英語の相槌はタイミングが重要!日本語との決定的な違いとは【2020/04/14配信】

2020年4月14日

皆さんが無意識にやっていることで、

実は会話においてかなり重要なものがあります。

それが何だか思いつきますか?

それは「相槌」です。

会話中の「うんうん」「そうなんだ」という相槌は

「ちゃんと話を聞いてるよ」という意志表示でもあり、

これがないと、

「この人、話を聞いてるのかな?」

と不安になっちゃいますよね。

英語でももちろん会話中の相槌が存在します。

英語の会話でも相槌を使うことで、

コミュニケーションが取りやすくなります。

ただ一つ気を付けてほしいのは、

使う「タイミング」。

日本語と英語では、

相槌を打つタイミングが違い、

日本語と同じように使うと、

相手に失礼な印象を与える可能性があります。

さて、今回は英語の相槌フレーズと

正しいタイミングについてご紹介をしたいと思います。

==============================
 よく使う英語の相槌フレーズ
==============================

まず、英語の相槌の特徴ですが、

日本語に比べると「意味を含んだ」もの多く、

相槌一つひとつに

「軽い同意」や「賛成」、「同情」などの

ニュアンスが込められています。

【軽い同意】

Uh-huh.
そうですね

I see.
なるほど

【賛成】

Exactly.
まさにその通り

So do I.
私も~です

【同情】

That’s too bad.
それはひどいですね

It must have been a pain.
それは大変でしたね

このように「相槌」とは言え、

日本語と少し異なり、

会話文として成り立っているものが多いことに気づきますね。

他にも同じ「同意」を意味する相槌であっても、

その程度によっても使い分けをします。

他の相槌の表現についてはこちらから
https://english-for-japanese.net/2502/

==============================
 日本語とは全く異なる英語の相槌タイミング
==============================

日本語と英語の相槌の違いは「タイミング」と「頻度」。

日本語で一つのトピックを話す際には、

文節ごとに相槌を打つ場合が多いのですが、

英語の場合は、文章の最後に相槌を一言添えるのが一般的です。

あまり相槌が多すぎると、

「いちいち話を遮られている」感じがして、

相手にもあまり良い印象を与えません。

英語の会話においては、

必要なタイミングに必要な相槌を打つことが求められます。

同じトピックにおいて、

日本語と英語の相槌のタイミングの違いについて、

下記リンクで例文を紹介しています。

是非参考にしてみてください。

https://english-for-japanese.net/2502/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
「英語の相槌はタイミングが重要!失礼にならない表現とは?」
 https://english-for-japanese.net/2502/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

今後も英会話、英語学習にお役立ちの情報を配信してまいります!

【オススメコンテンツ(一部広告)】

  • この記事を書いた人

1億人の英語 編集部

英語学習サイト「1億人の英語」を運営。

1億人の英語は英語学習初心者向けに、英語の資格試験対策の情報や海外旅行などですぐに使えるフレーズなどを毎月配信。 腰が重くなりがちな英語学習が楽しくなるようなコンテンツを提供するメディアです。

英語講師や英検やTOEICの階級・スコアの保持者、渡航経験のあるライターを迎え、日本人が英語学習を通して実用的だと実感した事柄を軸に、記事をお届けしています。

学びたいことや知りたいことのリクエストは随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
Twitter

-メールマガジン

Copyright© 1億人の英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.