英語で表す感情表現を覚えれば英会話はグンと楽しくなる!【2020/12/11配信】

2020年12月11日

英語で会話をする機会が増えれば、

必然的に英語で感情を表現する

場面も度々あります。

日本人はその国民性から

あまり表に感情を出しませんが、

英語圏の人は

言葉ではっきりと感情を

伝えるのが一般的です。

言葉やふるまいで

しっかり表現しないと

思っていることは

伝わりにくいので、

英語での感情表現は

覚えておくべき大切な表現です。

今回は英語での感情表現の

方法についてご紹介したいと思います!

==============================
 感情表現の基本構文
==============================

まずは感情表現における

英語の基本構文を覚えましょう。

英語で感情表現をする場合は

【主語+be動詞+感情を表す形容詞】

まずこの形を覚えましょう。

【例文】
I am happy.
私は幸せです

He was angry yesterday.
彼は昨日怒っていた

また、be動詞に代わって

「have」や「feel」といった

動詞を使うと、

be動詞の時よりも

「なんとなく~な気分」

のようにふんわりとした

ニュアンスで表現できます。

【例文】
I have a good feeling today.
私は今日気分が良い

She felt sorry for that.
彼女はそれを気の毒に思った

感情を表現する形容詞は

とても沢山ありますが、

よく使う覚えておくべき

基本的な単語は

以下URLでまとめていますので、

是非ご覧ください!

よく使う感情表現の形容詞一覧はコチラから!
https://english-for-japanese.net/2499/

==============================
 よく使われる受動態の感情表現
==============================

感情表現をする場合、

「受動態」で表現することも。

「受動態」と言えば、

「~させる」という意味のように、

主語が何かによって「~される」

ことを表現します。

受動態の基本構文は

【主語+be動詞+過去分詞+前置詞+人、モノ】

ですね。

受動態の感情表現を使うケースは

「自分の意志とは関係なく」

「外部要因によって」

感情を動かされる場合に使われます。

【例文】
His attitude impressed me.(能動態)
彼の態度は私を感銘させた

I was impressed by his attitude.(受動態)
私は彼の態度に感銘を受けた

上記2文は同じ内容の英文を

能動態と受動態で表現したものです。

「impress」という単語は

「~を感銘させる」という他動詞で、

主語は「感銘させるモノ」

という形を取ります。

少しわかりにくいのですが、

人を主語にする場合は

受動態にして表現をする必要があります。

受動態の感情表現は

少し慣れが必要かもしれません。

他にも副詞や感嘆文などを

使った感情表現がありますが、

まずは基本表現をマスターして

挑んでみると良いでしょう!

下記URLでは、

受動態でよく使う感情表現の単語や

副詞を使った感情表現などを

ご紹介していますので

チェックしてみてください!

副詞や感嘆文、擬音で表現する感情フレーズはコチラから!
https://english-for-japanese.net/2499/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
「英語で表す感情表現を覚えれば英会話は楽しくなる!」
 ⇒https://english-for-japanese.net/2499/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

今後も英会話、英語学習にお役立ちの情報を配信してまいります!

ネイティブによる英文添削サービスを知ってますか?

英語をある程度学んでいると、自分の英文が自然な表現かちょっと不安になってきます。

そんなときはネイティブに添削してもらえれば不自然な表現を矯正することができます。
そんな添削サービスを無料で利用できることを知っていますか?

この記事では、英文添削サービス「HiNative」について編集部が実際に使ってみたレポートを掲載しています!
英文添削サービスってどうなの?

【オススメコンテンツ(一部広告)】

  • この記事を書いた人
1億人の英語 編集部

1億人の英語 編集部

英語学習サイト「1億人の英語」を運営。

1億人の英語は英語学習初心者向けに、英語の資格試験対策の情報や海外旅行などですぐに使えるフレーズなどを毎月配信。 腰が重くなりがちな英語学習が楽しくなるようなコンテンツを提供するメディアです。

英語講師や英検やTOEICの階級・スコアの保持者、渡航経験のあるライターを迎え、日本人が英語学習を通して実用的だと実感した事柄を軸に、記事をお届けしています。

学びたいことや知りたいことのリクエストは随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
Twitter

-メールマガジン

Copyright© 1億人の英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.