[英語 勉強法]に関する記事一覧です。

  • 自動詞と他動詞の特徴と違い|動詞を見分ける必要性と簡単な見分け方

    英語の動詞には自動詞と他動詞がありますが、意味や使い方の違いをご存じでしょうか。それぞれの特徴をしっかりと把握し、見分けられるようになると、一文の中で動詞が多数出てくるような英文も読解しやすくなります。また、ライティングをする際は自動詞と他動詞を使い分けられると、表現の幅が広がるでしょう。
    この記事では、自動詞と他動詞の基礎知識とそれぞれを見分ける必要性、見分け方のポイントについてご紹介します。

  • 短期集中でTOEICのスコアアップを目指す!目標設定と勉強の仕方

    短期集中でTOEIC(Listening & Reading Test)の試験対策を行うときの方法と、スコアアップのためのコツをご紹介します。まずは一般的に点数アップを狙いやすい、リスニングセクション全般と、リーディングセクション内の語彙と文法の勉強から始めましょう。リスニングは英語を聞くことに慣れるだけでスコアがアップし、リーディングは単語やイディオムの数を増やすだけで点数に結びつきます。また、実際のテストと同じ問題形式に慣れることで、本番のテストでもTOEICのスピード感に戸惑わずに済むでしょう。

  • ディクテーションで英語力をアップ!効果的なやり方とポイントとは?

    ディクテーションとは、聞こえてきた英語音声の一語一句を書き留める学習法です。実際に書き取ることで、英単語をどのくらい聞き取れているのかがはっきりわかるので、自分の実力を見極めるのに役立ちます。リスニング対策を続けてきたのになかなか成果が上がらないときや、英語学習において自分のウィークポイントがどこにあるのか見えてこないときは、ディクテーションを行ってみてはいかがでしょうか。
    この記事では、ディクテーションの効果と実践方法、成果を上げるポイントについてご紹介します。

  • 英語のライティング力を身に付ける方法|書く練習はなぜ必要?

    仕事などで英語が必要となると、スピーキングのスキルアップに意識が集中しがちです。しかし、英語の習得にはスピーキングも含めた4つのスキルが重要で、その中には文章を作文するライティングも含まれます。 ライティングを行うと、自分の英語力を目で見て確かめることができます。また、英会話でも使える表現力が身に付くこともあります。
    そこで今回は、英語のライティング力を身に付けるのにおすすめの勉強法などをご紹介します。
  • TOEICの長文問題をスラスラ解くコツ|「Part7」おすすめの勉強法は?

    TOEICのテストの中でも、長文を読み解くPart7は問題数が多く、解答にも時間を割くパートです。難易度の高い問題も出題されるため、苦手意識を持っている人もいるでしょう。しかし、TOEICでスコアアップを図る上で、問題数の多いPart7対策は欠かせません。
    スラスラ解けるようになるには、通常の長文読解と同じような対策も必要ですが、TOEICならではの解き方の手順もあります。
    そこで今回は、TOEICリーディングセクションのPart7を1問でも多く解き、スコアアップを図るためのコツと勉強法をお伝えします。
  • 社会人のための英語勉強法|仕事をしながら使える英語を身に付ける!

    使える英語を身に付けたいと考えている社会人にとって、悩みの種は勉強時間の捻出ではないでしょうか。仕事の合間を縫って英語力を上達させるには、限られた時間で効率良く学習することが大切です。学習のコツを押さえて、ビジネスに役立つ実用的な英語力を身に付けましょう。
    この記事では、仕事をしながら英語を上達させるために知っておきたい、効率的な勉強法をご紹介します。
  • 英語の語学学習を成功させる9つのポイント|挫折せずに続けられる!

    英語の語学学習を成功させるには、基礎文法を学んだり単語を暗記したりと、たくさんの時間が必要です。気楽に構えて英語学習を始めたところ、「思っていたより大変…」と、道半ばで挫折してしまわないよう、あらかじめ学習のポイントを押さえておきましょう。言語の特徴を押さえて学習を継続していくことで、英語は確実に上達していきます。 この記事では、英語の語学学習を成功させるポイントについてお伝えします。

  • 英語が苦手だけど仕事で必要な人が、無理なく英語を身に付ける勉強法

    日本人の多くは英語が苦手とよくいわれています。日本に住んでいる限り、日常生活で英語は基本的に必要ないかもしれません。しかし、仕事の取引やメールなどで英語を使う機会があり、勉強する必要がある人も少なくないでしょう。
    日本人が英語に苦手意識を持ちやすいのはなぜでしょうか。この記事では、英語に対する苦手意識の原因と克服のためのポイント、無理なく続けられる勉強法をご紹介します。

  • 英語の電話対応のポイントと例文|もう外国人からの電話も大丈夫!

    英語はある程度できるが、電話だけはどうしても苦手という人がいます。電話は相手の表情が見えず、声も対面のときより聞き取りにくいという点が、苦手意識の背景にあります。しかし、外国人からの電話を受けたときに、「英語の電話は苦手なので」と黙って受話器を置いたり、無言のままほかの人につないだりしてしまうと、自分だけでなく会社の評判まで悪くなってしまいます。この際、苦手意識を払しょくすべく、電話の英語のポイントをしっかりマスターしておきましょう。
    今回は、英語の電話に対応するときのポイントと、シチュエーション別にすぐに使えるフレーズをご紹介します。

  • 英検準1級のレベルはどれくらい?試験内容と合格するための勉強法

    英検準1級は、語学留学を終えた学生や、すでに英語を使って仕事をしている社会人が受験するレベルです。そのため、英語が好きなだけにとどまらず、日頃から積極的に英語に触れていないと、合格するのは難しいでしょう。英検準1級に合格するには、英語学習を日常生活に取り入れる工夫をしながら、新聞の簡単な社会記事が読めるレベルの語彙力を身に付ける必要があります。
    今回は、英検準1級のレベルの目安と、合格するための対策方法をご紹介します。

オススメ記事

  1. ビジネスパーソンには、ビジネスシーンにふさわしい言葉遣いが求められます。同僚と世間話をするとき…

  2. 会議や商談といったビジネスシーンにおいては、画期的なアイデアや本質的な意見を積極的に提案する姿勢が評…
  3. コミュニケーションは、質問する力がとても大切です。英語も日本語と同様、質問は会話をふくらませ、相手と…
  4. 使える英語を身に付けたいと考えている社会人にとって、悩みの種は勉強時間の捻出ではないでしょうか。仕事…
  5. 英語で相手の誘いを断るとき、どのようなフレーズが思い浮かびますか。学校で習う表現には、「I’m so…
ページ上部へ戻る