英語の「diet」の意味とは?ダイエットの英語表現を学ぼう

2021年6月29日

近年の健康ブームに伴い、ダイエットを行う方が増えています。

しかし、ダイエットについて英語で話そうとしても、意外とうまく英語にできないもの。そもそもdiet「ダイエット」ってそのまま通じるの?と疑問に感じてしまいますよね。

そこでこの記事ではdiet「ダイエット」という単語の本来の意味を解説したうえで、ダイエットに関する英語フレーズを全部で37個ご紹介します。

海外では健康のためにダイエットに励む方が多く、英語でダイエットについて話すことができれば、外国人との英会話も大いに弾むことでしょう。

ダイエットに関する表現は難解な単語も多いため、ぜひこの機会に身に付けてください!

「diet」の意味


まず初めに、日本語でもお馴染みのdiet「ダイエット」という単語の意味を確認しておきましょう。実は日本語の「ダイエット」は副次的な意味で、本来の意味は大きく異なります。

dietがどういう意味で使われているのか見極められないと、英会話でも混乱してしまう可能性がありますので、まずは2つの意味の違いを明確にしましょう。

dietの本来の意味は「食事」

日本語の「ダイエット」と言えば「食事を制限すること」ですが、英語のdietの本来の意味は「食事」そのもの。

確かにニュアンスとしては少ない量を摂取するという意味が込められていますが、あくまで「規定量摂取する」ことに重きが置かれています。

そのため、日本語のようにdietという単語だけで「減量する、痩せる」という意味を持つことはありません。

例文

You should watch your diet every day.
毎日の食事に目を向けるべきです。

例文

Change your diet for your health.
健康のためにも食事を変えなさい。

上記2文では、いずれもdietをfood「食べ物」に置き換えることができますね。あくまで「食べること」を意味しており、ここでは「食生活」というニュアンスが強くなります。

「ダイエット」という意味


dietのもう一つの意味は、「食事制限」という意味です。

日本語の「ダイエット」と一緒のようにも思えますが、こちらもあくまで「食事摂取」に焦点が当てられており、必ずしも「痩せる」という意味ではありません。

また、何も食べない方法はfasting「断食」という単語が用いられ、dietとは区別されます。近年は日本でも「ファスティング」という言葉が使われるようになったので、覚えるのも簡単でしょう。

例文

I'm on a diet.
私はダイエット(食事制限)中です。

例文

I have to go on a diet.
ダイエット(食事制限)しなくちゃ。

例文

I am dieting.
私はダイエット(食事制限)をしています。

dietを名詞で使う際には、on a diet「ダイエット(食事制限)中」という表現が一般的です。

また、dietには「ダイエット(食事制限)する」という動詞の用法もあるため、I am dieting.「私はダイエット(食事制限)をしています。」という言い方をしても問題ありません。

ダイエットに関する様々な英語表現

ここからは、ダイエットに関する英語フレーズを具体的にご紹介します。

使っている単語は難しく感じられるかもしれませんが、フレーズの型は決まりきっていますので、まずは構文を意識してくださいね。

理想の体型

日本人は外国人に比べると痩せている人が多いため、ダイエットしている旨を伝えると「なぜ?」と聞かれるかもしれません。

そんなときには「こうなりたいから」と理想の体型を伝えると効果的です。型としてはI want to~「私は~したいから」を使えば、どんな表現にも対応することができます。

例文

I want to be skinny.
細身になりたいです。

例文

I want to slim down.
スリムになりたいです。

例文

I want to get curves.
くびれが欲しいです。

例文

I want to make my ankles slimmer.
足首を細くしたいです。

例文

I want to tone up my upper arms.
二の腕をすっきりさせたいです。

例文

I want to get a balanced figure.
体型にメリハリがほしいです。

体型について話すときは、状態の変化を表すgetなどの動詞を使うのがおすすめ。特に女性の方は、get curves「くびれさせる」という表現を覚えておくと非常に便利でしょう。

使役動詞makeを使ったmake O C「~(体の部位)を…にする」も、具体的にどこをどうしたいのかと説明するためにはぴったりです。

体重の増減

日本語の「ダイエット」で重視されるのが、体重の増減。そこでここでは、体重の増減に関する英語フレーズをご紹介しましょう。

例文

I want to lose weight.
痩せたいです。

例文

I've put on some weight.
体重が増えました。

例文

I'm in bad shape.
体型が悪くなってきました。

例文

My pants are getting tight.
ズボンのサイズがきつくなってきました。

例文

I need to drop a size.
服のサイズを下げなくてはなりません。

lose weight「体重が減る」、put on weight「体重が増える」さえ覚えておけば、体重に関する表現はばっちり。この場合のput onは「身に付ける」という意味の熟語として用いられています。

「体型」はshapeの他にも、figure、build、body shapeといった表現が使われることもあります。服のサイズに関しては、go up a size「一つサイズが大きくなる」、drop a size「一つサイズが小さくなる」という言い回しを覚えておきましょう。

食事制限をしている

ダイエット中に友人や知人と食事に出かけるときは、食事制限をしている旨を相手に伝えなくてはいけませんね。そんなときには、下記のようなフレーズを覚えておくと便利です。

例文

I am on a restricted diet.
私は食事制限をしています。

例文

I'm counting my calories.
カロリーを計算しています。

例文

Please do not tempt me!
誘惑しないでください!

例文

I want to eat that so bad.
すごく食べたいなあ。

「食事制限」は直訳するとdietary restrictionsとなりますが、これだと少し固い印象。シンプルにon a diet「ダイエット中」というフレーズを使うことをおすすめします。

また、count one's caloriesは直訳すると「カロリーを計算する」という意味ですが、転じて「食事制限をする」という意味に使われることも。この場合のcountは「計算する」という意味の動詞です。

4文目のso badは「~したくて仕方がない」というニュアンスを持つカジュアルな表現。ダイエット中に何かを無性に食べたい時にはぴったりの表現と言えるでしょう。

失敗・リバウンド

ダイエットした後によく起こりがちなのが「リバウンド」。英語のreboundは「跳ね返ってくる」というのが本来の意味で、「体重が元に戻る」という意味はありません。

「リバウンド」はあくまで和製英語ですので、下記のように言い換える必要があります。

例文

I gave up dieting.
ダイエットを諦めました。

例文

I failed to lose weight.
減量に失敗しました。

例文

I regained some weight.
また体重が増えてしまいました。

例文

I put weight back on after losing weight.
減量したのに、また体重が増えてしまいました。

「失敗」を表す英語フレーズとしては、give up ~ing「~を諦める」、fail to~「~に失敗する」などが便利。

日本語の「リバウンド」のニュアンスを出すためには、「また体重が増えた」、「一度減ったけど増えた」というように、少し遠回しな言い方をしなければなりません。

ダイエットの表現

近年のダイエットブームに伴い、「~ダイエット」といった新しい言葉が次々と生まれました。

最後にダイエットに関する様々なフレーズをまとめてご紹介しますので、ご自身が実際にやったことのあるダイエット法は、ぜひこの機会に英語でも覚えておきましょう!

【ダイエット法】

例文

I'm on a short fast.
私は短期ファスティングをしています。

例文

I'm on a morning banana diet.
私は朝バナナダイエットをしています。

例文

I'm on a low-carb diet.
私は糖質制限ダイエットをしています。

例文

I've tried low-cal diet.
私は以前、低カロリーダイエットをしたことがあります。

例文

I've tried low fat diet before.
私は以前、低脂肪ダイエットをしたことがあります。

例文

I've tried meal replacement diet before.
私は以前、置き換えダイエットをしたことがあります。

ダイエット法を述べる際には、I'm on a 〇〇 diet.「私は~ダイエットをしています。」という構文を使えばOK。

3文目のcarbはcarbohydrate「炭水化物」の略称で、近年話題の「糖質制限ダイエット」を表します。

Morning banana dietのように、dietの前に食材名を持って来れば、「朝バナナダイエット」のように、一つの食材に特化したダイエット法を英語で説明することができますよ。

【ユニークな表現】

例文

I don't like my belly fat.
私は自分のお腹の脂肪が好きじゃありません。

例文

I should shed my beer belly.
このビール腹をへこませなきゃ。

例文

I'm middle age spread.
私は中年太りしています。

続いて、ダイエットに関連した少しユニークな表現もご紹介しましょう。

1、2文目で使われているbellyは「お腹」を意味する単語。belly fatは「お腹の脂肪」、beer bellyは「ビール腹」を意味しています。

3 文目のspreadは何かが広がっている様子を表す名詞。middle age spreadで、文字通り「中年太り」という意味になり、日本語と英語で表現方法がまったく一緒なのが分かりますね。

【その他の表現】

例文

I'm getting round.
最近丸くなってきました。

例文

I should cut down on sugar.
砂糖の摂取を控えなきゃ。

例文

I want to get rid of my stomach flab.
お腹のぜい肉を落としたいです。

例文

The tofu has low calorie.
豆腐はカロリーが低いです。

ダイエットに関するその他の表現は、上記のようなものが挙げられます。

2文目に出てくるcut down「~を減らす(控える)」、3文目のget rid of ~「~を取り除く」は、ダイエットについて話すうえで非常に便利なイディオムと言えます。

4文目のhave low calorieは「カロリーが低い」という意味の定番の言い回し。日本語では「カロリーオフ」と言うことが多いですが、これは和製英語でネイティブには通じません。

カロリーの高い低いは。high calorie「高カロリー」、low calorie「低カロリー」を用いるようにしましょう。

まとめ

ダイエットに関する英語は一見難しそうに見えますが、意外と表現のパターンは多くありません。そのため、パターンを押さえたうえで必要な語彙力さえ身に付ければ、英語初心者の方でも英会話で実践することは十分に可能です。

外国人は健康やボディラインを維持するために、ダイエットに励む方が多く見受けられます。「体重を減らしたい」という共通の目標があれば、一緒にトレーニングをしたり、一緒にウォーキングをしたりと、交友関係をさらに深めることもできるでしょう。

ぜひこの記事でご紹介した英語フレーズを身に付け、ご自身のダイエットについて英会話を実践してくださいね!

【オススメコンテンツ(一部広告)】

  • この記事を書いた人

長坂 ヒロ

▼略歴
WEBライター/翻訳家(英語・ポルトガル語)として活動中。年齢は30代前半。
東京外国語大学外国語学部を卒業後、旅行会社にて海外商品企画や海外添乗業務を担当。学生時代には、大手予備校の英語個別指導講師や答案添削業務を経験。

オーストラリア/ニュージーランドに計1年半在住歴もあり、現在は信州・長野県へ移住。

趣味は海外旅行。渡航経験は約30カ国。年に2~3ヵ月は海外旅行へ。

英語は肩ひじ張って勉強するものではなく、楽しく習得していくもの。英語学習を楽しく継続する方法や、ネイティブが日常的によく使う表現などを発信していきます。

【ブログ】
旅するカモノハシ~「自由ですけどなにか?」~
ぶら~りブラジル

-英会話
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.