日常会話レベルの英話力を目指す!効果的な学習法とは?

日常会話ができるような英会話力を身につけたい、そんな漠然とした理想をもって勉強をスタートする人も多いのではないでしょうか。しかし、日常会話レベルというと簡単に感じるかもしれませんが、基本的でたくさんのスキルが必要となるもの。日常会話レベルの英会話ができるようになりたい人向けの効果的な勉強方法をご紹介します。

英語学習法1 CD付きのテキストを1冊用意しよう

まずは教材となるテキストを手に入れましょう。英会話力を習得するための教材選びのポイントからご紹介します。

教材の選び方のポイントは

本屋さんに行くとたくさんの英語教材が並び、どれを選べばいいかわからなくなる人も少なくないでしょう。テキスト選びでチェックしたい項目は、主に以下の3つです。

  • 1フレーズごとではなく、ダイアログが書かれている
  • テキスト内にある会話のCDがついている
  • カタカナ読みが書かれている教材は避ける

この項目を押さえているテキストなら、どれを選んでも構いません。ここで大切なのが、繰り返し使えるお気に入りの1冊を見つけること。好みのレイアウトやデザインなど、つい開きたくなるような教材を探し出しましょう。
自己紹介や趣味の話など、実際にありそうなシチュエーションでのフレーズがあるものがベストです。英会話初心者の場合、カタカナ読みがあると安心してしまいがちですが、日本語で置き換えてしまう癖がつくため、日本人の英語が上達しない一因でもあります。正しい発音を身につけるためには、実際の発音を耳で聞いて覚えることが大切です。

自分の英語レベルよりも少し上のものを選ぶ

教材を選ぶ際、どのレベルのものを選ぶかも悩ましいところです。簡単なものでも難しすぎるものでもやる気に直結しないため、自分の英語レベルよりも少し上のものを選びましょう。パラパラとめくってみたときに「わからない単語がいくつかあるけどなんとなく全体の意味がつかめる」と思うものがベストです。また、分厚すぎるテキストは開くのが億劫になってしまうこともあるため、適度なページ数かどうかも確認しておきましょう。

英語学習法2 CDを集中して聞く

教材を手に入れたら、さっそく勉強を開始しましょう。初めはCDを聞きリスニング力をつけることからスタートです。

聞き流すのではなく、意味を考えながら!

こだわって選んだテキストですが、テキストとにらめっこして勉強するのではなくCDを活用しましょう。CDを聞きリスニング力を高めることからスタートします。ここで注意したいのはスマートフォンやテレビを見ながら聞き流すのではなく、意味を考えながら集中して聞くこと。時間があまりなければ、短時間でも構いません。わからない単語があっても、全体の意味がなんとなく理解できればOKです。単語の意味がわからず全体が理解できないようなら、テキストを開いて意味を確認しましょう。

  • 完璧に理解しよう!と気負わない
  • 短い時間でも集中する時間を作る
  • 繰り返し継続してリスニングを続ける

上記の3点を押さえつつ繰り返し英会話を聞き続けることで、耳が英語に慣れてくるはずです。すると、難しい会話も聞き取れた単語をつなぎ合わせることで全体を理解できるようになるでしょう。テキストが進むにつれ難易度が高まり「全くわからない!」という場合には、またはじめに戻って英語耳を育てていきましょう。

テキストはどう活用する?

英会話を聞いていると「単語の意味は全部わかるのに、意味がつながらない…」という場面があるかもしれません。原因としては、社会人になって記憶から抜け落ちてしまった文法の理解が足りていない可能性があります。そんなときにはテキストを開いて英文を確認してみましょう。テキストは辞書のようなイメージで、わからないときや困ったときに開いて活用してください。

英語学習法3 シャドーイングで発音を身につける

リスニング力がついてきたと感じたら、次のステップはスピーキング力です。英会話のスピードに慣れるためのおすすめの方法をご紹介します。

シャドーイングで英語のイントネーションとスピードに慣れよう

テキスト1冊の内容やヒアリングができるようになってきたと感じたら、次はスピーキング力です。英語のスピードに口が慣れず、ここでつまずいてしまう人も少なくありませんよね。スピーキング力を高めるために有効なのは、ネイティブの英語に自分の声を重ねながら口に出す「シャドーイング」と呼ばれる方法。会話のスピードに慣れつつ、正しい発音やイントネーションが自然に身につきます。耳で聴いて理解できても、発音するのは違った難しさがあるはずです。はじめはテキストを音読しながら、CDの発音やイントネーションをとにかくマネしてみましょう。難しい文章はまずゆっくり言う練習をし、それからシャドーイングしてみるのもおすすめです。何度も繰り返しシャドーイングすることで、英語の発音やスピードに慣れることができるでしょう。

実際に英会話で実力を試して

リスニング力とスピーキング力を独学で上達させたら、実際に外国人と会話してみるトレーニング方法を試しましょう。英会話スクールに通うのもいいですが、最近はオンライン英会話やダイレクト通話のできるアプリなど、ネイティブの外国人との会話にチャレンジできるサービスもたくさんあります。こういったサービスなら、リーズナブルに実力を試すことができますよ。初めは頭が真っ白になることを想定し、英作文を用意しておくと安心です。テキストの例文を自分に置き換えるだけでもいいでしょう。失敗してもそれを教訓に繰り返すことで、英会話力を上げていきましょう。

英話力アップのための学習法は「継続」して「やり込む」こと!

英会話力を身につけるためには、継続して学ぶことが大切です。やみくもにいろいろな勉強法に手を出すよりも、1冊のテキストをやり込む方が効果的!英語に慣れたと思ったら、オンライン英会話や体験レッスンなどを利用して、ネイティブとの会話で実力を試してみてください。言語を習得するにも、継続は力なり!繰り返しの英語学習で、使える英語を身につけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加







SNSアカウント

ページ上部へ戻る