[英語]に関する記事一覧です。

  • 英語の仮定法を覚えて表現を豊かに!基本的なルールと文例をおさらい

    学生時代に学んだ仮定法、今でも覚えていますか?複雑に感じた英文法で、今でも苦手に感じているかもしれませんね。仮定法は日常的にもよく使われる文法ですが、実はそれほど難しいものではないのです。今後の会話に困らないよう、今一度仮定法をおさらいしましょう!
  • 英語のライティング力を身に付ける方法|書く練習はなぜ必要?

    仕事などで英語が必要となると、スピーキングのスキルアップに意識が集中しがちです。しかし、英語の習得にはスピーキングも含めた4つのスキルが重要で、その中には文章を作文するライティングも含まれます。 ライティングを行うと、自分の英語力を目で見て確かめることができます。また、英会話でも使える表現力が身に付くこともあります。
    そこで今回は、英語のライティング力を身に付けるのにおすすめの勉強法などをご紹介します。
  • 社会人のための英語勉強法|仕事をしながら使える英語を身に付ける!

    使える英語を身に付けたいと考えている社会人にとって、悩みの種は勉強時間の捻出ではないでしょうか。仕事の合間を縫って英語力を上達させるには、限られた時間で効率良く学習することが大切です。学習のコツを押さえて、ビジネスに役立つ実用的な英語力を身に付けましょう。
    この記事では、仕事をしながら英語を上達させるために知っておきたい、効率的な勉強法をご紹介します。
  • 英語が苦手だけど仕事で必要な人が、無理なく英語を身に付ける勉強法

    日本人の多くは英語が苦手とよくいわれています。日本に住んでいる限り、日常生活で英語は基本的に必要ないかもしれません。しかし、仕事の取引やメールなどで英語を使う機会があり、勉強する必要がある人も少なくないでしょう。
    日本人が英語に苦手意識を持ちやすいのはなぜでしょうか。この記事では、英語に対する苦手意識の原因と克服のためのポイント、無理なく続けられる勉強法をご紹介します。

  • 英語の電話対応のポイントと例文|もう外国人からの電話も大丈夫!

    英語はある程度できるが、電話だけはどうしても苦手という人がいます。電話は相手の表情が見えず、声も対面のときより聞き取りにくいという点が、苦手意識の背景にあります。しかし、外国人からの電話を受けたときに、「英語の電話は苦手なので」と黙って受話器を置いたり、無言のままほかの人につないだりしてしまうと、自分だけでなく会社の評判まで悪くなってしまいます。この際、苦手意識を払しょくすべく、電話の英語のポイントをしっかりマスターしておきましょう。
    今回は、英語の電話に対応するときのポイントと、シチュエーション別にすぐに使えるフレーズをご紹介します。

  • 英語の発音を上達させるコツとは?日本人が苦手な発音を徹底対策!

    正しい英文を話しているつもりなのにうまく通じず、フラストレーションを感じた経験はありませんか?
    日本人が苦手とする英語の発音には、いくつか種類があります。しかし、弱点を理解して口の形や舌の位置などを繰り返し練習すれば、克服できる可能性があります。また、訛りが強いのに問題なく英語が通じる人がいるのは、全体のリズムやアクセントの位置が正しいためです。
    この記事では、日本人が苦手な発音を中心に、発音の仕方とリズムについてご説明します。

  • もう英語の会議は怖くない!会議開催メールの文例と会議中の話し方

    英語の会議に参加するのは緊張するものです。まして英語が苦手な人やビギナーレベルの人ならなおさらでしょう。しかし、会議の前に頻繁に使われる英単語を押さえておけば、少なくとも内容がさっぱり理解できないという心配はありません。さらに、会議進行や意見を伝える際に使われるフレーズを知り、発言する機会があれば使ってみましょう。 この記事では、会議でスムーズに意見を発言するために便利なフレーズを解説とともにご紹介します。

  • 英語メール「書き出し」のルールとマナー|すぐに使える文例付き

    ビジネスの舞台が世界に広がるにつれて、英語でメールを送る場面が増えてきます。日本語のメールにマナーがあるように、英語メールを書く際も、知っておきたいルールやマナーがあります。相手に伝わりやすいメールを送るために、件名や宛名の書き方のポイント、要件に応じた基本的なフレーズを押さえておきましょう。 この記事では、英語メールを送る際のポイントを、参考となる例文とあわせてご紹介します。

  • 英語のリーディング力をUPする方法|スラスラ読めるようになるには?

    リーディングスキルを身に付け、文章をスラスラと読めるようになることは、英語を学ぶ人の多くが掲げる目標の一つです。リーディングスキルを向上させると、長文も難なく読めるようになり、頭の中で逐一和訳しなくても意味をつかみ取れるようになるでしょう。
    では、リーディングスキルを上達させる方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
    この記事はリーディングスキルの向上に焦点を当てて、勉強法や継続させるためのコツなどをご紹介します。

  • リスニング力の鍛え方|英語が劇的に聞き取りやすくなる7つの方法

    英語のリーディングはそれなりにできても、リスニングだけはどうしても苦手という人がいます。リスニングを上達させるには、耳に入ってくる英語を瞬時に理解する力が必要です。そのため、英語の音を聞き分ける力と、スピーディに英語を理解する力の両方が求められます。また、語彙力を強化し、聞き取れる英単語を増やすことも大切です。
    では、リスニングスキルをアップさせるには、どのような勉強をすれば良いのでしょうか。
    この記事では、リスニングスキルを伸ばすのに効果的な勉強法をご紹介します。

オススメ記事

  1. ビジネスパーソンには、ビジネスシーンにふさわしい言葉遣いが求められます。同僚と世間話をするとき…

  2. 会議や商談といったビジネスシーンにおいては、画期的なアイデアや本質的な意見を積極的に提案する姿勢が評…
  3. コミュニケーションは、質問する力がとても大切です。英語も日本語と同様、質問は会話をふくらませ、相手と…
  4. 使える英語を身に付けたいと考えている社会人にとって、悩みの種は勉強時間の捻出ではないでしょうか。仕事…
  5. 英語で相手の誘いを断るとき、どのようなフレーズが思い浮かびますか。学校で習う表現には、「I’m so…

ビジネス英語特集

ページ上部へ戻る