TOEICのスコアでわかる英語力の目安とビジネスで通用するスコアとは?

TOEICで高いスコアを獲得し、ビジネスの現場で活用したいという人も多いでしょう。では、どのくらいのTOEICスコアを獲得していれば、企業に評価されると考えて良いのでしょうか。また、英語初心者の人が企業に一定の評価を受けられるレベルのスコアを獲得するためには、どのような勉強をどれくらい積み重ねれば良いのでしょうか。
この記事では、TOEIC受験を検討している英語初心者の人に向けて、TOEICのスコア別のレベルと効果的な勉強法、ビジネスで評価されるスコアの基準についてご紹介します。

TOEICのスコアでわかる英語力のレベル

TOEICのスコアは、リスニング、リーディングのセクションごとに5~495点と5点刻みで算出されます。総合得点は10~990点のテストです。スコアごとのレベルを見ていきましょう。

TOEICのスコア別レベル

400点未満

断片的に知っている単語を理解できますが、コミュニケーションができるレベルには至っていません。レベルアップには、中学英語からの復習が必要です。

400点台レベル

相手が配慮してくれると、日常会話で最低限のコミュニケーションが取れるレベルです。英語初心者の人や、英語に苦手意識のある人が、まず目指したいスコアです。

500点台レベル

日常会話では要点を理解して応答できます。また、限られた範囲なら業務上のコミュニケーションが可能なレベルです。英語の表現力が弱いため、ボキャブラリーを増やす必要があります。

600点台レベル

仕事上の簡単な伝達事項を確認し、コミュニケーションを取ることができるレベルです。また、海外旅行先での食べ物の注文や目的地への道のりなども行えるでしょう。

700点台レベル

日常会話では、どのようなシチュエーションでも英語で適切なコミュニケーションが取れる基礎が身に付いています。会議の案内など、仕事の日常業務で使用する文書を理解できます。

800点台レベル

700点台の英語力に比較して、さらに専門的な文書の内容を把握でき、会議中の込み入った議論についても理解できます。国際部門の仕事を担当する場合は、目指したいレベルです。

900点台レベル

ネイティブスピーカーに近いレベルです。語彙、文法、構文を正確に把握し、流暢に話す力を身に付けています。英字新聞や雑誌を読むことが可能です。

TOEIC目標スコア別の勉強法

スコアごとの英語レベルを押さえたら、次は目標スコアを設定します。目標設定をするためのヒントとスコア別の勉強法をご紹介します。

目標スコアの立て方

TOEIC公式ホームページの「目標設定お助けツール」を活用することで、現状の英語力を推測し、目標スコアを設定できます。ビジネスパーソンの仕事内容別に分かれており、国内基礎業務、海外出張業務、海外駐在業務の3つから自分の仕事に合ったものを選択し、目標スコアを確認できます。
また、まず模試を解いて自分のレベルを知り、目標スコアを立てるという方法もあります。TOEICのスコアを100点伸ばすには、300時間前後かかると言われています。受験日までの勉強時間を勘案し、どの程度スコアアップを望めるか考えてみましょう。例えば、1日2時間勉強するとして、100点アップを目指すには5カ月、50点アップなら2カ月半の期間を要することを想定できます。

スコア別の効率的な学習方法

スコア別の勉強法をお伝えします。ここでは、英語初心者の人が400点(初級レベル)を目指す勉強法をメインにご紹介します。

400点

まずは英語に慣れ、しっかりと基礎を身に付けることが大切です。
初めに、英語の基盤となるルールを覚えるために、中学校レベルの英文法をマスターしましょう。教材は、文法の解説と問題が入ったものを使います。解答・解説が丁寧な、理解が進みやすいものを選ぶと良いでしょう。文法を習得するには、英文の構造やルールを理解することが肝心です。すぐに問題を解くのではなく、まずは解説を読み、理解できているか確認するように問題を解きます。不正解だった問題は解説を再度読み、知識を定着させましょう。

次に、語彙力を強化します。CD付きの単語帳を使い、リスニング対策も兼ねて耳から単語を覚えましょう。単語帳は例文付きのタイプを使うことをおすすめします。英単語を例文から覚えることで、単語がどのように活用されるかを理解できる上に、具体的な状況が頭に浮かぶため、暗記がスムーズになります。最低でも日常会話に必要とされる2000単語、余裕があれば3000単語を目指しましょう。

英単語は、1日100個の習得を目指し、音声を聴く→発音する→意味の暗記を繰り返します。100個を完璧に覚えようとするのではなく、音に耳を慣らし、単語の意味を理解しながら暗記することを意識しましょう。英単語を記憶するには、繰り返し復習することが不可欠です。翌日には、必ず前日に覚えた英単語を再度チェックし、忘れている単語は発音から確認しましょう。

リスニング対策では、比較的やさしい問題が含まれるpart1の写真描写問題、part2の応答問題でできるだけ多く正解できるよう、集中的に対策しましょう。400点レベルのリスニング対策の教材を使い、確実に解ける問題を増やします。
本番が近づいてきたら、公式問題集を時間内で解けるように訓練しましょう。本番どおりに解いてみると、時間内に解き終えることの難しさを実感するはずです。時間配分を意識しながら、わからない問題は飛ばして次にいくタイミングをつかむことが大切です。

なお、TOEICの受験に自信がない人は、初級者向けのTOEIC Bridgeの受験も検討してみましょう。
 

500点

高校卒業程度の英語=大学入試レベルの英文法、英単語をマスターする必要があります。具体的な勉強法は、400点で解説した方法と同様です。文法の基礎固めをするとともに、英単語の習得とリスニングをさらに強化しましょう。暗記する単語は3500単語を目指しましょう。

600点

TOEICの公式教材を重点的に解き、難度の高い文法、構文をしっかりと習得します。リスニングは音を聞くだけでなく、聞いた音を真似て発声するシャドーイングを行い、耳を鍛えましょう。

700点

公式教材を繰り返し解きましょう。間違えた問題の原因を確認するとともに、初見の単語や表現を覚えて、苦手分野を克服し、語彙を強化していきます。また、リスニング、ライティングの両方でスピーディな英文読解力、情報処理能力を身につけることが大切です。

800点

800点を目指すには、繰り返し模試を解き、解答スピードをさらに速めましょう。理解が曖昧な点をクリアにし、重点的に学習します。問題を読んだ後に迷わず、即答できる状態を目指してください。

900点

過去に点数をとりこぼしたセクションがあれば、その項目の対策を徹底します。また、読むスピードを上げるために英文を多読しましょう。英字新聞、ビジネス書、小説など、さまざまなジャンルの英文に触れ、長文を読むための体力を付けます。

ビジネスでPRできるTOEICスコアとは?

まずは自分にとって現実的な目標スコアを達成し、長期的に企業が求めるTOEICスコア獲得を目指しましょう。ビジネスで求められるTOEICスコアを見ていきます。

企業が評価する最低限のTOEICスコアとは?

特に英語を使わない仕事では、企業が社員に求めるスコアの平均は約600点以上とされています。600点以上をクリアできていると、就職活動の場面で一定の英語力があることを伝えられるでしょう。しかし、グローバル化が進展し、企業の要求スコアは上昇傾向にあります。計画的に受験を続けながら、600点をクリアした後も積極的にスコアアップを目指しましょう。

英語を使う仕事で求められるTOEICスコアとは?

大企業、国際部門、海外赴任・出張を伴う職種では、700点以上を求める企業が7割弱を占めています。企業によっては、英語の議論内容が理解できるレベルである800点以上を求められることもあります。

【参考】
「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)

TOEICスコアを計画的にアップさせ、ビジネス英語に自信を

TOEICのスコアが600点を切っていることから、ビジネスで英語力をPRできないと落胆する人もいるかもしれません。しかし、文法、リスニング、リーディングの基礎固めを行い、語彙力も強化していけば、400点未満からでもスコアを伸ばしていくことは可能です。確実にクリアできる目標スコアを定め、一つひとつパスしていくことで、半年後、一年後には必ず違いが現れてきます。コツコツと計画的に勉強を積み重ね、ビジネスにいかせる英語力を身に付けましょう。

ビジネス英語特集

ページ上部へ戻る