1億人の英語 編集部

英文メールを「先生」宛に宛てて書く場合の書き方とは?

日本語で「先生」と言うと、教育現場で教壇に立つ「先生」から、年配の方に対する「先生」、まで幅広い職業や人を指しますが、英語にも同様に場面や相手に応じて一定のマナーが存在します。
敬称は名前に関する大切な部分。敬称を一つ間違えてしまうだけで、思わぬ形で相手に失礼を与えてしまうかもしれません。特に初対面の方や目上の方に失礼なメールを送ってしまうと、その後の人間関係に支障をきたす可能性も出てしまうので、相手に好印象を持ってもらえるよう、事前にマナーをしっかりと押さえておきましょう!

英語のディスカッションの不安解消!すぐに使える場面別フレーズ60選

ビジネス英語で必ず必要になってくるのがディスカッション。海外では個々の意見を述べることが文化として根付いているので、英語を使って自分なりの意見を表現することがとても大切になってきます。

しかし、英語の聞き取りや簡単な会話はできても、ディスカッションやディベートのようなフォーマルな場を苦手とする人は少なくありません。こうした場ではある程度決まったフレーズを覚えて型にはめていくことで、自分の意見をスムーズに述べることができるようになりますので、ぜひこの記事を参考に頻出表現を身に付けていきましょう!

音の繋がりを理解できれば英語リスニング力は確実に上がります!

リスニング能力の向上に欠かせないのが、音のつながりを理解するということ。英語では単語と単語が繋がって発音されたり、前後の音により発音が変化したりすることも多く、単語単体の発音を正しく理解していたとしても聞き取れないケースがたくさんあります。
こうした音の変化を理解できていないと、どうしても文章として英語を聞き取る力が伸びづらいので、この記事を参考に音が変化する仕組みを知り、原因を解消しましょう!

ビジネス英語メールで使える退職・休職・異動・着任&時節の挨拶

ビジネス英語を学ぶうえで、英語力と同じくらい重要なのがビジネスマナー。英語圏では日本と同様、大きな転機や時節に応じてメールを送る文化があり、こうした対応によって取引相手や職場に与える印象も大きく変わってきます。

当記事では、代表的なシチュエーションに応じた挨拶や、季節に応じた挨拶の例文などをご紹介。ぜひ適切で丁寧な文章を心がけて、ビジネスマナーをスキルアップさせましょう!

【リスニング力向上】ディクテーション対シャドーイング 効率的なのは?

英語のリスニングの勉強法としてよく知られている「ディクテーション」と「シャドーイング」。どちらもリスニング力向上には非常に有効ですが、実は効果に違いがあることはあまり知られていません。

そのため、「リスニングを向上させたいけれど、どちらの方法で勉強したらいいのか分からない」と迷っている読者の方も多いかと思います。そこでこの記事では、ディクテーションとシャドーイングについて、その目的や効果の違いを詳しく解説。ご自身が具体的にどのようにリスニング力を向上させたいのか、その目的に応じて適した勉強法を取り入れるようにしましょう!

音読は英語力UPの近道 音読の効果を最大化するオススメの教材6選

英語力の底上げに非常に効果が高いと言われている音読。「音読だけで英語が伸びるの?」と感じる方も少なくないかと思いますが、音読はリーディング・リスニング・語彙力など、総合的な英語力を向上させることのできる魔法の近道なのです。

そこで今回は音読にオススメの教材を6つご紹介。それぞれの教材の特徴もご紹介していきますので、ぜひご自身にピッタリの教材を探してみましょう。

英検準一級の面接(二次試験)に合格するには?失敗しないためのポイント

英検準一級の二次試験では、面接形式が採用されています。一次試験を通過できる英語力があれば合格は決して難しくないものの、十分な対策を練っておかないと思わず足元をすくわれたり、緊張しすぎて実力を発揮できなかったりということにもなりかねません。

この記事では、英検準一級二次面接の具体的な対策方法や、覚えておくと便利な表現などをご紹介。ぜひ傾向と対策を事前に把握して、英検準一級合格を目指しましょう!

ビジネス英語メールの丁寧な締めくくり方|恥をかかないフレーズ20集

学生時代に英語をたくさん勉強した人でも、ビジネス英語は難しいもの。さらにメールとなると、何をどう伝えたらいいのか分からなくて困惑してしまう方も多いのではないでしょうか?

ビジネスメールは相手との良好な関係を保つための重要なツール。締めくくりに用いる表現は型が決まっているので、マナーとして覚えておくことが必要とされます。相手に不快な思いをさせたり、恥をかかないよう、ぜひ事前に定番の表現をに覚えておきましょう!

英検準1級の必須単語数は8000語!単語力チェックと暗記法を紹介

英語のスキルアップとして多くの社会人が志す英検準1級。必要な単語数はおよそ8000語とされており、これは難関大学の入試で必要とされる7000語よりも多い数字です。レベルとしても大学中級と言われているので、一筋縄ではいかないのも準1級の特徴。英検2級と英検準1級との間には大きな壁があると言われるのは、この単語数の違いにも起因するようです。

さらに語彙の種類も日常会話程度とはいかず、社会問題や専門分野に関する難易度の高い単語も必要となってきます。そこでこの記事では、自身の単語力をチェックする方法や、語彙力アップに効果的な暗記方法などをご紹介します。

ネイティブにも伝わる!インスタやSNSで使えるおしゃれな英語フレーズ66選

今や日常において欠かせないアイテムとなったSNS。海外の有名アーティスト、モデル、セレブなどをフォローして、日々の更新を楽しみにしているという方も少なくないでしょう。

でも同時に、「憧れのあの人がどんな内容を発信しているのか、イマイチ内容が分からない」という悩みを抱えている方や、「投稿に対して何か英語でコメントしてみたい!」と感じている方も少なくないはず。そこでこの記事では、SNSやメッセージなど様々な場面で使えるおしゃれな英語フレーズをご紹介します。ネイティブらしいおしゃれな表現を身に付けて、ぜひSNSをもっと楽しいものにしてみませんか?

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.