英語プレゼンのポイントと頻出フレーズ|初心者が成功する方法は?

英語のプレゼンは、日本とは異なる特徴があります。例えば、日本ではプレゼンターが話す内容とほぼ同じことがスライドに記載されていることもありますが、英語圏ではキーワードのみをスライドに映し、細かな情報についてはプレゼンターが直接伝えることが多くあります。英語でのプレゼンに緊張するうえ、日本とは様式が異なり、初めは緊張してしまうかもしれません。しかし、プレゼンを進行させる定型の英語フレーズを押さえたら、プレゼンターとしての役割を果たすことは十分可能です。
この記事では、英語のプレゼンを行う際のポイントと便利なフレーズをご紹介します。

英語でプレゼンする際に意識したいポイント

英語でプレゼンを行うことが決まったら、プレゼンターは聴衆にとって聞きやすく、わかりやすいプレゼンができるように準備を整えましょう。英語でプレゼンを行う際のポイントを6つお伝えします。

結論から話す

英語は日本語と異なり、多くの文章が始まりのところで動詞の内容がわかり、肯定か否定かを判断できる言語です。一番伝えたいことや重要なことを英文の初めに配置し、言いたいことを明らかにしましょう。長い説明の後に結論が来ると、「結論は何だろう?」と聴衆が不安な気持ちのまま聞く状況に陥るおそれがあります。結論を述べた後に理由や背景を伝えると、聴衆は結論を意識して説明を聞くことができ、理解しやすくなります。

ジェスチャーをつける

ジェスチャーをつけると、表現が豊かになり、聴衆の注目を集めやすくなります。一方、取って付けたような不自然な手の動きをすると、逆に気をそらせてしまうおそれがあります。プレゼンの勉強のために、テレビやインターネットで英語圏のビジネスパーソンや学者、政治家のインタビューを事前に確認して、自然なジェスチャーを研究しておくと良いでしょう。メッセージを強調したいときにジェスチャーを効果的に取り入れると、聴衆の目を引き付けるのに役立ちます。

重要なポイントは、ゆっくり話す

ゆっくり、はっきり話すと、「今話している内容が重要」であることが伝わりやすくなります。強調したい部分は、意識して話す速度を落としてみましょう。焦ると早口になりがちですが、プレゼンの結論部分などは聴衆に訴えかけるように、ゆっくり、はっきりと強調することが大切です。ですが、プレゼンの結論部分などは聴衆に訴えかけるように、ゆっくり、はっきりと強調することが大切です。プレゼンの前に録音して聞き直したり、誰かに確認してもらったりしながら練習してみましょう。

スクリプトに縛られない

伝えることを整理するうえで、スクリプトを準備することは大切です。ただし、「スクリプトのとおりに話さないといけない」と思うと、緊張してぎこちないプレゼンになってしまうことがあります。スクリプトは、あくまでプレゼンをゴールへと導く道しるべととらえ、暗記したとおりに話すのではなく、意味やポイントを伝えることに集中しましょう。

間を意識する

間を空けたり、埋めたりすることでプレゼンにメリハリを出せます。説明が続いた後に間を空けると、内容に区切りがついたことを伝えられるため、プレゼンターだけでなく聴衆も次のテーマに進む準備ができます。その際、間をつなぐフレーズを覚えておくと便利です。沈黙が続くと、緊張感が増したり焦ったりしがちなので、「Now, let’s move on to the next topic.(では、次の話題に移りましょう)」「Please take a look at the next slide(次のスライドをご覧ください)」など「つなぎの一言」を覚えておくと重宝します。

スライドは、背景として考える

プレゼンのスライドに、英文を長々と記載しないようにしましょう。スライドはプレゼンターの背景として考え、必要なキーワードや図解のみを記載します。一目でメッセージやイメージが伝わるスライドが理想的です。スライドに記載のないメッセージは、プレゼンターが発する言葉に込めましょう。

英語のプレゼンで使えるパワーフレーズ

英語のプレゼンをスムーズに進行するには、定型フレーズを覚えておくと便利です。プレゼンでよく使われる表現を進行順に見ていきましょう。

イントロダクション

初めに自己紹介をして、プレゼンの大まかな概要を伝えます。聴衆がその先を聞きたくなるような内容を伝えることを意識しましょう。

挨拶する

プレゼンとはいえ、通常の自己紹介と大きな差はありません。ここで、自分の略歴について述べたり、アイスブレイクとして会場を和ませるエピソードを加えたりしてもOKです。ただし、イントロダクションは長くなりすぎないように注意しましょう。

Thank you for attending today. I am Jiro Inoue, director of〇〇.
(本日はお越しいただき、ありがとうございます。○○の井上次郎と申します)
Good morning everyone. My name is Jiro Inoue, representing○○.
(皆さん、おはようございます。○○を代表して参りました、井上次郎と申します)

プレゼンをする目的を伝える

プレゼンを行う目的をわかりやすい言葉で伝えましょう。専門家も一般客も参加しているイベントなど、聴衆の知識に差がある場合は、なるべく誰にでも伝わる表現を使うことが大切です。

Today, I’d like to talk about newly developed product.
(本日は、新規開発製品についてご説明いたします)
Here we’d like to introduce our newly developed product.
(こちらにて、新規開発製品をご紹介させていただきます)

プレゼンの構成について伝える

プレゼンは何部構成で、それぞれの時間に何をテーマに話すか、簡潔にまとめて伝えましょう。その後の予定がある人もいるので、所要時間をあらためて伝えておくこともポイントです。

We have three things to cover today in this 90-minute presentation. First, I’ll talk about our new product features. Then I’ll explain our new technology for the product development. Last of all, I’ll add detailed pricing system.
(本日の1時間半のプレゼンは三部構成となっております。最初に新製品の特徴について、次に製品開発における新技術について、最後に料金体系についてのご説明をさせていただきます)

We’ll talk about three things today. First, about new product features. Second, new technology. Finally, fee structure. The presentation will take about 90 minutes.
(本日は三つの事柄についてご説明させていただきます。まず新製品、続いて新技術、最後に料金体系についてです。当プレゼンは1時間半の予定です)

本編

進行する

冒頭に伝えた進行に沿って本編の説明をしていきます。「まず」「次に」など、定型のフレーズを用いて今どのフェーズの説明をしているのかわかりやすく伝えしょう。

I’d like to start by talking about our new product.
(まず我々の新製品についてご説明差し上げます)
Next, I’d like to talk about new technology with it.
(次に、それに伴う新技術についてです)

参考資料を説明する

プレゼンでは、グラフや地図などを使って、図解で説明することが多くあります。以下の表現を用いてスライドに注目を集めましょう。

Please take a look at next bar chart on the left.
(次の、左手にある棒グラフをご覧ください)
Please look at the top table, first.
(まず、上の表をご覧ください)

エンディング

プレゼンがもうすぐ終わることを伝える

プレゼンの終わりが近づいてきたら、説明内容に「間もなく終わる」ことをにじませていきましょう。次の表現を用いると、エンディングに入ったことを伝えられます。

We’re coming to the end, and ~
(最後になりますが、~)
Finally we’re getting to the end of today’s presentation.
(いよいよ本日のプレゼンの最後になります)

プレゼンの要点を伝える

プレゼンの締めくくりには、説明内容の振り返りをすると、聴衆の記憶が定着しやすくなります。印象に残るエンディングにするためにも、自分がもっとも伝えたいメッセージをあらためて伝えましょう。

Now I’m going to give you a brief summary.
(本日の概要をお伝えいたします)

In conclusion, ~.
(結論といたしましては、~)

お礼の挨拶をする

プレゼンの最後には、お礼の挨拶で締めくくりましょう。自分のプレゼンを聞き、時間を割いてくれたことへの感謝を伝えることが大切です。

Thank you again for taking time for this presentation.
(あらためまして、今回のプレゼンテーションのためにお時間をいただきまして、ありがとうございました)
Thank you for joining us today.
(本日はご参加いただきありがとうございました)

英語のプレゼン後の質疑応答で使えるフレーズ

プレゼン後の質疑応答は、聴衆に理解を深めてもらう大切な時間です。あらかじめ質問を想定して回答を考えておくことはもちろん、受け答えするときの基本表現を押さえてスムーズに回答しましょう。

質問を促す

質疑応答の時間に入ったら、聴衆に質問を募りましょう。以下のようなフレーズを投げかけます。

Are there any questions?
(ご質問はございますか?)
I’d like to call on a few of you to answer.
(いくつかのご質問にお答えしたいと思います)
Do you have any questions?
(何かご質問はありますか?)

質問者を指名する

質問者の手が上がったら、質問を促します。質問者が複数いる場合は、位置や服装を伝えて指名しましょう。

Yes, the lady over here, please.
(はい、こちらの女性、どうぞ)
Yes, the gentleman on my right hand side, please.
(はい、こちらから見た右手側のその男性、どうぞ)
Yes, the person with red glasses, please.
(はい、こちらの赤い眼鏡の方、どうぞ)

質問に回答する

回答するときは、良い質問だと伝えたり、質問を交わしたりして、積極的に交流を図るとお互いの緊張が解けるでしょう。
また、機密事項に関することで回答が難しいときは、はっきりとその旨を伝えることが大切です。

That’s a good question. Yes, we are~
(それは良い質問ですね。はい、我々は~)
I’m afraid it’s confidential.
(残念ながらそちらは当社機密情報となります)

便利な英語フレーズを押さえて、印象に残るプレゼンを

大勢の人の前で英語を話すのは緊張するものです。そのため、スライドやスクリプトの作成、進行に使える定型フレーズの習得など、前もって準備できることを十分に行い、備えておきましょう。プレゼン内容の大筋をしっかりと押さえられていたら、一度焦ってしまったとしても、自分のペースを取り戻すことは可能です。プレゼンは聴衆にとって一つのショーであると言えます。ジェスチャーや話し方なども工夫して印象に残るプレゼンを行い、聞き手に有意義な時間を届けるという意識を持ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る