スマートスピーカ―があれば手軽に英語学習が始められる!

2020年7月5日

GoogleやAmazonなどが発売しているスマートスピーカーは生活の質を高めてくれる便利グッズとして有名ですが、英語学習としても活用できることをご存じでしょうか?

スマートスピーカーはネイティブと同様の発音や語彙が身に付くこともあり、近年は斬新かつ効果的な英語学習法として注目を集めています。

この記事では、スマートスピーカーを使って英語学習をするメリット、具体的な活用法などについて詳しくご紹介します。初心者から上級者まで、英語のレベルに関らずオリジナルの勉強法を確立することができますよ!

スマートスピーカーとは

「そもそもスマートスピーカーってなに?」という方のために、まずはスマートスピーカーについて簡潔に解説します。

スマートスピーカーは新しい生活スタイルを生む

スマートスピーカーは人工知能(AI)を搭載したスピーカーで、音声で命令をすることで音楽や調べものをしたり、対応機器や周辺機器を揃えることで、家電や照明の制御などを行う事ができます。

スマホで操作することもできますが、スマートスピーカーに話しかけるだけで良いので、手が離せない時や、作業をやりながらでも色々な事ができます

Googleが発売している「Google Nest」やAmazonの「Amazon echo」シリーズはその中でも代表的なスマートスピーカーで広く利用されています。

どうやって使うの?

スマートスピーカーの使い方は非常に簡単。「Google Nest」なら「OK,Google」、「Amazon echo」なら「Alexa」と呼びかけるだけで、スピーカーが音声を認識して、そのあとに続く命令を実行します。

音楽再生や天気予報など基本機能でも十分便利なのですが、「スキル」という追加機能がたくさん用意されており、それを導入することで、スマートスピーカーの機能が拡張されていきます。

また、使っているうちにユーザーの好みを学習していき、個人に最適化されていくのもスマートスピーカーの魅力です。

スマートスピーカーの英語学習スキル

「Google Nest」と「Amazon echo」シリーズそれぞれ、英語学習に役立つスキルが配信されています。
具体的にどのようなスキルがあるのかをご説明していきます。

Google Nest

Google Nestの活用法としては、CNNやニューヨークタイムズなどのニューススキルがあり、ニュースの聞き流しなどで英語を学ぶというやり方があります。

それ以外にも、英語のリスニング問題を出題してくれる「Best Teacher」は、忙しい人にぴったりのアプリ。何か作業をしながらでも利用できる気軽さが大変人気で、ふと空いたスキマ時間も有効に活用することができます。

他にもリスニングを集中的に鍛えることのできる「レアジョブリスニング」、自分の発音を正しい発音と比較できる「英語フレーズリピーター」、短い英作文の練習をその場で行える「Jump-Start!瞬時英訳」など様々なアプリがあるので、いくつか試してお気に入りのアプリを見つけるてみると良いでしょう。

Amazon echo

Amazon EchoはGoogle Nestに比べるとニュース読み上げ系が少ないようですが、スキルの種類が非常に豊富なことで知られています。

例えば、簡単な英語をストーリー調で学習できる「英語で泣けるちょっといい話」や、いざという時のとっさの一言をクイズ形式で学べる「ALSOKあんしん英会話」などは、英語学習アプリとしてだけではなく、ニュースの配信元として設定することも可能です。

他にも英語で楽しめるクイズや、英語名セリフ集といったユニークなスキルが多いので、肩ひじ張らず楽しく英語を勉強したいという方には特におすすめです。

AIと対話で発音の練習

また、スマートスピーカーで英語を学習する方法に、スマートスピーカーのAIアシスタントを相手に英語を学ぶという方法も活用できます。
これは今までになかった英語学習法で画期的な方法じゃないでしょうか。

スマートスピーカーを使った発音矯正

スマートスピーカーを使って発音練習をする方法は非常に簡単!
AIアシスタントの設定をスマホアプリから英語に変更するだけです。同じ英語でも「English(United States)」、「English(United Kingdom)」などと国ごとに分かれているので、英語を習得する目的が明確な方は、ここで目的に合わせた言語設定をしておきましょう。

設定を英語にすれば、必然的に呼びかけを英語で行うことになるので、半ば強制的に英会話を練習することができます。初めのうちはAIがちゃんと自分の英語を聞き取ってくれないこともありますが、発音が矯正されていけば1回で聞き取ってくれるようになるでしょう。

英会話教室だと相手に聞き取ってもらえなくて恥ずかしい思いをすることもありますが、相手が機械なら失敗しても恥ずかしく感じることはありませんね。

スマートスピーカーで使える英語の例文

設定を英語に変更したら、簡単な文章で良いのでどんどん伝える練習をしていきましょう。「何を喋ったらいいのか分からない」という方も多いかと思いますが、そんな方は以下の簡単な例文集を参考にしてみてくださいね。

例文

OK, Google (Alexa),

  • set a timer for 10minutes.「タイマーを10分セットして」
  • set an alarm for 7 a.m.「7時にアラームセットして」
  • play some music.「何か音楽流して」
  • play Beatles on Spotify.「Spotifyでビートルズ流して」
  • turn up (down) the volume.「音を上げて(下げて)」
  • what’s the weather like tomorrow?「明日の天気はどんな感じ?」
  • what's news?「何かニュースはある?」
  • call Taro.「太郎に電話して」
  • add sugar to the shopping list.「買い物リストに砂糖追加して」

導入しやすいのも魅力的

英語学習にも非常に便利なスマートスピーカーですが、利用するための環境や導入コストのハードルの低さもとても魅力的です。

必要な環境

スマートスピーカーを利用するのに必要なものとしては、以下の4点のみです。

  • インターネット環境(Wifi)
  • スマホ
  • スマートスピーカー本体
  • Google(またはAmazon)アカウント

Wifiやスマホはもちろん、GoogleやAmazonのアカウントは持っている方が大多数かと思いますので、基本的にはスマートスピーカー本体さえ購入すれば、すぐに利用開始することが可能です。もしアカウントを持っていない方は、各公式サイトから簡単に作ることができますので、まずはそこからスタートしましょう。

先ほどご紹介した言語設定以外にも、初期設定はお好みに合わせてカスタマイズすることができます。YoutubeやSpotifyといった音楽・動画サービスもアカウントと簡単に紐づけることができますので、ぜひ最初に行っておくことをおすすめします。

いくらで買えるの?

スマートスピーカーの価格は様々ですが、主に数千円~1万円台の価格帯が主流で、非常に手に入れやすいのも魅力的です。

Google Nestならば、コンパクトなサイズが人気の「Google Nest Mini」が6,000円程度、画面付きの「Nest Hub」シリーズは画面サイズによって金額は異なりますが、10,000円を切るものも発売されています。
初代の「Google Home」でも十分で、通販サイトであれば3,000~6,000円程度で販売されています。

一方のAmazon echoシリーズはたくさんのモデルがあるのが魅力的で、壁のコンセントに直接挿せる「Echo flex」ならば3,000円程度、コンパクトなサイズの「Echo dot」ならば7,000円程度、スピーカー機能に優れた「Echo」や「Echo Plus」ならば10,000円台で購入する事ができます。

もっと音にこだわりたい人はちょっとお値段が張りますが、25,000円程度の「Echo studio」がオススメです。

【Amazon echoシリーズ】

液晶画面付きモデルならビジュアルでも学べる

シンプルなデザインが魅力のスマートスピーカーですが、近年はAmazon Echo show5、Google Nest Hubのように、画面がセットになったモデルも人気です。

画面が付いていればPrime VideoやYoutubeなども見れるので、字幕を見ながら学習をすることが可能です。価格も1万円を切るので、金銭的なハードルは決して高くありません。

【Echo showシリーズ】

スマートスピーカーで英語を学習するメリット

英語学習といえば英会話スクール、英語教材、オンライン指導などが一般的かと思いますが、スマートスピーカーならではのメリットもたくさんあります。

初期費用が安い

一番大きなメリットは、やはり初期費用がほとんどかからないということでしょう。英会話スクールであれば入会金がかかることが一般的ですし、そこに教材費などが加算されると初期費用もバカになりません。

スマートスピーカーであれば1万円以下で手に入ることがほとんどですし、シンプルなものなら数千円で購入することができます。アプリの中には有料のものもありますが、一般の教材費と比べたらかなりお手頃価格と言えるものばかりです。

日常のスキマ時間を有効活用できる

日常のふとしたスキマ時間に英語学習できるのも、スマートスピーカーならではのメリットです。英会話スクールや教材を用いた学習だと「1日〇時間」のようにまとまった時間を用意しなくてはなりませんが、スマートスピーカーならそのような制限はありません。

ベッドに横になりながら、エクササイズをしながら、家事をしながらなど様々なシーンで活用することができるので、日常のルーティンの中にも取り込みやすいと言えるでしょう。

人工知能AIが相手ならではのメリット

話しかける相手が人工知能のAIであるからこそのメリットも存在します。例えば相手に自分の英語が伝わらなかったとしても恥ずかしくありませんし、聞き取ってもらえるまで何度でもためらうことなく挑戦することができます。

日本語を話せる外国人講師や日本人の先生の場合には、上手に発音できていなくても汲み取ってもらえることがありますが、AIだと良い意味で汲み取る優しさはありません。しっかりと聞き取ってもらえるまで上達すれば、あなたの発音も正しく矯正された証です。

字幕を活用できる

これは液晶画面付きモデルに限定されますが、英語の音声を聞きながら日本語・英語の字幕を読むことも可能です。

ほとんどの方は日本語に字幕を設定するかと思いますが、英語学習という意味では英語に字幕を設定するのがおすすめ。細かい単語まで発音をチェックすることができるので、リスニング向上に絶大な効果をもたらします。画面を使用しながらシャドーイングやディクテーションを行えば、リスニング学習も非常に便利になりますね。

まとめ

お手頃な価格で手に入るだけでなく、設定も非常に簡単なスマートスピーカーは、他の英語学習にはないようなメリットが盛りだくさん。よりネイティブに近い感覚で英語を使うことができるので、自然な表現や語彙を自ずと習得することができます。

もちろん英語学習以外にも日常生活で役立つ機能が満載なので、生活も便利になり、英語も習得できれば一石二鳥ですね。ぜひ最先端の技術を搭載したスマートスピーカーを活用し、日常的に英語をスキルアップさせていきましょう!

  • この記事を書いた人
長坂 ヒロ

長坂 ヒロ

▼略歴
WEBライター/翻訳家(英語・ポルトガル語)として活動中。年齢は30代前半。
東京外国語大学外国語学部を卒業後、旅行会社にて海外商品企画や海外添乗業務を担当。学生時代には、大手予備校の英語個別指導講師や答案添削業務を経験。

オーストラリア/ニュージーランドに計1年半在住歴もあり、現在は信州・長野県へ移住。

趣味は海外旅行。渡航経験は約30カ国。年に2~3ヵ月は海外旅行へ。

英語は肩ひじ張って勉強するものではなく、楽しく習得していくもの。英語学習を楽しく継続する方法や、ネイティブが日常的によく使う表現などを発信していきます。

【ブログ】
旅するカモノハシ~「自由ですけどなにか?」~

-おすすめ記事, その他
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.