TOEIC対策を立てたい人へおすすめの記事

就職や転職、これからのキャリア転換において英語力を重視している人は多いと思います。
社会人にとってTOEICで高スコアを出すことは、今後の昇進やキャリアアップの有効な手段であることは言うまでもないと思います。
国際化・グローバル化が一段と進み、英語が話せることが当たり前となりつつある今、一定水準の英語力があれば就転職の幅を広げることにもなるので、今後ぜひ身につけていきたい能力の一つだと思います。

しかし、TOEICで高スコアといっても、「どのくらいあればいいの?」「どうやって勉強したらいいの?」と思う人も多いのではないでしょうか。
特に既に社会人である人たちは日々の仕事に追われているので、時間の捻出も簡単ではなくできるだけ無駄になるようなことはしたくないですよね。

ここでは、就転職に向けて英語の力を高めたいと思っている人に向けて、TOEICに関する記事をご紹介します。
まず、ビジネスで通用するTOEICのスコアがどのくらいかについてお話しましょう。

ビジネスで通用するTOEICのスコア

一般的に企業が「英語力が一定水準ある」と判断されるラインは600点以上と言われています。
これは「ある程度英語の力がある」と判断しているもので、英語を専門とした仕事に就けるレベルというものではありません。

外資系企業や上場企業の海外事業部などで活躍をしようとするのであれば、スコアは足りていないとみて良いでしょう。
では、就活に有利なTOEICのスコアとは一体何点ほどあれば良いのでしょうか?

また、現在の自分のスコアがどの程度のレベルのものかを知っておくと良いでしょう。

TOEICと並んですぐに思い浮かぶ英語の試験と言えば「英検」ですよね。
特に就職などで言えば、「TOEIC」と「英検」の二つが英語の能力試験としてツートップとなると思います。
もちろん「英検」もある程度の級以上を取得していれば就転職に有利となります。

「TOEIC」と「英検」の違いといえば、まずその出題形式が異なります。
TOEICは受験者全てが同じ問題で、その正答率でスコアが算出されます。
それに対し「英検」は受験する級ごとに出題される内容と難易度は異なり、それぞれの合格ラインに達していなければいけません。

内容の異なる二つの試験ですが、ある程度レベルについては比較することができます。
ここでは二つの試験の違いと、レベルの比較についてご紹介します。

試験で高スコアを出すために

試験は制限時間内に多くの問題を解かなければなりません。時間が足りずに全て解く事が出来ず、スコアを取れなくて悔しい思いをした人も多いのではないでしょうか。

TOEICは2つのセクション、7つのパートに分かれており、計200問が出題されます。
これを全て解き高スコアを取るためには、時間配分がカギとなります。

時間が足りずに…というような思いをしないためにも、時間配分のコツとポイントを押さえておきましょう。

TOEICのPart7は長文読解の問題で全てのパートの中でも出題数が多いため、最難関のパートと言われています。
そのため、高スコアを目指す人にとっては力を抜くことのできないパートであることは言うまでもありません。

いかに多くの問題を解くかがカギとなりますので、長文をすらすらと読める力が必須となります。
Part7で解き残しがおきないためのポイントをご紹介します。

社会人のためのTOEIC勉強法

社会人にとって勉強のための時間捻出は大きな一つの課題。
英語力は時間をかけた分身に付くと言われており、忙しい毎日の中でどうやって十分な勉強のための時間を割くかが重要です。

とは言え、時間は限られていますので、今のレベルにあった無駄のない勉強法をしっかりと把握して、目標到達への道筋を立てましょう。

受験を決めたら次は勉強の計画を立てます。
なるべく短い期間で効果を最大化させるためには、無作為に勉強するのは得策ではありません。

英語学習を始めて間もない、TOEICのスコアや今の英語力に自信がない人は、まず就職の水準となる600点を目標としましょう。
TOEICの600点とは英語の基礎がきちんとしているというラインでもあるので、難しい勉強に取り組む必要はなく、
中学~高校で学んだ内容をしっかりと押さえておくことから始めると良いでしょう。

英語を学ぶ上で心得ておきたいのは、いきなりハイレベルなものに取り組まず基礎から着実に積み上げていくこと。
基礎をしっかりと積み上げていき力をつけていくことで、難しい問題にも取り組む事が出来ます。

継続することが大事ですので、今の実力をしっかりと理解した上でステップアップしていく計画を立てましょう。


Copyright© 1億人の英語 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.