初めてでも英語プレゼンを成功に導く進め方と頻出フレーズ

ビジネス英語で避けて通れないのが英語でのプレゼン。
日本ではプレゼンをする機会は少ないかもしれませんが、英語圏をはじめとした国際的な企業ではプレゼンは日常茶飯事です。

これから英語をビジネスで使おうとしているなら、プレゼンの進め方について知っておくことのメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

そこで今回は、初心者の方でもすぐに分かる英語プレゼンのポイントをじっくり解説いたします。

英語プレゼンの基本構成

まず初めに、英語のプレゼンの基本構成を押さえておきましょう!英語でプレゼンを行う際は、以下の3部構成を意識することが大切です。

イントロダクション導入、話題への導線
⇒聞き手との関係構築
本論プレゼンの趣旨、聞き手に最も伝えたいこと
⇒テーマの詳述
エンディングまとめ、結論の反復
⇒理解の確認

聴衆の頭に残るプレゼンするためには、簡潔かつ分かりやすいプレゼンが必要とされますので、まずはこの構成を覚えたうえで、いかにシンプルかつ明確にしていくかを考えていきましょう。

特に商品やサービスをアピールする際は、いきなり商品を発表するのではなく、場の空気をうまく作り上げながら自然な流れで商品紹介へ誘導することを意識すると良いでしょう。

それでは具体的に、3つそれぞれのパートについて詳しく見ていきましょう。

イントロダクション

まずプレゼンの一番最初に行う「イントロダクション」とは、一言で言うと聴衆との関係を築いていくパート。聴いてくれている人に対して「この人のプレゼン、面白そう」、「この人のプレゼンは聞く価値ありそう」と思わせるかどうかが、一番重要なポイントになってきます。

イントロダクションの基本構成

  • 挨拶
  • プレゼンの場を与えられたことの感謝
  • 自己紹介
  • 雰囲気作り
  • 今回のプレゼンのテーマや構成、プレゼンの時間、質疑応答について説明

例えばアメリカでは「アイスブレイク」という考えが浸透していますが、プレゼンを始める前のどこか堅苦しい雰囲気を、何か気の利いたジョークや何気ない会話で和ませることができれば、その人は「プレゼンがうまい!」と評価されるようになります。

もちろん「アイスブレイク」を最初から上手く英語でできる人などいませんので、まずは場の空気に飲まれず、せめて表情だけでも明るく振る舞うと良いでしょう。

挨拶

プレゼンとはいえ、通常の自己紹介と大きな差はありません。
ここで、自分の略歴について述べたり、アイスブレイクとして会場を和ませるエピソードを加えたりしてもOKです。

ただし、イントロダクションは長くなりすぎないように注意しましょう。

使えるフレーズ

挨拶

Thank you for attending today. I am Jiro Inoue, director of〇〇.
本日はお越しいただき、ありがとうございます。○○の井上次郎と申します

Good morning everyone. My name is Jiro Inoue, representing○○.
皆さん、おはようございます。○○を代表して参りました、井上次郎と申します

プレゼンの目的を伝える

プレゼンを行う目的をわかりやすい言葉で伝えましょう。
専門家も一般客も参加しているイベントなど、聴衆の知識に差がある場合は、なるべく誰にでも伝わる表現を使うことが大切です。

使えるフレーズ

プレゼンの目的について

I’m here to talk about~
私は~について話します

The main purpose of today’s presentation is~
本日のプレゼンの主な目的は~です

Through this presentation, you will know ~
このプレゼンを通して、あなたは~を知ることができます

プレゼンの構成を伝える

プレゼンは何部構成で、それぞれの時間に何をテーマに話すか、簡潔にまとめて伝えましょう。
その後の予定がある人もいるので、所要時間をあらためて伝えておくこともポイントです。

使えるフレーズ

プレゼンの構成について

My presentation is divided into ~ parts.
プレゼンは~つのパートに分けられます

My presentation will last for ~ minutes.
プレゼンは~分ほどです

参考文

We have three things to cover today in this 90-minute presentation. First, I'll talk about our new product features. Then I’ll explain our new technology for the product development. Last of all, I’ll add detailed pricing system.
本日の1時間半のプレゼンは三部構成となっております。最初に新製品の特徴について、次に製品開発における新技術について、最後に料金体系についてのご説明をさせていただきます

We’ll talk about three things today. First, about new product features. Second, new technology. Finally, fee structure. The presentation will take about 90 minutes.
本日は三つの事柄についてご説明させていただきます。まず新製品、続いて新技術、最後に料金体系についてです。当プレゼンは1時間半の予定です

本論

イントロダクションが終わったら、ここからはいよいよプレゼンの本題部分。
まず最初にプレゼンの骨となる結論を発表しますが、その際に聴いている人が魅力的に感じるように伝えることで、その後の内容もより伝わりやすくなります。

本論の基本構成

  • 結論(プレゼンで一番伝えたいこと)
  • 理由・原因
  • 具体例(理由をより明確にしてくれる補助的な役割)
  • 予測、比較、見解
  • 解決法
  • 結論(再度確認)

英語のプレゼンでは、とにかく最初に結論を単刀直入に伝えることが大きなポイントになってきます。

また、的確な具体例をあげることも大事なポイント。理由や原因だけを言われても、どうしてそれがテーマの理由になるのかイメージしづらいこともあるかと思いますが、具体例を出すことで聴いている人のイメージも湧きやすくなります。

進行する

冒頭に伝えた進行に沿って本編の説明をしていきます。
「まず」「次に」など、定型のフレーズを用いて今どのフェーズの説明をしているのかわかりやすく伝えましょう。

使えるフレーズ

トピックの冒頭

I’d like to start by talking about our new product.
まず我々の新製品についてご説明差し上げます

I’m proud to introduce this new product.
自信を持ってこの新製品をご紹介します

トピックの締め


Up to here, I talked about some features of our new product.

ここまで新製品の特長をご紹介しました

I’ve been talking about our new product so far.
ここまで新製品についての説明でした。

次のトピックへ

Next, I’d like to talk about new technology with it.
次に、それに伴う新技術についてです

Now, let me focus on the new technology.
それでは、新技術について着目してみましょう

その他進行で使えるフレーズ

考察

We suppose that ~
私たちは~と考えます

We think we should ~
私たちは~するべきと考えます

理由・原因

Due to ~
~が要因で

Because of ~
~により

具体例

For example (instance)
例えば

To take an example
例を挙げると

予測、比較、見解

From this, we can suppose that ~
このことから~であることが推測できます

This survey represents that ~
この調査により~ということが分かります

解決法

As a solution
解決法としては

To cope with this problem
この問題を解決するために

結論(まとめ)

In other words
つまり

To sum up, In summary
要するに

As a conclusion
結論は

参考資料を説明する

プレゼンでは、グラフや地図などを使って、図解で説明することが多くあります。以下の表現を用いてスライドに注目を集めましょう。

使えるフレーズ

参考資料の説明

Please take a look at next bar chart on the left.
次の、左手にある棒グラフをご覧ください

Please look at the top table, first.
まず、上の表をご覧ください

Please look at the materials at hand.
お手元の資料を参照してください

I’ll pass out the handout later.
資料は後で配布します

よく使う単語

スライドslide
グラフgraphic chart
円グラフpie chart
フローチャートflow chart
figure
table
配布資料handout, materials

エンディング

プレゼンがもうすぐ終わることを伝える

プレゼンの終わりが近づいてきたら、説明内容に「間もなく終わる」ことをにじませていきましょう。次の表現を用いると、エンディングに入ったことを伝えられます。

使えるフレーズ

エンディング導入

We’re coming to the end, and ~
最後になりますが、~

Finally we’re getting to the end of today’s presentation.
いよいよ本日のプレゼンの最後になります

プレゼンの要点を伝える

プレゼンの締めくくりには、説明内容の振り返りをすると、聴衆の記憶が定着しやすくなります。
印象に残るエンディングにするためにも、自分がもっとも伝えたいメッセージをあらためて伝えましょう。

使えるフレーズ

概要・結論について

Now I’m going to give you a brief summary.
本日の概要をお伝えいたします

In conclusion, ~.
結論といたしましては、~

結論を念押し

As I mentioned at the beginning, ~
冒頭で申し上げた通り~

Again, ~
改めまして、~

お礼の挨拶をする

プレゼンの最後には、お礼の挨拶で締めくくりましょう。自分のプレゼンを聞き、時間を割いてくれたことへの感謝を伝えることが大切です。

使えるフレーズ

お礼の挨拶

Thank you again for taking time for this presentation.
あらためまして、今回のプレゼンテーションのためにお時間をいただきまして、ありがとうございました

Thank you for joining us today.
本日はご参加いただきありがとうございました

質疑応答

自分のプレゼンが一通り終わったら、最後に聞いてくれた人に意見や質問を出してもらう「質疑応答」の時間を必ず用意しましょう。

質疑応答のポイントは、とにかく聴いてくれた人が質問をしやすい雰囲気を作ること。「質問だけでなく意見やコメントも歓迎ですよ」というニュアンスを伝えるだけでも、質問に対するハードルをかなり下げることができます。

使えるフレーズ

質問を促す

Are there any questions?
ご質問はございますか?

I’d like to call on a few of you to answer.
いくつかのご質問にお答えしたいと思います

Do you have any questions?
何かご質問はありますか?

質問者を指名

Yes, the lady over here, please.
はい、こちらの女性、どうぞ

Yes, the gentleman on my right hand side, please.
はい、こちらから見た右手側のその男性、どうぞ

Yes, the person with red glasses, please.
はい、こちらの赤い眼鏡の方、どうぞ

質問や意見を募る

Please do not hesitate to ~
遠慮せず~してください

Please feel free to ~
ご自由に~してください

質問の意図を確認

You would like to ask ~, right ?
~について聞きたいということでよろしいでしょうか?

You mean ~, right ?
~ということでしょうか?

質問に回答

That’s a nice question
それは良い質問です

That’s a very good point
それはとても良いご指摘です

回答に問題ないかを確認

Is this what you wanted to ask ?
これがあなたの聞きたかったことでしょうか?

I hope this answers your question
これで質問にお答えできていると良いのですが

英語プレゼンを成功させるポイント

プレゼンターは聴衆にとって聞きやすく、わかりやすいプレゼンができるように準備を整えましょう。

結論から話す

一番伝えたいことや重要なことを英文の初めに配置し、言いたいことを明らかにしましょう
結論を述べた後に理由や背景を伝えると、聴衆は結論を意識して説明を聞くことができ、理解しやすくなります。

ジェスチャーをつける

ジェスチャーをつけると、表現が豊かになり、聴衆の注目を集めやすくなります。
プレゼンの勉強のために、テレビやインターネットで英語圏のビジネスパーソンや学者、政治家のインタビューを事前に確認して、自然なジェスチャーを研究しておくと良いでしょう。

重要なポイントは、ゆっくり話す

ゆっくり、はっきり話すと、「今話している内容が重要」であることが伝わりやすくなります。強調したい部分は、意識して話す速度を落としてみましょう
プレゼンの結論部分などは聴衆に訴えかけるように、ゆっくり、はっきりと強調することが大切です。

スクリプトに縛られない

伝えることを整理するうえで、スクリプトを準備することは大切です。ただし、
スクリプトは、あくまでプレゼンをゴールへと導く道しるべととらえ、暗記したとおりに話すのではなく、意味やポイントを伝えることに集中しましょう。

スライドは、背景として考える

プレゼンのスライドに、英文を長々と記載しないようにしましょう。
一目でメッセージやイメージが伝わるスライドが理想的です。
スライドに記載のないメッセージは、プレゼンターが発する言葉に込めましょう。

まとめ

本番を迎えたら、緊張しないように意識をして、とにかく堂々とプレゼンを行いましょう

原稿を見ながらタジタジした様子で話せば、聞いている人もすぐに飽きてしまうかもしれません。
原稿はなるべく見ないようにして、ボディランゲージなどを交えながら飽きさせないプレゼンをすることができれば、そのプレゼンは大成功ということができるでしょう。

ぜひ聞きやすく、分かりやすく、堂々としたプレゼンを意識して、英語でのプレゼンに臨んでくださいね!

外国人観光客に道を尋ねられて答えられなかった…
そんな経験はありませんか?
そのたびに「英語を話せたら…」と思っているかもしれません。そんな思いを3か月で叶える方法をお教えします!
高い教材や教室に通わなくても、まず話せるようになるコツ。

その方法についてまとめた記事「英語で道案内すらできない私が3か月で英会話を習得するには」を読んでみてください。何事もはじめの一歩から!
  • この記事を書いた人
1億人の英語 編集部

1億人の英語 編集部

当サイト「1億人の英語」を運営。 様々なシーンで使えるフレーズや英文法の基礎など、日本人が抱えている英語の「苦手」を解決するためのコンテンツを随時配信中。

-ビジネス英語
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.