ビジネス英語を確実に上達させたい!あなたに合った勉強法は?

2019年12月18日

ビジネスの場で英語を使う機会が増えてくると、「もっと自分の英語スキルをあげたいな」と考えることも多くなりますよね。

しかし実際には何から手をつけたら職場で使える英語スキルをあげられるのか、さらっと英語を職場で使いこなせるようになるのか、なかなかわからないものです。

そこでこの記事では、ビジネス英語をしっかり身につける勉強方法をご紹介します。

ビジネス英語を上達させるためにやるべきこと

ビジネス英語を身につけたいなら、まず自分がどの場面でビジネス英語を使うのかを徹底的に具体性を持って考えましょう。

企画会議の場で使う説得力が求められるビジネス英語なのか、それともプレゼンテーションで大勢に聞いてもらう共感を呼ぶ英会話スキルなのか。

もうひとつのポイントは自分の職場にあうビジネス英語はどんなビジネス英語かを考えます。和気藹々とした職場なら割とカジュアルなビジネス英語を、礼儀を大切にする職場ならより丁寧なビジネス英語など、シーンも絞って勉強します。

使う場面、会社の雰囲気、この二つの的を絞ったビジネス英語を学ぶことですぐに使える実践的なビジネス英語を学べます。

逆にここを曖昧にすればするほど、インプットしなければならない英語が増えていくので、まずはピンポイントで必要な英語を定めましょう。

なぜ学ぶのか?目的を明確にする

具体的な英語を使う場面が定まったら、なぜ自分がビジネス英語を勉強するかを一度考えてみてください。

もちろん仕事上で必要になっているからというシンプルな理由もいいでしょう。

しかし英語を勉強することで、自分のアイディアにもっと影響力を与えたい、コミュニケーションスキルをあげて、プロモーションにつなげたいなど、英語以外の目標や動機付けをしっかり自分の中で作り上げます。

ビジネス英語を身につけ、なりたい自分になったイメージをどんどん膨らませ、それをどんどん現実化させていきます。

「難しそうだな。」と感じても、安心してください。一歩一歩自分のできることを積み重ねていけばいいんです。

「今日は昨日覚えたこの英語フレーズを使ってみよう」

「メールのメッセージで普段使わない新しい言い回しに変えてみよう」などちょっと頑張ればできそうなことにどんどん挑戦していきましょう。

では、目的を明確にする理由は何でしょうか?

それは日本人の英語学習の時間は非常に足りていないからなのです。
米国国務省機関FSI調査によれば、日本人が英語を習得するには少なくとも3000時間かかると言われています。

例えば1日3時間をかけて英語を勉強するとしたら、英語をマスターするには3年が必要です。

シンガポールをはじめ、香港やフィリピンなど、他の非英語圏の人などは1歳から毎日英語を勉強し、長年をかけて、徐々に英語力を高めていきます。

一方、日本では、多くの人は12歳から英語を勉強を始め、社会人になってからビジネス英語の勉強に取り組みます。
そう考えると、他の非英語圏の人と比べて、日本人の英語学習の時間は圧倒的に足りていないと言えるでしょう。

また、社会人となってから毎日学習時間を3時間捻出するとしたら簡単なことではありません。
そのため、習得のためには無駄のない学習プランが必要なのです。

英語学習を成功させる3つの秘訣

限られた時間の中でどうやれば良いのでしょうか?
3つのポイントにまとめてみました。

明確な目標を立てること

ビジネス英語に焦点を絞っても、その範囲は相当広く、明確な目標を立てずに漠然と学習に取り組むのは現実的ではありません。

目標は大きなものではありません。まず目の前の現実的なものを設定しましょう。

英語での商談をうまく進めたい。英語のプレゼンを堂々とやりたい。メールの書き方を学びたい。といった目標で良いと思います。

明確な目標が思いつかない時は、英語の試験を目標にしてみると良いでしょう。
ビジネス英語であればTOEIC(L&R)ですが、2か月でスコアを200点アップするなどの目標を立てると、学習の内容が見えてくるので、無駄な学習を減らす事が出来ます。

学習のプランニング

目標が決まったら学習内容のプランを立てましょう。

TOEIC(L&R) 200点スコアアップを目標にするならば、リスニング力とリーディング力の向上に重点を置いた学習となるはずです。
TOEIC (S&W)のスコアアップならば、英文法を復習したり、英会話スクールなどで英会話力を鍛えたり、Eメールに使う表現を覚えたりします。

学習プランは目標によって変わりますが、注意点はただ一つ。
継続可能な内容にすることが必須です。

あまり内容を絞りすぎてしまうと、すぐに学習を終えてしまうので、3か月以上は続けられるような学習内容にしましょう。

捻出できる時間を把握する

目標と内容が決まったらあとは実行するのみです。
生活の中で時間をどれだけ捻出できるかを把握しましょう。
仕事をしているならまとまった時間を取ることは容易いことではありません。

そこでスキマ時間をどれだけ取れるかを知っておくことです。
毎日3時間必要ならば、早起きして2時間取り、合間の時間で残り1時間を捻出する、などの工夫で時間を捻出して学習習慣を身につけるようにしましょう。

目標と学習プランを立て、日々捻出できる時間を把握した後、明確な学習スケジュールを組みましょう。日々英語勉強を怠らず、学習スケジュールの通り進めれば、必ず効率よく英語力をアップできます。

自分に合った勉強方法を探す

明確な学習スケジュールを立てた後、自分に会った勉強方法を探しましょう。ビジネス英語の学習と一言で言っても、学習法は人によって様々なので、教材、アプリ、勉強方法など自分に合うもの、フィットするものを探してみてください。

色々試すのが大変な人は、気になる教材や英会話教室の口コミを見て、自分と同じ課題を持っている人が役に立ったと書いているようなものをチョイスしてみるのも一つの手です。

ビジネス英会話はしっかり講師から学ぼう

ビジネス英会話を基礎からきちんと学びたい方は、英会話スクールのビジネスコースに通ってみることがおすすめです。

英語学習においては、インプットだけではなく、相手に伝わる英語をアウトする訓練も不可欠です。簡単なビジネス英語のフレーズはインターネットや書籍で学ぶことはできますが、学んだフレーズを実際に使ってみないと、相手に伝わるかどうかはわかりません。大切な学習時間を無駄にしないために、実践で自分の発音が相手に伝わるかどうかを確認したほうが良いでしょう。

また、英語を話す雰囲気は日本語を話す雰囲気と違うため、英会話スクールでその違いを体感することが大切です。英会話スクールに通うと、日本語と英語の話し方の違いを認識できるようになり、英語を話す時に戸惑ってしまうことが少なくなります。

言語と話す雰囲気に限らず、文化によってビジネスマナーも異なります。英会話スクールに通うと、アイコンタクトや握手の仕方など、インターネットと書籍で学べない外国のビジネスマナーも講師から教わることができますよ。外国のビジネスマナーを習得して実践すれば、外国人のクライアントに良い印象を残し、より円滑に商談を進められるようになります。

スクールの選び方

今英会話スクールは、数多くあります。

選ぶ時は一箇所で決めてしまうのではなく、何箇所か無料体験を受けてみるなどして、それぞれの英会話教室の特徴を把握しながら自分にあっているところを探してみましょう。

個人的にオススメなのは、ビジネス英語の学習で困っていることをなんでも相談しやすいネイティブ講師やスタッフさんがいるところです。

例えばカウンセリングをきちっとやってくれる、親身になって英語学習を応援してくれる英会話スクールがオススメです。

オンラインでも学べる

残業が多く英会話教室に通う時間がない、近くにいい英会話スクールがないという方にはオンライン英会話教室もオススメです。

オンライン英会話のメリットは、場所を選ばずにネット環境さえ整っていれば、どこでも授業を受けられることです。

また直接ネイティブの先生と話すのは緊張するという方でも、画面を通じてやりとりすることで、安心してビジネス英語を学べます。

単語、フレーズはスキマ時間を使って自分で勉強!

ビジネス英語を学ぶ方は、働きながら勉強をしていくことになるので、1日にまとまった時間をとって学習するのはなかなか難しいですよね。

そんな方は通学時間やちょっとした休憩時間にアプリや本を使って英語を勉強していくことがオススメです。
また、休憩の時などにビジネス関連のドラマを見るのもオススメです

例え一回の勉強時間が10分だとしても、1日に3回勉強すれば、30分時間を確保できます。

それを一週間続ければ、トータルで210分勉強でき、つまり3時間30分勉強できます。

それを1ヶ月間続ければ、3時間30分×4週間で840分=14時間勉強できるんです。

1回10分のスキマ学習をあなどらず、大切にしてみてください!

また寝る直前は脳科学的に記憶のゴールデンタイムと言われていますので、覚えたいフレーズや英単語は寝る前に学習することもおすすめです。

オススメ書籍

それではビジネス英語のオススメ書籍をご紹介していきます。

ビジネス英語の書籍というと、小難しいことばかり書いていて、これから英語を話そうとしている人の勇気を奪ってしまっているものばかりという印象があります。

しかしこれから紹介するビジネス英語の書籍は、「英語を話してみようかな」と背中を押してくれるものばかりを集めてみました。

英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

NHKテレビやNHKラジオで英語講座を担当していた講師が、世界中で培ったビジネス経験を元に、英語コミュニケーションのアプローチ方法や、ビジネスチャンスを生み出す会話術についてまとめた一冊です。

内容はビジネス英語の初心者にぴったりな基礎的なものなので、これからビジネス英語を学びたい人におすすめです。

Amazonで購入

CD付 ビジネス英語パワー音読トレーニング

基本英語をおさらいしながら、ビジネス英会話に活かす方法やスキルを教えてくれます。

中学生レベルの英語を使いまわして、どんどん商談や交渉を詰めていく方法などを伝授してくれます。

CDがついているので、リスニングの勉強にもなりますよ。

Amazonで購入

オススメアプリ

続いておすすめのビジネス英語学習アプリ、「スタディサプリEnglish ビジネス英会話」をご紹介します。

スマートフォンにダウンロードすれば、1回当たり3分からビジネス英語を学べます。


無料の英語学習アプリはたくさんありますが、「ビジネス英会話コース」に特化したアプリは少なく、学習効果が職場ですぐに活かせないことも多くありませんか?

スタディサプリの「ビジネス英会話コース」は月額2,980円かかりますが、学習コンテンツが充実しているため、ビジネス英語が今すぐにでも必要な人にはとてもおすすめです。

英語を使う場面をドラマ風のエピソードの中で学べるので、英語例文をどんな場面で勉強すればいいかすぐに理解できます。

またビジネス英語に必要な知識をベルリッツ・ジャパンで講師の経験があり、英語学習アプリ「i know!」の開発にも関わったMatthew Nisselius氏が1分にまとめて教えてくれます。

時間がないビジネスマンにはかなり活用できる英語アプリとなっており、大変おすすめです。

ちなみに無料のアプリから初めてみたい方は、基礎的な英語学習に特化した「i know!」から始めてみてはいかがですか?。

英語学習 iKnow!
脳科学に基づいた学習法でしっかり身につく英語

オススメテレビ番組

楽しくビジネス英語を勉強したい方には、テレビ番組をおすすめします。

仕事の息抜きに、テレビ番組を見ながら、ビジネス表現を身につけることが社会人に最適でしょう。

もちろん、ただの娯楽にならないように、テレビ番組を見る時、わからないフレーズと単語をちゃんとノートに書き込んで、鑑賞後に辞書で意味を調べましょう。また、鑑賞中時にはシャドウイングすると良いでしょう。

語彙力が乏しく、話を聞き取れないと心配するかもしれませんが、これから紹介するテレビ番組は英語初心者と中級者向けなので、語彙力が高くなくても簡単に聞き取れるはずです。

『White collar(ホワイトカラー)』

元天才詐欺師のニールと真面目なFBI捜査官のピーターが力を合わせて知的犯罪を解決していくドラマです。
このドラマは基本的に1話完結型なので、英語学習に最適です。

殺人事件に限らず、企業犯罪なども取り扱われるので、ビジネス用語も頻出です。

取り調べなどで初対面での挨拶のシーンが多いため、お客さんと初対面に使えるフレーズがたくさん学べ、捜査会議のシーンも多いので、提案や意見のまとめに使えるフレーズも頻出です。

現在、huluやAmazonプライム・ビデオで見る事が出来ます。

『Explained (世界の今をダイジェスト)』

株式市場やK-popなど、今話題のトピックについてわかりやすく解説するドキュメンタリーです。

インタビューと解説のシーンのバランスが抜群で、ビジネスの場面が多くあるので、ビジネス用語の学習に役立ちます。

現在はNetflixで見る事が出来ます。

積極的にインプットとアウトプットする

ご紹介した方法を参考に的を絞ったビジネス英語の勉強方法を自分流にカスタマイズして、どんどん実践的な英語を身につけていってみてください。

そして職場でビジネス英語を使う時は、失敗することを恐れずに、ハードルの低い英語フレーズからどんどん使ってみてください。

ビジネスの場で、例えばCould you tell me the delivery date?をCan you tell me ?と言い間違えてしまったからといってそのことで大きく責められるなんてことはありません。

また例え間違えた英語を話してしまったとしても、次に気をつければいいだけです。

ネイティブの方でも文法ミスはします。しかし、ネイティブの方はそれを気にしすぎず、常に自信を持って自分の意見を述べます。ネイティブのようにうまく英語を話せるようになりたいなら、ミスを怯えずに、英会話に対しての恐怖を乗り越えて、まず積極的に自己紹介をしてみてください。

ぜひビジネス英語を「自分の職場でのコミュニケーションツールを一つ増やすだけ」という気軽な気持ちで捉えてどんどん身につけていって欲しいです。

  • この記事を書いた人
1億人の英語 編集部

1億人の英語 編集部

英語学習サイト「1億人の英語」を運営。

1億人の英語は英語学習初心者向けに、英語の資格試験対策の情報や海外旅行などですぐに使えるフレーズなどを毎月配信。 腰が重くなりがちな英語学習が楽しくなるようなコンテンツを提供するメディアです。

英語講師や英検やTOEICの階級・スコアの保持者、渡航経験のあるライターを迎え、日本人が英語学習を通して実用的だと実感した事柄を軸に、記事をお届けしています。

学びたいことや知りたいことのリクエストは随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
Twitter

-ビジネス英語
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.