600点

中途採用時のTOEIC600点は有利になる?基準について解説!

転職を考える際に、密接な関係にあるのがTOEICのスコア。データによると、2019年度新入社員内定者のスコア平均は547点で、世間一般では履歴書に書いてもいいスコアは600点以上と言われています。

ただし、これらはあくまで新入社員の立場であって、これからキャリアアップを目指して転職を考えている方は、ちょっと事情が異なってきます。
「これから転職活動を考えているけれど、TOEICのスコアは正直・・・」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

英語初心者はまずTOEIC600点を目指そう!試験対策と勉強法

TOEICのスコアで600点とは、簡単な英語でのやり取りを期待されるビジネスパーソンがクリアしたい最低限のラインです。企業の中にはTOEIC600点をボーダーラインとして設定しているところもあります。
英語初心者でもきちんと勉強をすれば、TOEICで600点を獲得できるのでしょうか。そこで今回は、TOEICで600点をクリアするために求められる英語力と、試験の問題内容と対策のポイント、必要な勉強方法をご紹介します。

TOEIC600点のレベルはどのくらい?就活においての有効性も調査!

TOEIC600点は「履歴書に記載できる(英語力がアピールができる)スコア水準」として知られています。
しかし、コミュニケーション力という観点では世間的イメージとのギャップがあるというのが実情のようです。

この記事ではまずTOEIC開発元の評価スケールや採用選抜での捉えられ方を概観し、そのギャップについて触れ、就転職のツールとしての有効性について解説したいと思います。

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.