リスニング 英会話

英語のリスニングと理解を同時にレベルアップさせるコツとは?

英語を勉強しレベルが上がると、さらなる壁にぶち当たる人もたくさんいます。例えば、「英語を聞き取ることはできるけど、正しく理解できているのか不安…」「実際の英会話になるとワンテンポ遅れてしまい、スムーズな会話にならない」なんてお悩みはありませんか?スムーズな会話のために必要なことは、英語を訳さずに理解する瞬発力。英語力をレベルアップさせるコツを伝授します。

ネイティブが話す英語をリスニングするときに覚えておきたいこと

ネイティブの英会話のクセを理解しておかないと「勉強したのに全くわからない!」という事態に陥ることもあります。さっそく見ていきましょう。

言葉の省略が多い

「しっかり勉強したはずなのに、ネイティブの英語が理解できない」と悩む人もたくさんいるようです。ネイティブスピーカーの話す英語は、必ずしもテキスト通りではありませんよね。スピードもさることながら、言葉や単語の省略が多いことも聞き取りが難しい原因です。
例えば、「Have to~:しなければならない」という表現を「Hafta」と表現することがあります。しかし書き言葉ではほとんど見られないため、知らないと混乱してしまうこともあるかもしれません。英会話ではこのような省略表現がたくさんあります。あらかじめ省略されることを想定して会話に臨む必要があることを把握しておかなくてはなりません。

日本で学んだ英文法通りに会話が進むことはほぼない

学生の頃の英語の授業で大切とされていたのは、文法の正確さですよね。しかし、実際の英会話では、参考書に会話が進むことはほとんどありません。これも、混乱してしまう一因です。

例えば、以下のフレーズ。

I prefer playing outdoors to eating lunch.(私は昼食を食べるよりも外で遊びたい)

「prefer~to」と覚えた人もたくさんいるでしょう。しかし、ネイティブはtoではなくthanを使用することも少なくないよう。正しい文法にこだわらず、伝わればOK!という気持ちが大切です。

ネイティブ英語のリスニングで理解力をアップさせるためのヒント

ネイティブの英語の理解力を高めるためにすべきことは、英語脳を育てることが大切です。英語脳を育てるとは、どういった状態のことを指すのでしょうか。詳しくご紹介します。

「英語脳」を育てるとはどういうこと?

義務教育期間中の英語学習は「英語⇔文字⇔日本語」という考え方が基本ですよね。例えば、外国人に「How are you?」と尋ねられたとしましょう。元気かどうか聞かれている!と頭の中で日本語に翻訳する→「元気だよ=I’m goodだな」と頭の中で考える→「I’m good」と答える、という流れになります。しかし、この方法ではどうしてもワンテンポ遅れが生じてしまい、スムーズに会話をすることができません。
スムーズに会話をするためには、頭の中で日本語に変換することなく「How are you?」→「I’m good」と即座に英語で考えられるような英語脳を育てる必要があります。文字で理解するのではなく物事を英語で考えるようにするクセをつけ、それを繰り返していくことで英語脳が育っていくはずです。

英語脳が育っていないと…

英語脳が育っていないと、聞いたり書いたりするときも翻訳するクセが抜けません。特に困るのは会話のとき。ただでさえ早い英語のスピードについていけなくなり、会話がままならなくなってしまいます。また、英語は必ずしもぴったりの日本語訳があるわけではありません。一致していない言葉に対応できなくなってしまうこともあるでしょう。英会話の上達には英語脳を育てる意識が不可欠です。

英語を訳さずに理解するためのおすすめ勉強法やコツ

英語を頭の中で翻訳せず、そのまま理解するためにはどのような勉強法を取り入れるのが効果的なのでしょう。リスニング力と理解力を上達させるおすすめの勉強法をご紹介します。

発音を直すことから始めよう!

まずは正しい発音を習得することから始めましょう。言語の基本は発音にあり!正しい発音でないと相手にも通じず、きちんと聞き取ることもできません。正しい発音に慣れることで、自ずと相手の英語も理解できるようになるはずです。おすすめの練習法は、ネイティブの英語CDなどを活用し、音声に合わせ声に出して発音するシャドーイング。発音やイントネーション、特有のリズムをそのままマネして音読するトレーニングで、英語に慣れていきましょう。

合わせて読みたい記事
英語の音読で得られるすごい効果とは?リスニングもスピーキングも!

新聞やニュースサイトで英文をたくさん読む

英語の語彙を増やすことも重要です。効果的などはとにかくたくさん読む、多読と呼ばれる方法。教材としておすすめなのは主に以下のようなものです。

  • 英語初心者向けに語彙数を限定した語彙制限本
  • 英文と日本語訳が見開きになった対話本
  • トレンドとニュースがわかる英字新聞
  • スマートフォンで手軽に読める英語ニュースサイト

毎日読んでいくことで、スピードや語彙力がアップします。初めから長文を理解しようとするのではなく、ビジネスなど自分の置かれているシーンで繰り返し使用される単語を拾うことから始めるのがいいでしょう。関連する単語を拾っていくことで意味を把握しやすくなり、理解度は自ずと高まります。毎日英文に触れて語彙力を向上させることで、英語脳を底上げしていきましょう。

アクティブリスニングを意識して

リスニングのコツはアクティブリスニングにあります。アクティブリスニングとは、一般的に話の内容を分析しつつ、相手の話を引き出すテクニックのこと。これは英語学習でも有効です。以下の方法を実践してみましょう。

  1. 相手の話を聞き流すのではなく、何を言うかを予測しながら聞く
  2. 一語一句理解するのではなく、聞き取れたところから全体を予測する
  3. あいづちや質問で会話をコントロールする

1と2は普段のリスニングから意識しておくのがベスト。完璧に聞き取れるようにするよりも、予測しながら話をすることで応用力も身につきます。会話するチャンスがあればあいづちや質問を入れてみるようにしてください。英語力がついてきたと思ったら、オンライン英会話で実践です。ネイティブの会話のクセを知り、マネすることで身につけていきましょう。

英語脳を育てて訳さず理解!

ネイティブが話す単語が拾えるようになってくるだけでも十分ですが、相手の伝えたいことをきちんと理解するためにはさらなる練習が必要となります。現在の英語力を底上げしもっとステップアップを図るなら、英語脳を鍛える練習方法を取り入れましょう。英語の瞬発力が高まれば、英会話力も向上するはずです。英語脳を鍛えて英語上級者を目指してくださいね。

合わせて読みたい記事
ビジネスシーンで英語が聞き取れない!主な原因と効果的な勉強法





-リスニング, 英会話
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.