す!目標設定と勉強の仕方

短期集中でTOEIC(Listening & Reading Test)の試験対策を行うときの方法と、スコアアップのためのコツをご紹介します。まずは一般的に点数アップを狙いやすい、リスニングセクション全般と、リーディングセクション内の語彙と文法の勉強から始めましょう。リスニングは英語を聞くことに慣れるだけでスコアがアップし、リーディングは単語やイディオムの数を増やすだけで点数に結びつきます。また、実際のテストと同じ問題形式に慣れることで、本番のテストでもTOEICのスピード感に戸惑わずに済むでしょう。

TOEICを時間内に解き終わるには?配分の目安と解き方のコツ

TOEICでは制限時間内に数多くの問題を解きます。テストを受けたときに時間が足りず、自分の力を発揮しきれなかった経験を持つ人もいるでしょう。
高校や大学などの受験勉強と同じように、検定や試験を受ける際には、そのテストの傾向を知った上で対策を立てることが大切です。TOEICにおいては、各セクションに関する時間配分を考えることもテスト対策の一つに入ります。
そこで今回は、TOEICを時間内に解き終わりたい人のために、時間配分の目安と解く際のポイントをご紹介します。

TOEICのリーディングをスラスラ解くコツ|「Part7」おすすめの勉強法は?

TOEICのテストの中でも、長文を読み解くPart7は問題数が多く、解答にも時間を割くパートです。難易度の高い問題も出題されるため、苦手意識を持っている人もいるでしょう。しかし、TOEICでスコアアップを図る上で、問題数の多いPart7対策は欠かせません。
スラスラ解けるようになるには、通常の長文読解と同じような対策も必要ですが、TOEICならではの解き方の手順もあります。
そこで今回は、TOEICリーディングセクションのPart7を1問でも多く解き、スコアアップを図るためのコツと勉強法をお伝えします。

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.