過去の記事一覧

  • TOEICの長文問題をスラスラ解くコツ|「Part7」おすすめの勉強法は?

    TOEICのテストの中でも、長文を読み解くPart7は問題数が多く、解答にも時間を割くパートです。難易度の高い問題も出題されるため、苦手意識を持っている人もいるでしょう。しかし、TOEICでスコアアップを図る上で、問題数の多いPart7対策は欠かせません。
    スラスラ解けるようになるには、通常の長文読解と同じような対策も必要ですが、TOEICならではの解き方の手順もあります。
    そこで今回は、TOEICリーディングセクションのPart7を1問でも多く解き、スコアアップを図るためのコツと勉強法をお伝えします。
  • 英語のことわざ45選|使えるとカッコいい!愛と勇気の厳選集

    日本語と同様に、英語にも多くのことわざがあります。教訓が詰まったことわざを使いこなせると、コミュニケーションの幅が広がります。英語のことわざも、比喩表現が使われることが多く、直訳では意味を取りづらいときがあります。会話の中でふいにことわざが出てきても対応できるよう、事前に英語のことわざを学んでおきましょう。
    この記事では、「努力編」「人生編」「恋愛・結婚編」の3つのテーマで厳選したことわざをご紹介します。
  • 社会人のための英語勉強法|仕事をしながら使える英語を身に付ける!

    使える英語を身に付けたいと考えている社会人にとって、悩みの種は勉強時間の捻出ではないでしょうか。仕事の合間を縫って英語力を上達させるには、限られた時間で効率良く学習することが大切です。学習のコツを押さえて、ビジネスに役立つ実用的な英語力を身に付けましょう。
    この記事では、仕事をしながら英語を上達させるために知っておきたい、効率的な勉強法をご紹介します。
  • 海外旅行の英会話をマスター!シチュエーション別おすすめフレーズ

    待ちに待った海外旅行!でも、気持ちがワクワクする一方で、「英会話が苦手なんだけど、大丈夫かな…」と不安を感じている人はいませんか?
    旅行中に使う英語のパターンはほぼ決まっています。あらかじめ入国審査やホテルのチェックインなどのシチュエーションを想定し、頻繁に使われるフレーズを頭に入れておけば、身構えずに対応できるでしょう。
    今回は、海外旅行時や滞在時に使えるコンパクトな英語フレーズをシチュエーション別にご紹介します。
  • 英語で断る際のお役立ちフレーズ|ビジネスシーンで使える表現満載!

    英語で相手の誘いを断るとき、どのようなフレーズが思い浮かびますか。学校で習う表現には、「I’m sorry.」や「No thank you.」などがありますが、日本語同様、英語にも状況に合わせてさまざまな断り方の表現があります。角を立てずにやんわりと断りたいときや、しつこい誘いをきっぱり断りたいとき、英語ではどのように表現するのでしょうか。
    今回は、英語で断る意思を伝えるためのフレーズを、ニュアンスやシーン別にご紹介します。
  • 英語の語学学習を成功させる9つのポイント|挫折せずに続けられる!

    英語の語学学習を成功させるには、基礎文法を学んだり単語を暗記したりと、たくさんの時間が必要です。気楽に構えて英語学習を始めたところ、「思っていたより大変…」と、道半ばで挫折してしまわないよう、あらかじめ学習のポイントを押さえておきましょう。言語の特徴を押さえて学習を継続していくことで、英語は確実に上達していきます。 この記事では、英語の語学学習を成功させるポイントについてお伝えします。

  • 「よろしく」を伝える英語とは?ビジネス、プライベートでの9シ-ン

    日本語では、さまざまなシーンで「よろしくお願いします」という言葉を口にします。英語では同様の意味を持つ決まり文句はありませんが、挨拶や依頼、会話の締めくくりなど、状況に合わせて近いニュアンスを出すことができます。使うシーンを想定しながら、「よろしくお願いします」の持つ意味を考えてみましょう。
    この記事では、「よろしくお願いします」を意味する、さまざまな英語表現をご紹介します。

  • 英語が苦手だけど仕事で必要な人が、無理なく英語を身に付ける勉強法

    日本人の多くは英語が苦手とよくいわれています。日本に住んでいる限り、日常生活で英語は基本的に必要ないかもしれません。しかし、仕事の取引やメールなどで英語を使う機会があり、勉強する必要がある人も少なくないでしょう。
    日本人が英語に苦手意識を持ちやすいのはなぜでしょうか。この記事では、英語に対する苦手意識の原因と克服のためのポイント、無理なく続けられる勉強法をご紹介します。

  • 英語の電話対応のポイントと例文|もう外国人からの電話も大丈夫!

    英語はある程度できるが、電話だけはどうしても苦手という人がいます。電話は相手の表情が見えず、声も対面のときより聞き取りにくいという点が、苦手意識の背景にあります。しかし、外国人からの電話を受けたときに、「英語の電話は苦手なので」と黙って受話器を置いたり、無言のままほかの人につないだりしてしまうと、自分だけでなく会社の評判まで悪くなってしまいます。この際、苦手意識を払しょくすべく、電話の英語のポイントをしっかりマスターしておきましょう。
    今回は、英語の電話に対応するときのポイントと、シチュエーション別にすぐに使えるフレーズをご紹介します。

  • 英語の発音を上達させるコツとは?日本人が苦手な発音を徹底対策!

    正しい英文を話しているつもりなのにうまく通じず、フラストレーションを感じた経験はありませんか?
    日本人が苦手とする英語の発音には、いくつか種類があります。しかし、弱点を理解して口の形や舌の位置などを繰り返し練習すれば、克服できる可能性があります。また、訛りが強いのに問題なく英語が通じる人がいるのは、全体のリズムやアクセントの位置が正しいためです。
    この記事では、日本人が苦手な発音を中心に、発音の仕方とリズムについてご説明します。







ページ上部へ戻る