【忙しい社会人必見】ビジネス英語を60日間で習得できる『Business English Bootcamp』

2021年6月30日

「英語を習得したいけど、仕事が忙しくて時間がない」

「使える英語だけをコンパクトに学習したい」

などと悩んでいませんか?

確かに、仕事と英語学習を両立するのは困難なもの。

仕事で英語を使う機会が増えても、一から学習し直すのはあまりにも時間がかかりすぎてしまいますよね。 

そこでこの記事では、ビジネス英語を60日間で習得することを目指す『Business English Bootcamp~英語が苦手な社会人のためのビジネス英語マスター講座~』(以下、『Business English Bootcamp』)をご紹介します。

ビジネス英語を習得すれば、ご自身のキャリアアップにつながることはもちろん、外資系企業への転職といった新しい可能性も生まれてきます。

仕事で忙しい方も、ぜひビジネス英語を習得して、新たなキャリアへ一歩踏み出してください!

『Business English Bootcamp』とは?

まず初めに、『Business English Bootcamp』がどのような教材なのか、他の教材との違いに注目しながらご紹介します。

アポロ氏は海外在住歴10年以上

『Business English Bootcamp』を提供しているアポロ氏は、ベトナム、シンガポール、カナダなど、海外在住歴が10年以上もあります。

もともと英語圏へ留学経験も無かった方ですが、まったくのゼロから海外へ移住し、カナダの外資系企業で働くまでに英語も上達

現在はコンテンツクリエイターの傍ら、英語コーチとしても活動しており、個別のコーチングサービスは満席状態という人気っぷりです。

教材はたったの12項目のみ

『Business English Bootcamp』は、全部で12個のモジュールから構成されており、ガイダンス的要素の強いモジュール1,2を除き、学習する順番は自由です。

学習前のガイダンス

モジュール1:なぜ日本人は英語が話せるようにならないのか
モジュール2:学習効率を最大化させる英語習得術

実際に英語学習に入る前に、まずは日本の英語レベルを再確認し、教材を最大限活用するための効果的な方法を確認します。

ビジネス英語に特化した『Business English Bootcamp』は、自分なりの方法で無闇に学習しても十分な効果は期待できません。

まずはガイダンスに従い、おすすめの学習法に則して学習を進めるようにしましょう。

実際に学べる内容(モジュール3~12)

  • 電話で使うビジネス英語表現
  • ビジネス英文メールで使う英語表現
  • 英語ミーティングで使う表現
  • 英語で交渉する
  • 英語面接で使う言い回し

モジュール3~12は、学習する順番は自由。

ご自身がどういったビジネスシーンで英語を活用したいかを考え、興味のある分野から学習していきましょう。

60日間でビジネス英語が習得できる

『Business English Bootcamp』の大きな魅力は、60日間でビジネス英語が習得できるという手軽さです。

この「60日間」という数字は、コンテンツ内の動画の数と一致しており、1日1動画を視聴していくとで60日間で完成するという計算になります。

動画1本あたりの再生時間は、たったの5分~10分。

これなら、どれだけ仕事が忙しい方でも「今日は時間が取れない」ということもありません。

本当に60日間でビジネス英語が身に付く?実践レビュー


「本当に60日間でビジネス英語を習得できるの?」と不安に感じる方も多いことでしょう。

そこで、『Business English Bootcamp』を実際に使ってみました!

結論から言うと、60日間でビジネス英語に必要なフレーズを網羅することは十分に可能です。

ここでは、特に筆者が感じた2つの特徴に焦点をあて、『Business English Bootcamp』のメリットをご紹介します。

  1. とにかく実践的
  2. フレーズ学習に特化

メリット 1:とにかく実践的

『Business English Bootcamp』を使ってみて一番に感じたことは、とにかく実践的であること。

他の教材だと、思わず「こんな文章どこで使うの?」と感じてしまう例文もありますが、『Business English Bootcamp』に出てくる例文は無駄なものが一切ありません

よく「TOEICはハイスコアだけど英語は話せない」という方がいますが、これは英語の「勉強」にフォーカスするあまり、実践できていない証拠でもあります。

『Business English Bootcamp』はとにかく英語を「実践」することを想定しているため、ご自身が実際に英語を使っているシーンを想定しやすい教材と言えるでしょう。

メリット 2:フレーズ学習に特化

『Business English Bootcamp』のもう一つの特徴として、フレーズ学習に特化していることが挙げられます。

アポロ氏も「文法は必要ない」、「完璧な英語が話せなかったとしてもカナダの外資系企業でネイティブスピーカーたちと一緒に働くことは可能だ」などとコメントしている通り、いわゆる「英語の基礎」からやり直すことはありません。

この教材の中で重視されている学習法は、以下の3ステップに分けられます。

  1. フレーズを丸ごと覚える
  2. 声に出してアウトプットする
  3. アウトプットを繰り返す

一般的な教材であれば、まずは基礎文法を固め、徐々にフレーズを身に付けていくという流れが一般的です。

しかし『Business English Bootcamp』では、英文法の知識の有無を問わず、まずはフレーズを丸ごと暗記することを前提としています。

フレーズを一旦覚えたら、あとは何度もアウトプットを繰り返すのみ。

アウトプットによって、学習したフレーズを「体で覚える」ことを目指すのです。

この教材が向いている人・向いていない人

ここまでご紹介した特徴やレビューをご覧になって「他の教材とはずいぶん違うな」と感じた方が多いのではないでしょうか?

確かに『Business English Bootcamp』はユニークな方法によってビジネス英語習得を目指すため、向き・不向きがはっきりと分かれる教材と言えるかもしれません。

『Business English Bootcamp』が向いている人、向いていない人は、およそ下記の通りに定義することができます。

  • 向いている人:勉強だと飽きてしまう人
  • 向いていない人:基礎から順に身に付けたい人

向いている人:勉強だと飽きてしまう人

『Business English Bootcamp』は1日1本の動画を視聴することで、たったの60日間でビジネス英語取得を目指す教材。

通常の英文法や単語学習といった基礎を一気に飛ばし、実践的なフレーズを頭に叩き込んでいくのが大きな特徴です。

そのため、いわゆる「勉強」が嫌いな方や、肩ひじ張らず気楽に英語を身に付けたいという方にとっては、ぴったりの教材と言えるでしょう。

向いていない人:基礎から順に身に付けたい人

一方、英文法や単語学習から少しずつ積み上げていきたいという方にとっては、『Business English Bootcamp』は適していません。

特に英文法を固めることは英語学習の基礎だと考えられることが多く、「英語学習なくして英語習得なし」と学校でも教えられてきたことでしょう。

いわゆる「王道」のやり方で英語を伸ばしていきたい方は、まずはご自身が納得いくまで英文法を学習してみてください。

ある程度英文法を固めたうえで『Business English Bootcamp』を利用すれば、実践フレーズが身に付くスピードがアップすると言えます。

費用と購入方法

英語教材を選ぶ際に、やはり気になってくるのが購入費用。

英語学習教材は高額なものが多いため、「購入してダメだったらどうしよう?」と不安になるのは、いたって当然のことです。

しかし『Business English Bootcamp』は、従来の決まりきった英語学習や高額な教材に一石を投じるべく、忙しい方でも手の届きやすい良心的な価格設定がされています。

  • 価格:10,000円
  • 購入方法:公式サイトより購入
  • 全額返金保証あり

購入方法は非常にシンプル。

公式サイトから購入ページに入り、基本情報や決済情報を入力するだけです。

準備が整い次第、教材専用のURLが送られてくるので、案内が来たらどんどん教材を活用していきましょう!

ご紹介した通り、『Business English Bootcamp』は60日間でビジネス英語習得を目指す教材。

10,000円という価格設定は英語学習教材としてかなり良心的だと言えますが、これを60日で日割換算すると、1日あたり166円という驚きの価格になります。

さらに、もし60日間のプログラムを経て効果が感じられなければ、全額返金保証制度を活用することもできます。
(講座終了後7日以内にメールかチャットで連絡。諸条件あり。)

英語学習教材の最大の懸念は「無駄になってしまったらどうしよう」ということ。

『Business English Bootcamp』なら低価格・全額返金保証制度の2点から、ユーザーの不安を取り除いてくれるのです。

Business English Bootcamp公式サイトへ

特典を活用して教材をさらに効果的に活用しよう!

「せっかく教材を購入するなら最大限に活用したい」という方は、ぜひ購入者特典コンテンツも活用してみましょう

『Business English Bootcamp』では、主に以下の5つの購入者特典を用意しています。

  1. Kindle電子書籍プレゼント
  2. 無制限チャットサポート
  3. 業界ビジネス英語フレーズ(PDFレポート)
  4. レジュメ作成ツールの解説
  5. フォローアップメール

(※特典は購入時期や条件により異なる場合があります。)

1つ目のKindle電子書籍プレゼントでは、アポロ氏が執筆している「丸暗記ビジネス英語フレーズ」を無料でダウンロードすることができます。

この電子書籍はKindle読み放題プラン等にも登録されておらず、通常はご自身で購入しないと読むことができません。

全55ページにわたる本では実践的なビジネス英語の例文集がまとめられており、『Business English Bootcamp』と併せて活用することで、表現の幅をグンと広げることができるでしょう。

また、Chatworkを用いた無制限のチャットや、フォローアップメールといったサポート体制もばっちり

どうしても理解できない箇所や疑問点は、直接質問することでクリアにし、さらに理解を深めることができます。

まとめ

「英語に苦手意識を持っている」、「他の教材を使用したけどうまくいかなかった」という方は、そもそも英語の学習法が合っていなかったという可能性が考えられます。

確かに英文法や単語といった基礎を固め、一つずつフレーズを身に付けていくのは、日本における英語教育の「王道」と言えます。

しかし、ご自身のライフスタイルに合わずに途中で挫折してしまっては、いつまで経っても英語を習得できることはありません。

『Business English Bootcamp』は、一般的な教材とは大きく手法が異なり「実践的な英語をどんどん頭に叩き込む」ことをモットーにしてます

1日たったの5分~10分、1日あたり166円という手軽さなら、忙しい社会人の方でも無理なく英語学習を続けていくことができるでしょう。

ビジネス英語を学習すれば、キャリアアップはもちろん、転職や海外移住といった様々な可能性が開けてきます。

ぜひ他の教材とは一風変わった『Business English Bootcamp』でビジネス英語を身に付け、新しい未来に一歩踏み出してみませんか?

こんな方におすすめ

  1. 英文法や単語学習は嫌い!
  2. 実践的な英会話力を手に入れたい!
  3. 普段は忙しいから、学習時間は短めが良い!
  4. 費用面での負担を軽くしたい!
  5. TOEICは点が取れるのに、英会話となるとできない!

Business English Bootcamp公式サイトへ

【オススメコンテンツ(一部広告)】

  • この記事を書いた人

長坂 ヒロ

▼略歴
WEBライター/翻訳家(英語・ポルトガル語)として活動中。年齢は30代前半。
東京外国語大学外国語学部を卒業後、旅行会社にて海外商品企画や海外添乗業務を担当。学生時代には、大手予備校の英語個別指導講師や答案添削業務を経験。

オーストラリア/ニュージーランドに計1年半在住歴もあり、現在は信州・長野県へ移住。

趣味は海外旅行。渡航経験は約30カ国。年に2~3ヵ月は海外旅行へ。

英語は肩ひじ張って勉強するものではなく、楽しく習得していくもの。英語学習を楽しく継続する方法や、ネイティブが日常的によく使う表現などを発信していきます。

【ブログ】
旅するカモノハシ~「自由ですけどなにか?」~
ぶら~りブラジル

-おすすめ記事, その他, オススメ教材
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.