英語上級者のスタートライン!英検準一級のレベルとは?【2020/06/30配信】

2020年6月30日

先日、英検の受験会場が3密になってしまった、

というニュースが話題となっていましたが、

「英検」と言えば、英語学習をする人ならば

目標の一つに「英検合格」を掲げている人も多いですよね。

皆さんの中にも英検の受験経験がある方は

きっと多いのではないでしょうか?

英検は正式名称「実用英語技能検定」と言い、

年に3回実施される国内最大級の英語検定試験です。

5級~1級までの7つのグレードに分かれ、

入試や就転職の場面で、英語スキルを測る指標として

幅広く認知、活用されています。

「英語を使って仕事をしたい!」

「英語を話せる様になりたい!」

という人にとって、

英検は目指す目標として明確で分かりやすいので、

是非合格を目指してほしい試験です。

今回は「英検について知っておきたいこと」について

ご紹介したいと思います!

==============================
 就転職で有利になるのは何級から?
==============================

まず、気になるのは「英検何級なら就転職に有利なの?」

ということじゃないでしょうか?

一般的に「履歴書に書ける」のは「英検2級」からと言われます。

しかし、これは「英語が話せる」とはまた別の水準で、

「英語を話せる」とするなら、「英検準1級」は欲しいところ。

同じ有名な英語能力試験のTOEICで換算するならば、

「740~820点」程度のスコアに当たるレベルで、

「ビジネスで英語を使う」事を想定すると、

英検準一級に合格していないと、

外資や一般企業の英語部門への就転職の難易度は高いでしょう。

英検準一級レベルだとどんなことができる?詳しくはこちらから!
https://english-for-japanese.net/208/

==============================
 英検準一級のレベルってどのくらい?
==============================

では、英検準一級の合格を目指して頑張りましょう!

といっても、どのくらいのレベルなのでしょうか。

英検準一級は「大学中級程度」とされていますが、

実際には受験者の合格率は約15%と、

かなり狭き門であることがわかります。

しかし、英検準一級は「英語上級者の入口」に当たる級で、

ここまで取得できる英語力ならば、

英語のコミュニケーションで困ることもほぼなく、

あなたのキャリアにも多大な良い影響を与えることは、

目に見えていることでしょう。

では、そんな英検準一級に合格するためには

どんな対策を取ればいいのでしょうか?

英検準一級の試験構成や出題傾向、

各問題への対策法をご紹介しています!

英検準一級に合格するための勉強法とは!?
https://english-for-japanese.net/208/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
「合格困難な英検準1級のレベル・合格率、対策法とは」
 ⇒https://english-for-japanese.net/208/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

今後も英会話、英語学習にお役立ちの情報を配信してまいります!

あなたは英文法を理解していますか?

日本語と英語は根本的に文法が異なります
  • 英語を聞き取る
  • 英語の意味を理解する
  • 英語で思っていることを伝える
この3つを日常会話レベルにするためには、英文法をしっかり押さえておくことが大切です! 1日1時間×24日間で、英文法をしっかりと理解すれば、英文を理解し、英語で伝える基礎が完成します。何となく英語ができるようになればいいな…と思っている人にもオススメ!hiro式・英文法短期集中マスターコース
  • この記事を書いた人
1億人の英語 編集部

1億人の英語 編集部

英語学習サイト「1億人の英語」を運営。

1億人の英語は英語学習初心者向けに、英語の資格試験対策の情報や海外旅行などですぐに使えるフレーズなどを毎月配信。 腰が重くなりがちな英語学習が楽しくなるようなコンテンツを提供するメディアです。

英語講師や英検やTOEICの階級・スコアの保持者、渡航経験のあるライターを迎え、日本人が英語学習を通して実用的だと実感した事柄を軸に、記事をお届けしています。

学びたいことや知りたいことのリクエストは随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
Twitter

-メールマガジン

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.