英語リスニングが苦手!聞き取れない理由とおすすめ対策法

2019年11月15日

日本人は英語の聞き取りが苦手と言われています。実際のところ、英文は読めても聞き取れないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?英語を聞き取れないということは英語が理解できていないということでもあり、当然会話が成り立つこともありません。

リスニング力を向上させるためには、なぜ英語が聞き取れないのかという原因を知ることが大切です。その上で、重要な単語を判別するコツを身につけていきましょう。

日本人が英語を聞き取れない原因

日本人には英語を聞き取れない方が多いですが、それは耳が悪いからではなく言語として認識ができていないことが大きな原因です。まずはなぜ英語が聞き取れないのか、その具体的な原因と理由を探っていきましょう。

 聞き取れない理由:知っている単語量の不足

そもそも会話中に登場する単語を知らない場合は、当然ながら聞き取ることができません。また、知っている単語が聞き取れたとしても、その単語が知らない慣用句の中で使われていた場合、文脈を理解するのは難しいでしょう。

そのため、単語力は、リスニング力向上のために不可欠。日常会話レベルに達するならば、約3,000語~5,000語は身に付けておきたいところです。

オススメ教材

語彙力を徹底的に基礎から鍛えるには「究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語 (日本語)」
がおすすめ。「日本人英語学習者にとっての有用性」「ネイティブスピーカーの使用頻度」の2点から選び抜かれた基礎単語3000語を、例文付きで効率よく習得することができます。

Amazonで購入

聞き取れない理由:文法の理解が不足 

聞き取れない理由の2つ目として、文法の違いが挙げられます。

日本語と英語では文の構造そのものが異なります。

日本語では動詞が文の最後で使われるのに対し、英語では主語の後に持ってくるSVOC形式が一般的です。

日本語を聞く時と同じ感覚で聞いていては、文を理解する上で欠かせない動詞を聞き流してしまい、結果何を言っているか分からない、という状況に陥りやすいでしょう。

また、英語では語順によって意味が変わることも珍しくないので、文法をしっかり理解していないと、文脈そのものの理解が追いつかなくなってしまいます。

オススメ教材

文法を基礎からおさらいしたい方には「99パターンでわかる中学英語文型の総整理」
がおすすめ。中学校で習う文法項目を徹底的にカバーしているので、英文法の基礎固めにはぴったりです。

Amazonで購入

基礎文法をイラスト付きで楽しく学べる「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく」
も初心者にはおすすめです。無料の解説動画も付いているので、自分のペースで無理なく学習を進めることができるでしょう。

Amazonで購入

聞き取れない理由:正しい発音を理解していない

英語をカタカナに置き換えて理解するクセがある場合、ネイティブの発音と異なるため、うまく聞き取れない場合があります。
英語には日本語にない発音も多いので、カタカナで理解できる音に限界があるのは当然のことでしょう。

日本語「セーター」→英語「sweater(発音記号swe??)」(スウェラー)
日本語「エネルギー」→英語「energy(発音記号en?d?i)」(エナジー)
日本語「コーヒー」→英語「coffee(発音記号k???fi)」(カフィー)

日本語でのカタカナ表記と実際の発音が異なるのは、両者で母音と子音の数が異なり、発音が一致しないためです。ネイティブの発音に慣れるためには、日本語のカタカナ表記から意識して離れる必要があります。

英語独特のリズム

ネイティブの発音には、独特のリズムがあります。
これは、会話の中に登場する重要な単語が強調され、それ以外の単語は弱く発音されるためです。

ネイティブの会話では、はっきりと発音されない単語も多く、一語ずつすべて聞き取ろうとすると、そのリズムについていけなくなってしまいます。

音声の変化(リエゾン)

英語では、音が繋がることで単語の切れ目がわからなくなることが多々あります。音同士が連結や同化するだけでなく、時には特定の音が脱落することも。予めルールを把握しておかないと、こうした音の変化に対応することは非常に困難です。

音のつながりについて詳しく知りたい方は「音の繋がりを理解できれば英語リスニング力は確実に上がります!」を併せて確認してください。

アクセント

アクセントの位置を正しく理解していないと、知っている単語でも聞き取れなかったり、相手に通じなかったりすることがあります。また、同じ単語でも発音によって意味が変わってしまうものもあるので、英語のアクセントを理解することは非常に大切だと言えるでしょう。

英語のアクセントについて詳しく知りたい方は「英語の発音を矯正するには?ネイティブに伝わる英語を学ぼう」を併せてご確認ください。

イントネーション

同じ英文でも、イントネーションによってニュアンスや気持ちの違いを表すこともできます。言い換えれば、意図したものと違う形で伝わってしまうことも考えられますので、文章のどこにイントネーションを置くのかにも十分に意識したいところです。

リスニング向上のコツ

英語がうまく聞き取れないとき、単に英会話を聞き流して勉強しているだけでは、リスニング力は向上しません。
ここからは、リスニング向上のコツをご紹介します。

単語とイメージを結びつけて単語力をつける

まずは、リスニングに不可欠な単語力を向上させましょう。

一般的に「lion(ライオン)」のように実体がある単語は比較的覚えやすいですが、「conjure(~を思い起こす)」のような抽象的な意味の単語は覚えにくいですよね。単語を覚えるときは、その単語が意味するイメージと結びつけて覚えましょう。

先ほどの「conjure」を例に挙げると、もともと「(魔術や手品で)~を呼び出す」という意味を持つ単語なので、帽子の中からハトが出てくるイラストなどとセットで覚えると、イメージが定着しやすいですよ。

また、単語帳アプリを使えば画像と音声を一緒に設定することができます。画像に紐づけることで単語の定着度もグンと上がるので、ぜひ試してみてください。

オススメアプリ

単語帳メーカー

単語をフラッシュカード形式で覚えたいという方には「単語帳メーカー」がおすすめです。名前の通り自分でオリジナルの単語帳を作ることができ、苦手な単語を一気にクリアすることができます。オフラインで使えるのも大きなメリットですね!
iOS版ダウンロード

自分で作る単語帳 WordHolic

同じく自分オリジナルの単語帳を思いのまま作成できる「自分で作る単語帳 WordHolic」も良いでしょう。苦手な単語をフォルダに分類して管理できるので、苦手な単語は一目瞭然に。自分でコメントを書き込んで付箋にすることもできます。
iOS版ダウンロード
Android版ダウンロード

暗記シート- 試験勉強学習用アプリ「FIGHT!」 WordHolic

自分だけのオリジナル問題まで作成できる「暗記シート- 試験勉強学習用アプリ「FIGHT!」」も、語彙力強化には最適なアプリ。マスキングした単語を無制限でスマホに保存できるので、スキマ時間で効率よく語彙習得を図ることができます。
iOS版ダウンロード

会話の語順のまま理解する

英語と日本語では文法が異なるため、主語と述語、装飾語などの語順が異なります。

そのため、聞き取った英語を頭の中で「和訳」してから理解していると、聞き取りのスピードが遅くなり、内容についていけなくなりがち。

英語は聞こえてきた語順のまま理解するようにしましょう。

例えば「I love dog very much.」という文章であれば、「私は、好き、犬が、とっても」のように、英語の語順で理解します。日本語としては不自然ですが、一度和訳するひと手間をなくすことで、リスニングのスピードが向上します。

スマホのアプリも活用しよう

無料でダウンロードできるリスニング学習用のアプリは豊富にあります。
例えば英語のオーディオブックや英語ニュースのアプリを利用し、通勤時間を有効に使って耳を英語にならしていくことも、リスニング力を上げる上で大事な役割を果たすと思います。

オススメアプリ

podcast

リスニングに一番おススメのアプリは、好きなチャンネルを楽しみながら聴くことのできる「podcast」です。誰でも無料で楽しくリスニングの勉強ができるので、英語学習にあまりコストをかけたくないという方にもピッタリですね。
iOS版ダウンロード

podcastのメリットやおすすめのチャンネルを知りたい方は「スキマ時間を有効活用!「Podcast」で英語を学ぼう」も併せてご確認ください。

ざっくり英語ニュース!Studynow

身近なニュースを英語で聴きながらリスニング力を鍛えることのできる「ざっくり英語ニュース!Studynow」もおすすめです。ニュースには日本語訳はもちろん、音声解説までセットになっているので、初心者の方でも理解できる内容となっています。
Android版ダウンロード

スタディサプリENGLISH

継続して本格的に英語を学習したいという方には「スタディサプリENGLISH」がぴったりでしょう。英語学習の目的に応じたレッスンを動画形式で視聴することができ、英語学習アプリとしてはトップクラスの利用者数を誇ります。基本的に有料のアプリですが、お試し版などが利用できることもありますので、ぜひ確認してみてください。
スタディサプリ English 公式サイトへ

リスニングに不安のある人が持つ悩み

英語を聞いていれば慣れることはできるの?

リスニング学習を行う中で、多くの方が抱く思いがあると思います。
例えば、リスニング学習を続ければ英語に慣れるのか、という不安です。バイリンガルとして育たない限り、英語はあくまでも外国語です。
日本語を聞くような感覚にまで到達することは難しいでしょうが、慣れることは十分可能です。少しでもいいので毎日英語に触れ、まず苦手意識を取り払うことが大切ではないでしょうか。

全部聞き取る自信がない

なかなかリスニング力が上がらないと、英語を話せる人は会話や映画などの単語を全て聞き取っているのか、という疑問を持つ方もいるでしょう。

日本語で考えてみて下さい。会話や映画などで単語が聞き取れなかった経験はありませんか?英語でも同じです。

たとえネイティブの方でも、いつも全てを聞き取っているとは限りません。

全てが聞き取れることよりも、全てを聞き取れなくても内容を理解できることの方がはるかに重要だということを、もう一度改めて理解することがリスニング学習の大切な一歩です。

単語力をつけて文脈が理解できれば会話は成立する

ネイティブが話す英語はスピードが速いため、日本語に置き換えて理解する方法ではうまく聞き取れない場合があります。

最初はすべての単語が理解できなくても構いません。

会話の中に登場する、重要な単語を拾っていくようなイメージで聞いていると、内容が次第に理解できるようになります。リスニング力を高めながら、徐々に会話の文脈を意識していきましょう。

ライター:長坂ヒロ(更新)/1億人の英語編集部(原文)
  • この記事を書いた人
長坂 ヒロ

長坂 ヒロ

▼略歴
WEBライター/翻訳家(英語・ポルトガル語)として活動中。年齢は30代前半。
東京外国語大学外国語学部を卒業後、旅行会社にて海外商品企画や海外添乗業務を担当。学生時代には、大手予備校の英語個別指導講師や答案添削業務を経験。

オーストラリア/ニュージーランドに計1年半在住歴もあり、現在は信州・長野県へ移住。

趣味は海外旅行。渡航経験は約30カ国。年に2~3ヵ月は海外旅行へ。

英語は肩ひじ張って勉強するものではなく、楽しく習得していくもの。英語学習を楽しく継続する方法や、ネイティブが日常的によく使う表現などを発信していきます。

【ブログ】
旅するカモノハシ~「自由ですけどなにか?」~

-リスニング
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.