助動詞「will」「can」などの正しい使い方、理解できていますか?【2020/04/21配信】

2020年4月21日


突然ですが皆さん、

助動詞、覚えていますか?

中学校で習ったと思いますが、

「will」や「can」、「must」といったアレです。

基本的な意味は知っていると思いますが、

同じ助動詞でも、いくつかの意味を持っています。

その辺が曖昧になっていると、

英会話やビジネスの会話で助動詞が出てきた時に、

会話の意味を瞬時に理解できずに

会話についていけなくなってしまいます。

そうならないためにも、

今回は「助動詞」について

改めておさらいをしていきたいと思います。

これを理解しておくと、

英文の理解の幅がぐっと広がることは間違いないので、

是非マスターしましょう!

==============================
 よく使われる助動詞
==============================

皆さんがよく目にする助動詞と言えば、

「will」「can」「may」「must」「should」

この5つが代表的なものだと思います。

例えば「can」。

多くの人は「可能」のことを表現する助動詞として

理解をしていると思います。

I can play the piano.
私はピアノを弾くことができます。

しかし、それ以外にも、

You can use the stove for cooking if you want.
使いたいならば、コンロを調理に使ってもいいですよ。

といった「してもいい(許可)」の意味で使われたり、

Can you give me a cup of coffee?
コーヒーを一杯もらえますか?

というような「~できますか?(依頼)」

の意味で使われることも多い助動詞です。

このように助動詞一つとっても、

様々なニュアンスで使われ、

非常に使われることの多い用法でもあります。

他の助動詞の主な使われ方・例文はこちらから!
https://english-for-japanese.net/1010/

==============================
 助動詞の過去形
==============================

もちろん助動詞にも過去形は存在しており、

「できる」⇒「できた」

「しなければならない」⇒「しなければならなかった」

と、過去のことを伝える意味として使われます。

しかし、助動詞の過去形には

「過去」を伝える以外の意味で使われることも多く、

助動詞の理解を曖昧にしてしまう点でもあります。

例えば、先ほど出てきた「can」を使った文、

Can you give me a cup of coffee?
コーヒーをもらえますか?

これを「can」の過去形「could」で表現すると、

Could you give me a cup of coffee?
コーヒーをいただけますか?

この文には「過去形」の意味は使われておらず、

現在形の文よりもさらに丁寧に伝える表現として使われます。

このように過去形でも過去を意味しない使われ方も

よく使われる表現ですので、ぜひ理解をしておきましょう。

助動詞の過去形の使い方は様々!詳しくはコチラから!
https://english-for-japanese.net/1010/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
「英語の助動詞で表現に幅を!全15種類の助動詞を一覧で解説!」
 https://english-for-japanese.net/1010/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

今後も英会話、英語学習にお役立ちの情報を配信してまいります!

【オススメコンテンツ(一部広告)】

  • この記事を書いた人

1億人の英語 編集部

英語学習サイト「1億人の英語」を運営。

1億人の英語は英語学習初心者向けに、英語の資格試験対策の情報や海外旅行などですぐに使えるフレーズなどを毎月配信。 腰が重くなりがちな英語学習が楽しくなるようなコンテンツを提供するメディアです。

英語講師や英検やTOEICの階級・スコアの保持者、渡航経験のあるライターを迎え、日本人が英語学習を通して実用的だと実感した事柄を軸に、記事をお届けしています。

学びたいことや知りたいことのリクエストは随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
Twitter

-メールマガジン

Copyright© 1億人の英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.