英語で謝る時はTPOに応じて!場面別謝罪フレーズ

2021年2月19日

英語のI'm sorry「ごめんなさい」という表現は誰もがご存知かと思いますが、時と場合によってはこれだけでは不十分なことがあります。どれだけ心を込めて謝罪しても、相手に礼儀正しさや誠実さがしっかりと伝わらなければ、謝罪する意味も減ってしまうでしょう。

そこでこの記事ではI'm sorry以外の謝罪表現や問題の解決法などを、シーンごとに細かく分けてご紹介します。TPOに応じて適切な謝罪表現を使い分け、万が一の際のトラブルを上手に回避していきましょう!

謝罪の基本表現

英語で相手に謝罪する際の基本は、やはりSorryです。ただしあまりにも一般的であるがゆえに、場面によっては相応しくないニュアンスの時も存在します。

「Sorry」を使った謝罪表現

まずは、基本となる「Sorry」を使った謝罪表現からご紹介しましょう。Sorryだけでも文章の形を多少変えるだけで、様々な形に応用することができます。

例文

I'm sorry.
ごめんなさい。

例文

I am sorry that I was late.
遅れてごめんなさい。

例文

I am sorry for the delay.
遅くなってしまい、ごめんなさい。

例文

I am very sorry about that.
それについては本当にごめんなさい。

上から下に行くにつれ、謝罪のニュアンスが強まっていくと言えるでしょう。1つ目の「I'm sorry.」と2つ目の「I am sorry.」については、be動詞のamを省略しているかどうかの小さな違いです。しかし英語では、省略形を使わずに発音するだけでも、相手により丁寧な心象を与えることができるのです。

何について謝罪するのか明確にしたい時には、後ろにforやaboutといった前置詞を伴います。また、謝罪の意をより丁寧に伝えたい時には、veryやdeeplyといった副詞を一言添えてあげても良いでしょう。

もし後ろに名詞ではなく文章を続けたい場合には。I am sorry that~. 「~してごめんなさい。」という形を用いれば、様々なケースにも柔軟に対応することができます。

「Sorry」以外の謝罪表現

「Sorry」を使わずに謝罪する表現では、「apologize」という単語を用いるのが一般的です。直訳すると「謝罪する」という意味の少し堅苦しい動詞ですが、これにより「Sorry」よりも改まった表現となり、誠実さを伝えることができます。

例文

I apologize for the sudden change.
急な変更となり、申し訳ございません。

「apologize」よりもさらに深い謝罪の意を表したい場合には「regret」を使っても良いでしょう。どちらかと言うとビジネスメールにおいてよく使われる表現ですが、こちらも非常に丁寧な印象を与えることができます。

例文

I regret to inform you that the order has been canceled.
大変申し訳ございませんが、注文がキャンセルされたことをお伝えします。

また、日本語の「すみません」に最も近い表現としては、「Excuse me」や「Pardon me」が挙げられます。これは謝罪をしているというよりは、口癖に近いニュアンスで使われる表現とされ、具体的には狭いところを通る時や、くしゃみをした時などに用いられます。「Excuse me」の方が一般的ではありますが、「Pardon me」とすることでより丁寧な印象を与えることも可能です。

例文

Excuse me.
失礼。

例文

Pardon me.
失礼。

友達関係など親しい間での謝罪表現

友人や家族であれば、簡単な単語だけを用いたラフな表現を使うこともできます。同じ会社の同僚などに使うこともできますが、相手との関係性や距離感を考えてから使うようにして下さい。

カジュアルに謝る時

とても仲の良い友人であれば、「Sorry」だけでも問題ありません。また、簡単な単語を使うだけで、謝罪の意を示すことができます。

例文

Sorry.
ごめん。

例文

My bad.
悪かった。

例文

My fault.
(私のせいで)ごめん。

例文

My mistake.
(私のせいで)ごめん。

こうした表現は、基本的に相手とちょっとぶつかったり、軽い謝罪をする際に用いられるものです。「My fault.」や「My mistake.」は自らの否を認めたうえでの謝罪となるため、カジュアルの中にも誠実さを示すこともできるでしょう。

丁寧に謝りたい時

いくら友人であっても、しっかりと謝らなければいけないシーンも出てくるかもしれません。その場合には、「Sorry」だけではあまりにもラフすぎる可能性がありますので、下記のような表現を用いてください。

例文

I'm so(really) sorry.
本当にごめんなさい。

例文

My apologies.
申し訳ありません。

例文

Will you forgive me
許してくれますか?

ただの「I'm sorry」ではなく、「so(really)」という強調をつけるだけでも印象は変わってきます。ただし「so(really)」は強調の副詞としてはカジュアルな印象ですので、友人でない場合には、先述の「very(deeply)」を使うようにして下さい。

ビジネスシーンでの謝罪表現


続いて、ビジネスシーンで使われる謝罪表現をご紹介していきます。おそらく実際に使うケースとしてはビジネスシーンが最も多いかと思いますので、ぜひTPOに応じた謝罪表現を身に付けてください。

社内で謝る時の表現

まずは同じ会社の人に向けて謝罪する表現です。同じ会社でも同僚から上司まで関係性は様々ですので、目上の立場の人に失礼のないよう、十分に注意しましょう。

例文

I am sorry that I forgot to send the attachment.
ファイルを添付するのを忘れており、すみません。

例文

My apologies for my late response.
返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。

例文

I apologize for the delay in replying to your email.
メールの返信が遅くなってしまい、申し訳ございません。

こちらも「Sorry」より「apologize」の方が丁寧、というルールは変わりません。特に送信先に上司が含まれる場合には、「apologize」を用いた丁寧な表現を心がけてください。問題が起きてしまった原因などをセットで明記すると、相手へより誠実な印象を与えることができます。

取引先などに謝る時の表現

続いて、取引先に用いる謝罪表現です。取引先の場合、TPOをしっかりと考慮した謝罪をしないと、今後の関係性にも影響を与えかねません。少し堅苦しい文章が多くなりますが、それによってより深い謝罪の意を示すことができます。

例文

Please accept my sincere apologies.
心からのお詫びをどうかお受け取り下さい。

例文

Please allow me to apologize for the delay.
遅くなってしまったこと、どうかお詫びさせて下さい。

例文

I would like to express my regrets for he inconvenience.
ご不便をおかけしましたこと、心より反省しております。

直訳すると少々不自然な感じがするかもしれませんが、いずれもビジネスシーンでは定番の表現です。特に自社に否があって相手に迷惑をかけてしまった際には、こうした形式ばった文章を心がけるようにしましょう。

ビジネスでの謝罪で使える表現

ここからは、ビジネスシーンの謝罪において使える便利な表現をご紹介していきます。ただの謝罪だけでなく、その背景や今後の対応について触れると効果的ですので、ぜひ参考にしてください。

原因や状況の説明

まずは相手に迷惑をかけることとなった原因を伝える表現です。あまり長くなると言い訳っぽく取られてしまうかもしれませんので、コンパクトに伝えるように意識してください。

例文

The problem(issue) was caused by~.
この問題は~により生じてしまいました。

例文

The defect was due to~.
この問題は~によるものでした。

例文

We are currently looking into the problem.
現在、問題を調査しております。

「caused by~」や「due to~」は、問題の原因を明らかにする定番表現です。同じように「because of」や「as a result」といった表現を用いても良いでしょう。もし原因がよく分からない場合には、取り急ぎ「現在調査中」の旨を相手に伝え、まずは一刻も早く謝罪するのが効果的です。

責任の所在

英語で謝罪する際は、責任の所在を明確にすることも大切です。場合によっては「(自分のせいじゃないけど)ごめんなさい」と聞こえてしまうこともあるので、まずは自分に否があることを認めたうえでお詫びするようにしましょう。

例文

We apologies for the damaged package.
パッケージが欠損しており、大変申し訳ございません。

例文

We have full responsibility for that.
すべての責任は私たちにございます。

取引先などに謝罪する際は、基本的に「Sorry」を使ってはいけません。と言うのも、「Sorry」は必ずしも自分に責任があるとは限らず、「(とりあえず)ごめんなさい」というニュアンスを持ってしまうからです。

自社の否によって相手に迷惑をかけた場合には、責任が自分にあることを認めたうえで謝罪することができる「apologize」や「regret」を用いるようにしましょう。

対処法や解決法の説明

最後に、謝罪をしたうえでの今後の対処法や解決法について解説します。この最後のワンステップを取り入れるだけで、事態をよりスムーズに収束させることができますので、ぜひ定番表現をマスターしてください。

例文

We will happily offer you some discount .
よろこんで割引させていただきます。

例文

We will immediately resend the product.
すぐに商品を再送いたします。

例文

What we can offer is~.
私たちが提案できることは~です。

まずは上記の表現などを用いて、お詫びとして何ができるのかを提示することが大切です。この内容に具体性を持たせることで、取引先も納得してくれる可能性が高くなるでしょう。

例文

I can promise you that~.
~をお約束いたします。

例文

We will make sure not to let this happen again.
こうしたことが二度と起こらないよう十分に気を付けます。

例文

Unfortunately, we are not able to~.
恐縮ですが、~は致しかねます。

今回の反省を今後にどう生かすのかを明記するのも好印象です。もしあまりにも不利な話を持ちかけられた場合には、対応が不可である旨もはっきり伝えてください。

謝罪表現はTPOで使い分けよう

定番の「Sorry」以外にも、謝罪に使うことのできる様々な表現をご紹介しました。使う単語や表現によって、謝罪の丁寧さや深刻さといったニュアンスが大きく異なることがお分かりいただけたでしょう。

謝るという同じ動作でも、使う単語や言い回し一つで、その後の展開が大きく異なってくるものです。日本語と同様ですが、やはり謝罪はいかにTPOをわきまえて使い分けるかが重要となってきますので、普段ビジネスで英語を使う機会がある方は、ぜひこの記事を参考に謝罪に関する便利な表現を身に付けてください。

そして、最後に何よりも大切なことは、謝罪の気持ちを真摯に伝えるということです。どれだけ英語が上手でも伝え方ひとつで相手に与える印象は異なってしまうので、ぜひ心をこめた謝罪を心がけ、万が一のトラブルを上手に回避していきましょう。

【オススメコンテンツ(一部広告)】

  • この記事を書いた人

長坂 ヒロ

▼略歴
WEBライター/翻訳家(英語・ポルトガル語)として活動中。年齢は30代前半。
東京外国語大学外国語学部を卒業後、旅行会社にて海外商品企画や海外添乗業務を担当。学生時代には、大手予備校の英語個別指導講師や答案添削業務を経験。

オーストラリア/ニュージーランドに計1年半在住歴もあり、現在は信州・長野県へ移住。

趣味は海外旅行。渡航経験は約30カ国。年に2~3ヵ月は海外旅行へ。

英語は肩ひじ張って勉強するものではなく、楽しく習得していくもの。英語学習を楽しく継続する方法や、ネイティブが日常的によく使う表現などを発信していきます。

【ブログ】
旅するカモノハシ~「自由ですけどなにか?」~
ぶら~りブラジル

-英会話
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.