[toeic スコア]に関する記事一覧です。

  • TOEICのスコアアップに必要な勉強時間は?無理のない計画が目標達成の鍵

    英語力は基本的に、かけた勉強時間と正比例して実力が伸びるといわれています。では、TOEICのスコアを100点上げるためには、どれくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。また、限られた時間の中でどのように勉強を進めれば効率的にスコアアップが可能になるのでしょうか。
    この記事では、「これからTOEICの勉強を始めよう」と考えている人のために、TOEICの勉強時間の目安や計画の立て方、効率的な勉強方法をご紹介します。

  • 短期集中でTOEICのスコアアップを目指す!目標設定と勉強の仕方

    短期集中でTOEIC(Listening & Reading Test)の試験対策を行うときの方法と、スコアアップのためのコツをご紹介します。まずは一般的に点数アップを狙いやすい、リスニングセクション全般と、リーディングセクション内の語彙と文法の勉強から始めましょう。リスニングは英語を聞くことに慣れるだけでスコアがアップし、リーディングは単語やイディオムの数を増やすだけで点数に結びつきます。また、実際のテストと同じ問題形式に慣れることで、本番のテストでもTOEICのスピード感に戸惑わずに済むでしょう。

  • TOEICを時間内に解き終わるには?配分の目安と解き方のコツ

    TOEICでは制限時間内に数多くの問題を解きます。テストを受けたときに時間が足りず、自分の力を発揮しきれなかった経験を持つ人もいるでしょう。 高校や大学などの受験勉強と同じように、検定や試験を受ける際には、そのテストの傾向を知った上で対策を立てることが大切です。TOEICにおいては、各セクションに関する時間配分を考えることもテスト対策の一つに入ります。
    そこで今回は、TOEICを時間内に解き終わりたい人のために、時間配分の目安と解く際のポイントをご紹介します。
  • 英語のライティング力を身に付ける方法|書く練習はなぜ必要?

    仕事などで英語が必要となると、スピーキングのスキルアップに意識が集中しがちです。しかし、英語の習得にはスピーキングも含めた4つのスキルが重要で、その中には文章を作文するライティングも含まれます。 ライティングを行うと、自分の英語力を目で見て確かめることができます。また、英会話でも使える表現力が身に付くこともあります。
    そこで今回は、英語のライティング力を身に付けるのにおすすめの勉強法などをご紹介します。
  • TOEICの長文問題をスラスラ解くコツ|「Part7」おすすめの勉強法は?

    TOEICのテストの中でも、長文を読み解くPart7は問題数が多く、解答にも時間を割くパートです。難易度の高い問題も出題されるため、苦手意識を持っている人もいるでしょう。しかし、TOEICでスコアアップを図る上で、問題数の多いPart7対策は欠かせません。
    スラスラ解けるようになるには、通常の長文読解と同じような対策も必要ですが、TOEICならではの解き方の手順もあります。
    そこで今回は、TOEICリーディングセクションのPart7を1問でも多く解き、スコアアップを図るためのコツと勉強法をお伝えします。
  • 社会人のための英語勉強法|仕事をしながら使える英語を身に付ける!

    使える英語を身に付けたいと考えている社会人にとって、悩みの種は勉強時間の捻出ではないでしょうか。仕事の合間を縫って英語力を上達させるには、限られた時間で効率良く学習することが大切です。学習のコツを押さえて、ビジネスに役立つ実用的な英語力を身に付けましょう。
    この記事では、仕事をしながら英語を上達させるために知っておきたい、効率的な勉強法をご紹介します。
  • 英語が苦手だけど仕事で必要な人が、無理なく英語を身に付ける勉強法

    日本人の多くは英語が苦手とよくいわれています。日本に住んでいる限り、日常生活で英語は基本的に必要ないかもしれません。しかし、仕事の取引やメールなどで英語を使う機会があり、勉強する必要がある人も少なくないでしょう。
    日本人が英語に苦手意識を持ちやすいのはなぜでしょうか。この記事では、英語に対する苦手意識の原因と克服のためのポイント、無理なく続けられる勉強法をご紹介します。

  • 英語の電話対応のポイントと例文|もう外国人からの電話も大丈夫!

    英語はある程度できるが、電話だけはどうしても苦手という人がいます。電話は相手の表情が見えず、声も対面のときより聞き取りにくいという点が、苦手意識の背景にあります。しかし、外国人からの電話を受けたときに、「英語の電話は苦手なので」と黙って受話器を置いたり、無言のままほかの人につないだりしてしまうと、自分だけでなく会社の評判まで悪くなってしまいます。この際、苦手意識を払しょくすべく、電話の英語のポイントをしっかりマスターしておきましょう。
    今回は、英語の電話に対応するときのポイントと、シチュエーション別にすぐに使えるフレーズをご紹介します。

  • 英語の発音を上達させるコツとは?日本人が苦手な発音を徹底対策!

    正しい英文を話しているつもりなのにうまく通じず、フラストレーションを感じた経験はありませんか?
    日本人が苦手とする英語の発音には、いくつか種類があります。しかし、弱点を理解して口の形や舌の位置などを繰り返し練習すれば、克服できる可能性があります。また、訛りが強いのに問題なく英語が通じる人がいるのは、全体のリズムやアクセントの位置が正しいためです。
    この記事では、日本人が苦手な発音を中心に、発音の仕方とリズムについてご説明します。

  • もう英語の会議は怖くない!会議開催メールの文例と会議中の話し方

    英語の会議に参加するのは緊張するものです。まして英語が苦手な人やビギナーレベルの人ならなおさらでしょう。しかし、会議の前に頻繁に使われる英単語を押さえておけば、少なくとも内容がさっぱり理解できないという心配はありません。さらに、会議進行や意見を伝える際に使われるフレーズを知り、発言する機会があれば使ってみましょう。 この記事では、会議でスムーズに意見を発言するために便利なフレーズを解説とともにご紹介します。

オススメ記事

  1. 「英語の勉強をしなければならないのに、なかなか行動に移せない」「教材を買って勉強を始めてもすぐ…

  2. グローバル化が進む現代では、英語を母国語とする取引先や同僚らと酒席を共にする機会がいつ訪れると…

  3. 音読は、英語のリスニングやスピーキングはもちろん、読解力も鍛えられる勉強法です。音読の勉強法に…

  4. よく耳にするのになかなか覚えられない英単語や、仕事で頻繁に使う英語のフレーズは、単語帳を作って…

  5. 海外の人との普段のやり取りは、今や国際電話ではなく、メールが主流です。ただ、問い合わせや発注な…

ページ上部へ戻る