ディクテーションは英語力を高めるにはとても有効な勉強法です!

外国語学習においてリスニングは重要ですが、そのリスニング力を高めるのに効果的な「ディクテーション」。中には苦手に感じている人も多いのではないでしょうか。
その「ディクテーション」をしっかりと学習することでリスニング力を鍛え、英語理解の基礎力を高めることができます。
この記事ではその「ディクテーション」のメリットと勉強法、そして効果的な教材の選び方についてご紹介をいたします。

ディクテーションとは?

ディクテーションとは英語の音声を聞き取り、その英文をそのまま書きとっていくというシンプルな勉強法です。
リスニング力を高める勉強法として知られており、英語を学ぶ人にとっては非常になじみがある勉強法です。

勉強法としては非常にシンプルですので、英語の音声を用意し、書き取るための筆記用語を準備すればすぐに始められます。

ディクテーションのメリット

ディクテーションはリスニング力を高めるのに効果的と書きましたが、実際にはどのような効果があるのでしょうか?

英語の聞き取り力UP・語彙力UP

日本語は英語の発音にあまりなじみがないので、聞き取ることが苦手な人が多いのです。文字や読み方は知っていても、実際の発音とのギャップがあり、聞いても単語を認識できないことがあります。
ディクテーションでは英文を聞き流すのと違って、英文を集中して聞きながら一句一句書き取っていくので、知らない単語や認識が異なっていた単語に気付き、語彙力を上げていくことができるというメリットがあります。
また、何度も聞くうちに日本語にはない微妙な発音の違いなどにも気づきやすくなります。

自分の弱点を理解できる

英語にある程度触れていると、英文を読んだり聞き流しをしていても何となく文脈も分かるので、英語が理解できたような気がします。
しかし実はこれでは自分の弱点がどこにあるのかをはっきりと把握することができないのです。
ディクテーションを行うことで、知っている単語が少ない、熟語を知らない、文法が分かっていないなどの弱点を洗い出すことができます。
弱点が分かれば、それを重点的にフォローをすればいいので、効率が良いですよね。

英語力が総合的に向上する

ディクテーションを行うことは、結果として英語力が総合的に向上します。
しかし単純にディクテーションだけを行えばいいということではなく、ライティング力やリーディング力、スピーキング力の向上のための基礎が固まってくるとイメージするとよいでしょう。

ディクテーションのやり方の基本

ディクテーションは、自分のレベルに合った音声で書き取りしていくことが大切です。ディクテーションの基本的な方法を具体的に見ていきましょう。

STEP1:英文を聞く

書き取る前に、何度か英文を試し聞きして、課題にする音声を決めましょう。試し聞きしているときに、英文の難易度を測ります。完全に聞き取れる英文はやさしすぎるので、「概ね聞き取れるが、聞き取れないパートもある」レベルを目安にします。初めは30秒程度の英文を聞き、力が付いてきたら難易度を上げるとともに、時間も伸ばしていきましょう。
インターネットで無料の素材を手に入れるときは、ネイティブ用ではなく、「ESL用(英語学習者用)」にすると、文法のルールにのっとった、英語学習に適した英文を選択できます。

STEP2:英文を流し、一文ずつ書き取る

一文ずつ音を止めて、聞き取った音を丁寧に聞いていきます。その際、2、3語ずつ止めたり、何度も音を聞き直したりして書き留めても構いません。
ただし、見切りをつけることも大切です。何度聞いてもわからない場合は、その部分は飛ばして次へ進みましょう。同じ箇所を10回以上聞く必要はありません。自分で「3回は聞いてみる」「5回以上は聞かない」などのルールを設定するのが良いでしょう。

STEP3:スクリプトと照合する

書き取った英語とスクリプトの内容を照合しましょう。前置詞や冠詞など、単独では大きな意味を持たない小さな単語も正確に聞き取れているか、抜けている単語を一つ残らず確認します。「of」「and」「in」などの短い単語を聞き逃すと、意味を誤解したり、肯定文と否定文を逆に認識したりすることがあるので注意が必要です。

STEP4:スクリプトを発音する

再度ディクテーションにチャレンジする前に、リピーティングやオーバーラッピングをすると、リスニングもスピーキングも鍛えられ、ディクテーションの効果を高められます。
リピーティングは、英文を一文聞くごとに、その音声を真似て繰り返す学習法です。正確に発音することが大切なので、上手く発音できないときは遅めのスピードから始めて少しずつ速めていきましょう。イントネーションはしっかりと再現するように心がけてください。

オーバーラッピングは、スクリプトを見ながら聞こえてくる英文と同じ速度で一緒に重ねて読む音読法です。リピーティングと異なりスピードを速める必要があるため、リピーティングに慣れてきたらチャレンジしてみましょう。オーバーラッピングを続けるうち、読むことでしか理解できなかった英語が、耳で聞いても理解できるようになっていきます。また、同時にスピーキングの練習にもなります。

リピーティング、オーバーラッピングを繰り返して耳を音声に慣らしたところで、再度ディクテーションを行いましょう。

ディクテーションの効果を高めるポイント

ディクテーションを続けて英語を上達させるには、難易度や教材に留意することが大切です。ここでは、ディクテーションを行う上で、意識したいポイントについてお伝えします。

初めは短い文章から始める

長い文章では読解に時間がかかるので、何度も繰り返し音声を聞き、正確に聞き取る力を鍛えるには非効率です。1日30分のディクテーションを行う場合、全体で30秒~1分程度の英文量が妥当です。

省略や音の脱落が少ないスクリプトを使う

英語の発音は、よく単語が省略されたり、音が脱落したりします。単語の省略や音の脱落は英語らしい自然な発音ではありますが、初心者にとっては例外的な表現で、難易度が上がります。まずは基本の文法に沿って作成された英文から始めて、基礎を固めていくことが大切です。そのため、省略が多かったり、リンキング(単語の末尾と直後の単語の先頭の音が合わさり、異なる音になること。リエゾンとも呼ばれる)が強かったりして、こなれた英語が使われがちな海外ドラマや映画の音声ではなく、日本人向けの英語学習用の教材を選びましょう。

興味が持てるテーマを選ぶ

英語の内容に興味が持てると、モチベーションの持続につながります。英語教材の音声が上手く聞き取れるようになってきたら、聞き取るテーマを増やしてみましょう。子供向けのニュースや好きな有名人のインタビュー動画など、興味に合わせて聞いてみると、ディクテーションの学習効率が上がります。どの場合も、必ずスクリプト付きの音声を用意しましょう。
聞き取れない部分が多い海外ドラマも、耳に自信が付いてきたら腕試しに挑戦してみるのも良いでしょう。

ディクテーションの教材の選び方

ディクテーションで全文を書き取るのが難しいと思った人は、まず穴埋め式の教材を使ってみましょう。
穴埋め式ならば聞き取るべきポイントが明確で、文章の中でも重要な単語を埋めるので英文を聞き取る上でのポイントの理解にも繋がります。

ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK

初心者向けの教材です。母音や子音の聞き分けの練習を行ったのちに、長めの英文をディクテーションします。
ステップを踏んでディクテーションを行っていくので、全く自身のない方はこちらをオススメします。

CD付 聞いて書きとる英語リスニング300問

こちらも比較的初心者向けの教材です。日本人には聞きなれないフレーズを中心に出題、短文から会話文とステップアップができます。
語彙力ではなく、発音による聞き分けに苦手意識を持っている方にはオススメの教材です。

スタディサプリENGLISH

リクルートによるスマホ用の学習アプリです。レベル診断から楽しいストーリーで学べるので、なかなか勉強が続かない人でもモチベーションを保ちやすい教材です。
ビジネスや日常英会話、TOEICなど社会人向けにも3つのコースが用意されていますので、目的別に選んでみては?

まとめ

ディクテーションに慣れてきたら、オーバーラッピングやシャドーイングも行うようにしましょう。
シャドーイングでは正しく聞き取れていることが前提となるため、ディクテーションで正しい発音をしっかりと聞き取れるようになったら、正しい発音で話せるように練習をしましょう。

ディクテーションは時間もかかり負担が大きい勉強法ですが、しっかりと行えばリスニング力だけでなく、英語力の総合的な底上げに繋がる勉強法です。ただ何となくやっている勉強を何時間、何日も繰り返すよりも効率的で身に付く勉強法なので、英語を学びたい人はぜひ取り組んでみてください。

SNSアカウント

ページ上部へ戻る