アーカイブ:2018年 5月

  • 英語の仮定法を覚えて表現を豊かに!基本的なルールと文例をおさらい

    学生時代に学んだ仮定法、今でも覚えていますか?複雑に感じた英文法で、今でも苦手に感じているかもしれませんね。仮定法は日常的にもよく使われる文法ですが、実はそれほど難しいものではないのです。今後の会話に困らないよう、今一度仮定法をおさらいしましょう!
  • 現在完了形のポイント|「~した」と「~したところだ」の違いとは?

    英語の初心者と中級者を見分けるポイントの一つに、会話の中で現在完了形を適切に使えているかどうかがあります。現在完了形というと、難しいという先入観を持っている人がいるかもしれませんが、基本ルールさえ知っていれば、簡単に活用できて、経験や自分の考えを的確に言い表すことが可能です。例えば、ただ「アメリカに行った」ではなく「アメリカに行ったことがある」という経験のニュアンスを込めたり、「報告書を作成した」ではなく「ようやく報告書ができた」と完了の意味を含めたりできます。この際、現在完了形をしっかりと使いこなせるように勉強しておきましょう。
    この記事では、英語の現在完了形と現在形や過去形との違いをはじめ、現在完了進行形についても解説します。

  • 英語メールでお礼を言う際に使えるフレーズ26【シチュエーション別】

    海外の人との普段のやり取りは、今や国際電話ではなく、メールが主流です。ただ、問い合わせや発注などビジネス上の基本的な定型文は書けても、「ありがとう」の気持ちを伝える「お礼」表現については、「Thank you.」レベルしか知らないという人もいるのではないでしょうか。
    この際、取引先との打ち合わせ後や、上司から指導を受けたり同僚からフォローしてもらったりしたときなどに使える、さまざまなお礼表現を覚えておきましょう。この記事では、英語でお礼のメールを送るときのポイントや、シチュエーション別のお礼表現をご紹介します。

  • 英語の日付の書き方|英式と米式の違いなど迷いやすい点を完全解説!

    書類に日付を入れるのは基本的なビジネスマナーの一つです。ただ、英語で日付を入れるとなると、年月日の順序や前置詞の使い分け、アメリカ式とイギリス式の違いなど日本語とは異なる特有のルールがあるため、英語初心者の中には難しさを感じている人もいるのではないでしょうか。
    そこで、この記事では、英語で日付を書くときのルールと注意点についてご説明します。

  • 英語で相槌を打つ際のポイントと例文|共感・驚き・称賛などシーン別

    円滑なコミュニケーションのために相槌が大事なのは、日本語も英語も同じです。ただ、ビジネスシーンにおいて、英語で適切に相槌を打つのは意外と難しく、「Yes」や「Uh-huh」を連呼してしまう人も多いのではないでしょうか。
    そこでこの記事では、相槌を打つときのポイントと、相槌に含めたい感情・ニュアンス別のフレーズをご紹介します。
    「なるほど」「すごいですね」など、心情に合わせてさまざまな相槌を打ち、もっと英会話を楽しみましょう。

  • お会計時の英語表現|もう緊張しない!英語で支払いをスムーズに

    「上手く英語でお会計を済ませられるか心配で、せっかくの料理を楽しめなかった」。海外で食事をした人がよく経験するエピソードです。一口にお会計といっても、基本的な英語のフレーズはもちろん、サーバーへのお会計の頼み方やチップの金額と払い方、支払いの手順などが日本と異なる点も多いため、慣れないうちは緊張してしまうのも仕方ありません。
    この際、お会計をする際のポイントや便利な英語フレーズを覚えておきましょう。この記事では、ビジネスでの会食や同僚との食事など、英語圏でお会計をする際に役立つ、シーン別のフレーズとお会計の際のポイントについてご紹介します。

  • 「頑張れ」を伝える英語表現16選|日本語のニュアンスを的確に伝達!

    日本語ではビジネスから日常会話まで幅広いシーンで「頑張れ」という言葉がよく使われます。一方、英語には日本語の「頑張れ」に相当する万能フレーズはありません。例えば、実力を存分に発揮することを祈るときの「頑張れ」と、くじけそうになっている人を励ますときの「頑張れ」では別の表現を使います。
    「頑張れ」に相当するさまざまな英語フレーズを身に付けることで、外国人とのコミュニケーションにおいて、より心に響くエールを届けられるでしょう。
    この記事では、「頑張れ」を意味する複数の英語のフレーズを、シチュエーション別にご紹介します。

  • 初心者がスピーキングを上達させるために必要なステップとは?

    英語のテストスコアがどんなに高くても、対面でコミュニケーションを取る必要があるシーンではスピーキング力がないと通用しません。スピーキングは話す相手がいないとどのように練習すればいいのかわからず、つい後回しにしがちですが、独学でもできることはたくさんあります。日々の勉強の積み重ねが功を奏するスキルなので、毎日少しずつでもスピーキングの時間を取って勉強しましょう。
    この記事では、スピーキング上達のコツについてご紹介します。

  • 英語で敬語のような表現をするには?ビジネスシーンで使えるフレーズ

    ビジネスパーソンには、ビジネスシーンにふさわしい言葉遣いが求められます。同僚と世間話をするときでも、オフィスでは一定の節度を持った言葉遣いに努めるべきでしょう。
    それは英語においても同じです。英会話でもビジネスパーソンとして適切なフレーズを使いこなせられれば、発言の説得力も増し、上司からも取引先からも一目置かれる存在になることができるでしょう。
    この記事では、日本語の「敬語」にあたるような、ビジネスシーンにおける丁寧な英語表現についてご紹介します。

  • 提案に使える英語|会議やメールなどビジネスシーンで役立つ表現集

    会議や商談といったビジネスシーンにおいては、画期的なアイデアや本質的な意見を積極的に提案する姿勢が評価されます。謙虚で控えめな性質を指摘されがちな日本人同士でもそうですから、海外の人が参加する会議においてはその傾向が一層強くなります。
    とはいえ、英語で提案するといっても、英語初心者にはなかなかハードルが高く、躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、会議やメールなどで使える英語の提案フレーズをご紹介します。

オススメ記事

  1. ビジネスパーソンには、ビジネスシーンにふさわしい言葉遣いが求められます。同僚と世間話をするとき…

  2. 会議や商談といったビジネスシーンにおいては、画期的なアイデアや本質的な意見を積極的に提案する姿勢が評…
  3. コミュニケーションは、質問する力がとても大切です。英語も日本語と同様、質問は会話をふくらませ、相手と…
  4. 使える英語を身に付けたいと考えている社会人にとって、悩みの種は勉強時間の捻出ではないでしょうか。仕事…
  5. 英語で相手の誘いを断るとき、どのようなフレーズが思い浮かびますか。学校で習う表現には、「I’m so…

ビジネス英語特集

ページ上部へ戻る