夢と可能性が広がる!英語を活かせる仕事とは

今やどの職種もグローバル化している時代。英語が得意な人材は就職や転職に非常に有利です。
そこでこの記事では、英語を活かした仕事がしたい、得意な英語を活かしてキャリアアップを目指したいという人のために、就職活動のポイントや英語力が求められる仕事や企業の特徴を紹介していきます。得意の英語で、可能性を大いに広げていきましょう。

英語を活かせる仕事に就くためのポイント

たとえ英語が得意でも、それを活かせなければ意味がありません。ここでは、英語力を活かせる仕事に就くためのポイントを紹介します。

英語を使用したビジネスの経験を積む

もし、今まで英語を使った仕事を経験したことがない場合、まず「英語を使ったビジネスの経験」を積まなければいけません。企業が求めるのは即戦力として英語が使える人材なので、まったく経験がない人よりも経験者が優遇されます。
そのため、少しずつでもいいので英語を使用した実務経験を積むようにしましょう。アルバイトや派遣社員でも構いません。メール作成、電話応対、資料作成、翻訳・事務作業など基本的な業務を英語で経験することが大切です。
少し遠回りになってしまいますが、まずは職種にこだわらず、「仕事で英語を使う」ということを重点に置きましょう。そこでキャリアを積み重ねていけば、必ず自分の希望する職種に就けるチャンスが訪れるはずです。

企業が求める英語力を知ること

ひとくちに「英語力」と言っても、企業によって求めるレベルは異なります。もし興味のある職種や、働きたい企業が見つかったら、そこではどのような語学力が求められるのかをリサーチしましょう。
TOEICが700点以上必要なのか、英検準1級が必要なのか。さらに企業によってはTOEICのスコアは関係なく、英語を使って何ができるかを重視しているところもあります。まずは、企業がどのような英語力を求めているのか、もしくは自分の英語力がどんな企業のニーズに合っているのかをリサーチしましょう。

英語力+αでさらに有利に

ただ英語が得意なだけではなく、他の資格を持っておけば、企業からの需要も高まります。ここでは、就職に有利な+αの資格をご紹介しましょう。

英語力+簿記・経理系資格

英語ができ、なおかつお金の流れを理解している人材は非常に重宝されます。
特に、簿記の資格はTOEICと同じくらい信用性が高い資格です。現地法人を多数持っている企業の場合、国境を越えた決算が行われるため、英語でのコミュニケーションが可能な経理の人材を求める傾向にあります。
また、英語と経理、両方に強い人材は意外と少ないため、就職活動の際の大きな武器となるでしょう。

英語力+IT、情報スキル

グローバル化と同じくらい急速に進んでいるのが情報化。
英語力と情報分野の知識や技術、両方兼ね備えた人材は非常に市場価値が高いと言えるので、IT系の資格を取得するのもおすすめです。中でも積極的に取得したいのは、プログラミングの資格。今や我々の生活とは切っても切り離せないITですが、それを操るエンジニアの数は、まだまだ足りていないのが現状です。英語が話せて、かつプログラミングもできるとなれば、日本だけではなくワールドワイドな活躍が期待できるでしょう。
プログラミング学習は、今からはじめても決して遅すぎることはありません。最近では未経験者対象のプログラミング教室も数多く開講されているので、そのようなスクールに通うのもおすすめです。

英語+他の言語

グローバル展開に力を入れている企業にとって、バイリンガル、トリリンガルな人材は価値が高いと言えます。特にEUの代表的言語であるフランス語、国際組織内で認められているスペイン語、ヨーロッパの代表的言語であるドイツ語、世界で最も経済力のある中国語などは就職に有利な言語です。英語以外の言語を習得すれば、ますます市場価値は高まるでしょう。

英語が活かせる職種、業界

さて、実際に英語を活かしてキャリアアップ及びスキルアップできるのは、どのような職種、業界なのでしょうか。また、それぞれどれくらいの英語力が求められているのか、ご紹介します。

バイヤー、MD

世界各国での売れ筋商品を見極めて、買い付けを行う仕事がバイヤーです。また、MD(マーチャンダイザー)は、これから売れる商品をあらかじめ予測して開発を行う仕事ですが、バイヤーを兼任することもままあります。
一般的にバイヤー及びMDは商社やメーカーに所属。月の大半は展示会や買い付けで出張、外出することが多い職種です。
特に海外に買い付けに行く場合は、専任の通訳が付くこともありますが、やはり納期や価格の交渉を自身で行える人材の方が重宝されます。
したがって現地での業務に対応できる、高い英語力を求められることがほとんどです。

人事

海外に支社があるなど、グローバル展開している企業や外資系企業は、人事部門において現地法人のビザ手続き、労務管理などを行うことがあります。また外国人スタッフの求人、採用する際には、採用活動中だけでなく入社後も従業員とさまざまな手続きややり取りを行うので、コミュニケーションが取れるレベルの英語力は必須です。
また、会社の経営方針に基づく社員の研修育成や人材の適切な配置業務まで行う場合には、より実践的な英語スキルが求められるでしょう。
さらに関連業務として年収などの給与や社会保険に関する事務業務、人事関連等で発生する会計業務など、幅広い業務を請け負うこともあります。

海外市場調査

海外に実際に足を運んで現地調査を行う仕事です。海外での調査レポートを収集したうえでマーケティングプランを作成。クライアントに提案するのが主な業務内容なので、高い英語力が必要となります。また、一カ国のみならず複数の国を対象として市場調査する場合もあるため、多言語を話すことができれば、それだけチャンスの幅も大きくなるでしょう。

貿易事務

貿易会社は、通常世界中のあらゆる国との取引を行っています。
そのなかで、海外メーカーや商社との折衝や輸出入の手続き、国際輸送業務など、多岐にわたる業務を行うのが貿易事務です。貿易事務は取引全般に関わる仕事です。そのため経理や営業、通関など幅広い知識を習得しなければなりません。
さらに、貿易関連の書類はほとんどが英語で作成されているのでスムーズな読み書きができる程度の英語力は必須です。

得意の英語を活かすことは、転職や就職に有利なだけでなく、キャリアアップも望めます。さまざまな企業がグローバル展開しているので、今後英語力が高い人材はますます重宝されるはずです。
また+αの特技、資格を持っていれば、市場価値はさらに高まるでしょう。ぜひ英語力を武器にして、自らの可能性を広げていってください。

SNSアカウント

ページ上部へ戻る