英語で相槌を打つ際のポイントと例文|共感・驚き・称賛などシーン別

円滑なコミュニケーションのために相槌が大事なのは、日本語も英語も同じです。ただ、ビジネスシーンにおいて、英語で適切に相槌を打つのは意外と難しく、「Yes」や「Uh-huh」を連呼してしまう人も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、相槌を打つときのポイントと、相槌に含めたい感情・ニュアンス別のフレーズをご紹介します。
「なるほど」「すごいですね」など、心情に合わせてさまざまな相槌を打ち、もっと英会話を楽しみましょう。

英語で相槌を打つ際のポイント

まず、英語で相槌を打つ際のポイントについてお伝えします。日本人が間違えやすい点もありますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

相槌を打ちすぎない

最初に押さえておきたいのは、英語は日本語ほど相槌を打たないということです。基本的には、アイコンタクトをしながら会話中にうなずくだけで相手の話を聞いていることを伝えられます。日本人の会話は相槌が多いため、ネイティブスピーカーの中には発言をさえぎられていると感じたり、急かされていると勘違いしたりする人もいます。日本人には想像しづらいかもしれませんが、英語圏では基本的に話は黙ってうなずきながら聞き、相槌は自分の感情を示したいときに要所要所で打つものです。話しているときに発言するのはマナー違反とされるので、相手の話を最後までしっかり聞くことを意識しましょう。

相槌は適切なタイミングで打つ

相槌はさまざまな意思を伝えられます。例えば確認・共感・称賛・驚き・納得・疑問など、シチュエーションに応じて気持ちを込められます。「That’s~」を使うと感想を表しやすく、「That’s good!」「That’s amazing!」など、知っている形容詞と組み合わせてよく使われます。

相槌で「Yes」はあまり使わない

「Yes」は肯定を表す言葉ですが、軽い相槌に使うのは不自然です。かしこまった場面で肯定する際に「Yes.」と言うときもありますが、日常では「Yeah.」という肯定表現で伝えることが主流です。

復唱するときは主語と動詞を逆にする

相手が言ったことに対して「そうなんだね」と復唱するときは、疑問文を作るときと同じ感覚で、主語と動詞を逆にした表現を使います。例えば、「I get up at 6 every morning.」と言われた場合は「Do you?」、「I have been there.」と言われたときは「Have you?」などです。このとき、文章の形は疑問文ですが、語尾を下げると相手の発言を復唱しているように聞こえます。

「共感」「納得」を伝える相槌表現

会話をしていると、相手の話に「そのとおりですね」と共感や納得を伝えたい場面がしばしば出てきます。うなずくだけでなく、ぜひ言葉にしてみましょう。

共感、納得を伝える

That’s true.(そのとおりだね)

直訳すると「それは真実だ」という意味です。相手の意見に納得し、賛同する場面で幅広く使えます。

You’re right.(そのとおりだね)

直訳すると「あなたは正しい」という意味です。相手の意見の筋が通っており、賛同の意思を伝えるときに使います。

I see.(なるほど)

直訳すると「わかりました」という意味です。主に、自分が知らなかったことを聞いたときや、不明瞭だったことに対し納得のいく説明を受けたときに使います。

Totally.(もちろんそうだね)

「完全に(賛同する)」という意味の言葉です。相手と完全に同じ意見であるときや、相手を強く支持したいときに使います。

Absolutely.(もちろん)

「完全に」という意味の言葉です。賛同するかどうかを尋ねられた際などに、完全な同意を示すために使います。

Exactly.(まさに)

直訳すると「ちょうど」という意味です。相手の発言が全く自分の考えと同じと思えるときなど、相手を支持するときに伝えましょう。

That makes sense.(確かに)

「make sense」で「筋が通っている」という意味になります。相手と自分の意見の相違にかかわらず、相手の言い分が論理的であるときに使います。どちらかというと、賛同しかねる点もあるけれど理にかなっている、というような状況で打ちたい相槌です。

「So ~ I.」で共感を伝える

相手の発言の動詞に合わせて、「~」を変化させて使います。ネイティブスピーカーもよく使うコンパクトな表現ですが、「過去形か」「be動詞があるか」などの条件に応じて瞬時に形を変化させる必要があります。

be動詞の現在形

I’m hungry.(お腹がすいた)
So am I.(僕もだよ)

「So」の後は、be動詞を疑問文の要領で主語と倒置させます。すると、「私も(同様の状態)です」と伝えられます。

一般動詞の過去形

I called him many times.(彼には何度も電話したのよ)
So did I.(僕もだよ)

be動詞と同じ要領で、一般動詞も「do」に置き換えて倒置させます。時制も合わせるため、過去形の「did」に変化します。

be動詞の現在形で否定文

I am not hungry.(お腹はすいてないわ)
Neither am I.(僕もだよ)

否定文に相槌を打つときは、「So」ではなく「Neither」を使います。

一般動詞の未来形で否定文

I will not call him tonight.(今夜は彼に電話しないわ)
Neither will I.(僕もだよ)

否定形の際は、冒頭に「Neither」を置いて、以降を同様に倒置させます。上記は助動詞「will」を使った文章なので、「Neither」の後は「will I」と続きます。「I won’t either」でも、「私もしません」という同様の意味になります。

やんわりと共感を伝える

I guess so.(そうだと思います)

「私はそう推測します」という意味です。正しいかどうか自信がないときや、あまり賛同していないものの、違う意見であると伝えづらいときに使います。特にアメリカ英語でよく使われる表現です。

Maybe.(そうだろうと思います)

「Maybe(多分)」は確信がなかったり、賛同しかねたりするときに使われます。声のトーンを下げすぎず、前向きな表情で言うと、相手を不快にさせることなく、完全に賛同しているわけではないニュアンスを出せるでしょう。

Could be.(ありえますね)

「can」を「could」にすることで、可能性の低さを示唆します。相手に反対しづらい状況で、仕方なく共感している印象を与えます。しかし、声のトーンを明るくすることで肯定感を伝えられるため、話し方に留意しましょう。

「驚き」を伝える相槌表現

相手の発言にびっくりしたときは、相槌で表現することはもちろん、声で驚きを表現することも大切です。少々大げさなくらい抑揚をつけましょう。
驚きを伝える決まり文句は、カジュアルな表現が多く、家族や友達、同僚など親しい間柄で使われます。

Really?(本当?)

驚いた口調で、語尾を上げて使います。語尾を下げると「そうなんだね」の意味にもなるため、声のトーンを意識して使いましょう。

Are you serious?(嘘でしょ?)

「本気ですか?」という意味合いです。カジュアルな表現なので、日本でいう俗語の「マジで!?」というニュアンスに近いフレーズです。

Is that so?(そうなの?)

「そういうことですか?」という意味です。語尾を下げると「そうなんだね」の意味になるので、驚きを伝えるときは語尾を上げて使います。また、比較的落ち着いた印象で伝えられるため、目上の人に驚きを伝えるときにも使えます。

You’re kidding!(冗談でしょ!)

直訳すると「あなたはふざけている」です。「そんなばかな!」というニュアンスを表します。

That’s terrible!(ひどいね!)

「terrible」は「ひどい、恐ろしい」という意味合いです。悪いニュースを聞いたときによく使われる相槌です。

No way!(まさか!)

「そのようなことがあるわけがない」という表現です。ありえないくらい驚いたときに使います。

「称賛」を伝える相槌表現

目標達成や合格の報告を受け、相手を称賛したいときの相槌表現をお伝えします。「That’s~」を使い、「素晴らしい」を意味する形容詞をつなげると、簡単に称賛の姿勢を示せます。

That’s fantastic!(素晴らしいね!)

偉業や成功ではなくても、良いニュースを聞いたときに気軽に使える表現です。目上の人に向けても使えます。

That’s great!(すごいね!)

称賛を伝える際に幅広く使う言葉です。社内の人だけでなく友達同士でもよく使われます

That’s cool!(かっこいいね!)

俗語で「いけてるね」という意味合いのある、くだけた表現です。同僚や友達に対して使いましょう。

That’s awesome!(すごいね!)

驚嘆と感動を表す表現です。親しい間柄で、カジュアルに相手を称賛したいときに使いましょう。

「残念」と伝える相槌表現

状況が良くないときに打つ相槌には気を配る必要があります。とっさのシーンですぐ使えるようにフレーズをいくつか覚えておきましょう。

That’s too bad.(それは残念ですね)

直訳すると「悪すぎる」という意味ですが、責めたりけなしたりする意味にはなりません。「お気の毒に」というニュアンスを持ち、悪いニュースを聞いたときに幅広く使えます。

That’s a shame.(それは残念ですね)

「shame」は「恥」という意味もありますが、ここでは「恥」でなく、「残念」という意味で使われています。「一緒に行けなくて残念だ」というような状況でよく使います。

I’m sorry.(お気の毒に)

不幸な出来事に対して使うことの多い表現です。かける言葉も浮かばないような状況で、とりあえずひと言何か言いたいときに使います。

適切なタイミングで的確な相槌を打てる練習を

日本語と異なり、英語の相槌は頻繁に打つものではありません。「うんうん」と連呼する日本語と、会話の中で時折挟むだけの英語の相槌とは、使い方が異なります。共感・驚き・称賛・残念など、感情ごとに適したフレーズを覚えて、スムーズに多くの言い回しを使いこなせるようになると、英会話の表現がより豊かになるでしょう。

ビジネス英語特集

ページ上部へ戻る