【学び直し英文法】英語の【基本5文型】、きちんと理解できていますか?

2022年1月26日


日常にあふれる英文たち…

しかし何度読んでも「意味が正確に分からない!!」という人もいるのではないでしょうか。

英語というのは、他の言語と比べて日本語と文の構造が根本的に違います
だから日本語しか知らなければ読めなくて当たり前なのです。

しかし、英語を全く読めない…というのはちょっと恥ずかしいなと思いませんか?

「洋画を字幕なしで見れたらかっこいいな…」

「英語の歌詞の意味を理解して、世界観に浸りたい…」

「外国人に道案内できたら気持ちいいだろうな…」

と願う人は沢山。

でも、英語をいくら読んでも「???」となる…。

そんな人はある基本的な知識が欠けているのです!

それは【基本5文型】です。

英語はこの基本5文型をマスターすることで、読めるようになってきます

たった5つのパターンで読めるようになるの!?

なんて思う人は、まずこの記事を読んでみてください。

英語の学習を始めるかどうかはそれから決めても遅くありません。

英語の4つの要素を知ろう


まず初めに、英文を構成する4つの要素を理解しましょう。

英語にはS、V、O、Cの要素があり、それぞれ以下のような役割があります。

要素役割品詞
S(主語)主語は文章で説明する動作を行う、人・物・事を指します。名詞・代名詞
V(述語)主語が行う動作や状態を説明します。動詞
O(目的語)動作の対象となるものを指します。名詞・代名詞
C(補語)主語や目的語を補うものを指します。
補語は主語と「=」で結んで表す事ができます。
名詞・代名詞・形容詞など

それぞれの要素には文中での役割があります。
要素ごとの役割をまず理解しておきましょう。

※品詞は英単語の種類です。

また、英文にはこの4つの要素以外に、M(修飾語)という補足的な要素が含まれることがありますが、補足的説明を加える役割なので、この後説明する基本5文型には登場しません

修飾語とは

  • 副詞(例:slowly、politlyなど、形容詞+lyのような形が多い)
  • 前置詞句(例:on the table、to schoolなど)

英語の基本5文型


英語の要素を理解したら、早速基本5文型を解説していきます。
文型はこれらの要素を組み合わせたパターンを分類したもののことを指します。

まずは一覧を見ていきましょう。

文型並べ方意味
第Ⅰ文型S+VSがVする
第Ⅱ文型S+V+CS=C
第Ⅲ文型S+V+OSがOをVする
第Ⅳ文型S+V+O+OSがOOをVする
第Ⅴ文型S+V+O+CSがO=CにVする

それぞれの文型で意味が変わってくることがわかると思います。

第Ⅰ文型 S+V

第Ⅰ文型は主語(S)と動詞(V)のみで構成された非常にシンプルな構成です。
文によっては修飾語(M)が付帯する場合もありますが、この文型では目的語も補語も使われません。

第Ⅰ文型であるか見分けるのに困った場合は、動詞が「自動詞」であるかに着目しましょう。

第Ⅰ文型の見分け方

動詞が自動詞 ⇒ 自動詞は目的語がなくても文が成り立つ。
動詞が他動詞 ⇒ 他動詞とは目的語がないと文が成り立たない

例文で見比べていきましょう。

例文


I
S

walk
V
.
私は歩いた

I
S

give
V

you
O
.
私はあなたに与えた

上記の例文の場合、「walk」は目的語を取らなくても文章として成り立ちますが、「give」の場合、目的語である「you」が抜けてしまうと、文章として不完全となってしまいます。

第Ⅱ文型 S+V+C

続いて第2文型は、第Ⅰ文型に補語(C)が加わります。
主語(S)+動詞(V)+補語(C)の文型で、意味としては「S=C(の状態)である」となります。
この「S=C」を知っておくと、比較的理解しやすい文章です。

例文


She
S

looks
V

happy
C
.
彼女は幸せそうだ。

He
S

is
V

honest
C
.
彼は正直だ。

上記の例文では「彼女=幸せ」「彼=正直」という意味を動詞が繋いでいます。

第Ⅲ文型 S+V+O

第Ⅲ文型は主語(S)+動詞(V)+目的語(O)の文型で、第Ⅱ文型と似ています。
この文型の場合は「SがOにVする」という意味で、「S=O」とはなりません。

動詞で見分けることも可能で、第Ⅲ文型は目的語を取るので、必ず他動詞を使います。

例文


I
S

want
V

a drink
O
.
私は飲み物が欲しい。

She
S

married
V

a rich man
O
.
彼女は裕福な男性と結婚した。

第Ⅳ文型 S+V+O1+O2

第Ⅳ文型は主語(S)+動詞(V)+目的語(O1)+目的語(O2)の文型で、目的語を二つ取っているのが特徴です。

動詞の後に名詞が二つ続いている場合は、第Ⅳ文型の可能性を見ておくと判断しやすいでしょう。

例文


She
S

gave
V

me
O

a nice present
O
.
彼女は私に素敵なプレゼントをくれた。

I
S

told
V

him
O

the story
O
.
私は彼にその話をした。

第Ⅴ文型 S+V+O+C

第Ⅴ文型は主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)の文型で、第Ⅳ文型と似ています。
この文型の意味は「SがOをCだとVする」「SがOをCするのをVする」という意味です。

Sが「O=C(の状態になる)」ためにVするとイメージすると良いでしょう。

例文


He
S

made
V

us
O

happy
C
.
彼は私たちを幸福にした。

We
S

named
V

the cat
O

Tama
C
.
私たちはその猫にタマと名付けた。

最初の文では、「彼は私たちを幸せにした」という意味の英文ですが、彼が「私たち=幸せ」にしたという「O=C」の形が成り立っています。
2番目の文でも、「その猫=タマ」という形が成り立っているのが分かりますね。

文中の修飾語(M)を見分けよう

長い文章になると文中に修飾語が含まれていることが多くなりますが、修飾語は基本5文型に含まれないため、文型を見定められるようになるまでは、文章から修飾語を省いてから判断するのが良いでしょう。

例文


The sun
S

rises
V

in the sky
M
.

例えばこの文章の場合、「The sun」がS、「rises」がV、「in the sky」はMに該当し、この文章は第Ⅰ文型と分類することができます。

例文


I
S

went
V

to the library with my friend yesterday in order to study English
M
.

Mが多くなればなるほど文章は長くなりますが、要素に注目すると実はSVのみで第1文型であることも少なくありません。

英語を話す第一歩は文型から

英語の構造は日本語と全く違うので、理解するのがなかなか大変に感じてしまいますよね。

しかし、英語は日本語よりも規則性の高い言語と言われているため、そのルールをしっかりと把握できていれば、習得は思った以上に難しいものではありません

どんなものでもコツコツと学習を続けることが必要ですが、基礎からしっかりと理解できるようにステップアップしていけば、確実に英語を話せるようになります。

英語の学習は英会話教室やオンライン教材、市販の教材など色々ありますが、どれもそれなりに時間がかかります。

しかし、長い時間をかけたとしても「英語を話せることで得られるメリットや価値観」は、何事にも代え難い貴重な経験となります。

何もしないことで楽だけど拡がらない世界と、努力で拡がる世界、どちらが充実したものになるか…は考えなくても出る答えだと思います。

何かを始めるのに遅過ぎることはない、今この瞬間が一番早いスタートラインです!

英語基礎学習をするならこの教材

「本当の英語力」は5文型で劇的に伸びる

 

教材のポイント(紹介ページより抜粋)

英語力向上の秘訣は、「5文型」にあった!
まずは、この5文型に特化した著者オリジナルの通信コースを受けた中高生たちの喜びの声を聞いてください。

  • 信じられない! 開始1カ月半。学習塾の一斉模試で200人中2番になった! 5文型の力を思い知りました!(岐阜・中学2年)
  • 学校の英語テストでだいたい90点以上とるようになった! もう長文読解も英作文も怖くない!(青森・中学2年)
  • 大の苦手な英語のテストで70点とった! いままで、30、40点が関の山だったのに! 5文型をバカにしていた自分が恥ずかしい(東京・高校1年)

etc.
――そう、暗記に頼るのではなく、英語力を支える土台となっている5文型を徹底的に学んで活用するだけで、ホンモノの力をつけることができるのです。しかも短期間で!
本書では、この劇的な成果を生み出すもととなった通信コースのエッセンスを、豊富な文例とともに余すところなく公開します。
その驚異的な実績で全国からたくさんの喜びの声が寄せられた『「本当の学力」は作文で劇的に伸びる』に続く、“ホンモノ勉強法”シリーズ待望の第2弾――。

英語文型完全トレーニング 第3版

教材のポイント(紹介ページより抜粋)

まず基本の5文型の構造をおさらいして、その文を豊かに複雑にしていく方法、「基本文の拡大法」を徹底トレーニングする。文型と要素の拡大の理解を深める「トレーニングメニュー」と理解したことを実践し駆使できる能力として身につける「英語力をアップする筋力トレーニングメニュー」から構成。MP3形式の音声ファイルを収録したCD-ROM付き。

hiro式・オンライン英会話スクール~自宅留学のすすめ~

教材のポイント


hiro式英会話スクールは動画による講座とテキストで構成された、自学専用の教材です。
大きく以下の3つのステップで構成されています。

  • 英文法の基礎固め(24レッスン)
  • 英会話の練習(125レッスン)
  • 英会話の実践(無料・無制限)

いずれも動画とテキストを組み合わせたシンプルな内容。

3つのステップを順番に上っていくことで、英語力を向上させていくカリキュラムになっています。

【オススメコンテンツ(一部広告)】

  • この記事を書いた人

1億人の英語 編集部

英語学習サイト「1億人の英語」を運営。

1億人の英語は英語学習初心者向けに、英語の資格試験対策の情報や海外旅行などですぐに使えるフレーズなどを毎月配信。 腰が重くなりがちな英語学習が楽しくなるようなコンテンツを提供するメディアです。

英語講師や英検やTOEICの階級・スコアの保持者、渡航経験のあるライターを迎え、日本人が英語学習を通して実用的だと実感した事柄を軸に、記事をお届けしています。

学びたいことや知りたいことのリクエストは随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
Twitter

-英文法
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.