初心者がスピーキングを上達させるために必要なステップとは?

英語のテストスコアがどんなに高くても、対面でコミュニケーションを取る必要があるシーンではスピーキング力がないと通用しません。スピーキングは話す相手がいないとどのように練習すればいいのかわからず、つい後回しにしがちですが、独学でもできることはたくさんあります。日々の勉強の積み重ねが功を奏するスキルなので、毎日少しずつでもスピーキングの時間を取って勉強しましょう。
この記事では、スピーキング上達のコツについてご紹介します。

スピーキングを上達させるためのポイント

文法や単語学習などのインプットがなければ、話したり書いたりするアウトプットはできません。しかし、スピーキングが苦手な人は、英語学習がインプットに偏りがちな傾向にあります。つまり、声に出すアウトプットの練習が足りていない状態です。

英語圏に住む子どもたちの多くは、幼稚園児になった頃にはほぼ会話が成立するレベルの英語を話せます。基礎の文法はかなりできており、多少の間違いはあってもコミュニケーションに支障が生じるほどではありません。まだ字を読み書きできない子どもたちが、なぜ話せるのでしょうか。
それは、耳から入ってきた単語や表現を、2歳頃から毎日アウトプットしているためです。つまり、自分に向けて話された言葉やフレーズを、何度も繰り返し口に出していた成果が表れているというわけです。

リスニングやリーディングで単語量を増やすことはもちろん重要ですが、スピーキングは頭だけでなく体に覚えさせる必要があるスキルです。日本に住む人が、いきなり英語環境に身を置くのは難しいでしょうから、まずは耳が英語を覚えるような状態にしましょう。例えば、スピーキングやリスニングの教材のCDなどを使い、英語圏の子どもたちのように、聞いた文章をそのまま口に出して繰り返し言う練習をすることです。単語の発音がわからないときは、テキストを見て目で確認し、それから口に出してみましょう。何度も英語を口に出して、「英語を話す口」の筋肉を作ることが大切です。

日本語は口をあまり開かなくても発音できる言語ですが、英語は異なります。英語は口を縦に開けて腹式呼吸で発音しながら伝える言語です。英語を話すトレーニングを繰り返して口まわりの筋肉が英語に適した形になっていくと、自然と発音も良くなります。
ネイティブスピーカーと話すとき、自信がないからと小さな声で話すと、余計に伝わりにくくなります。母国語ではないのですから、文法や発音が多少間違っても仕方ありません。間違うことを恥ずかしがらず、「間違えてもいい」くらいの気持ちで積極的に話すことが、スピーキング上達のために大切です。

スピーキング上達のコツ:インプットとアウトプット

リスニングやリーディングでインプットしたものは、スピーキングでどんどんアウトプットしていきましょう。最初は真似からでも、確実に力になっていきます。

インプットの方法

日常会話レベルを目指すなら、難しい単語や文法の構文を覚える必要はなく、中学英語を理解できれば十分です。日常会話に必要な単語は約2000語と言われており、単語や英文法は中学生レベルのものが習得できていれば会話は大抵成立します。難しい文章を常に流し聞きしていても、基礎力がなければ理解できないので意味がありません。
そのため、まずはTOEICの参考書に付いているリスニング用のCDやラジオ講座などを活用して、ネイティブスピーカーの発音を耳で聞き、それからテキストを見て実際に何を言われたのかを確認しましょう。

リスニングのレベルが上がってきたら、海外ドラマや洋画を見ながら勉強すると楽しみながら英語を上達させられます。ドラマや映画にはさまざまなジャンルがありますが、おすすめは日常会話で使われるフレーズが多く、セリフが聞き取りやすいコメディです。特に、『フレンズ』や『フルハウス』のようなシットコム(1話完結型の連続コメディードラマ)は、スタジオで撮影されているものが多く、余計な背景音が入っていないので会話を聞き取りやすいでしょう。 

アウトプットの方法

リスニングでインプットをしたら、今度はアウトプットの練習です。
英語教材のCDなどを利用して学習する場合は、文章を聞いた後すぐ追いかけるように同じ文章を声に出してみましょう。これは「シャドーイング」と呼ばれる学習法で、目で確認した文章ではなく、耳で聞いたものを復唱します。読めば理解できるのに、リンキング(文章を読む際に2つの単語がつながって発音が変わること)などで聞き取れなかった部分は、特に気を配りましょう。例えば、ネイティブスピーカーが「I am going to」の部分を発音すると、「I m gonna」(アイムガナ)と聞こえます。日常会話で「アイアム ゴーイングトゥ」と発音するネイティブスピーカーはほぼいないため、「アイムガナ」と繰り返し真似て耳と口で覚えましょう。

テキストを見ながらCDを流して一緒に発音する方法も効果があります。同じ文章なのにCDのほうが早く読み終わった場合は、まだ口の筋肉が英語に慣れておらず、話すのが遅いかリズムが悪いことが考えられます。また、長い文章のどこでポーズをとればいいのか、感覚がつかめてくるでしょう。

ドラマや映画を見ながら練習するときは、セリフを真似してみましょう。その場合は、セリフの意味を正しく理解した上で行うべきなので、まず日本語の字幕付きで1回観賞して意味を把握しておきます。次に、字幕を消してセリフを真似してみましょう。字幕なしでは何を言っているかわからないなら、英語の字幕付きで見て、セリフの内容を確認し、口に出して何度も練習しましょう。慣れてきたらもう一度、字幕なしで観賞すると、かなり理解できるようになっているはずです。

また、英語で短い日記を書く方法も効果があります。インプットで学んだ単語や表現は、書くことで定着するからです。
隙間時間を活用して学習するなら、スマートフォン用の英会話アプリなどを使って練習するのも良いでしょう。さまざまなタイプがありますが、自分の発音を録音した上で、正しく発音できているかをネイティブの発音と比べられるアプリは特に便利です。

スピーキング上達のコツ:実践編

スピーキングは自分でコツコツと取り組んでも上達しますが、よりレベルアップを目指すなら、やはり実際に人と話すのが近道です。

最も手軽な方法は、英会話教室に通うことです。英会話教室の先生は、英会話に自信がない日本人生徒の気持ちを理解していますし、苦手な発音やフレーズも知っているため集中的に見てもらえます。また、質問すればすぐに回答してもらえる点もメリットです。グループクラスよりは、自分のペースで学習を進められるマンツーマンクラスのほうが、より集中して学べるでしょう。ただ、グループクラスも自分の知らない分野の話題をクラスメートが出して、自分だけでは得られなかったボキャブラリーや知識を増やせるというメリットがあります。

また、積極的に出かけて外国人の友人を作るのも良い方法です。ネイティブスピーカーと話したいなら、英会話カフェという手があります。ほかにも、国際交流パーティーなど、外国人が集まりやすいスポットに出掛けてみましょう。音楽やスポーツが好きな人は、外国人が集まりやすいジャズバーやスポーツバーなどに行って、近くにいる外国人に話しかけてみてはどうでしょうか。音楽やスポーツなど共通の趣味があれば、会話が盛り上がるはずです。

英会話教室への通学や外出が難しい人は、オンラインの英会話レッスンやスマートフォンの英会話アプリを利用してみましょう。オンラインの英会話レッスンは基本的に隙間時間に受講でき、講師から直接英会話を学べる上、比較的低価格です。

また、スマートフォンのアプリの中には海外の人々と言語交換学習ができるものがあり、日本語を学びたい人々から、交換学習として英語を教えてもらうことができます。

英会話を学習していく上で、自分のスピーキング力を数値で確かめたいときは、語学テストを受けるのが最適です。英検のほかTOEICにもスピーキングとライティングに特化したテストがあります。テストを定期的に受けることで自分のスピーキング力の伸びを実感でき、モチベーションを維持するのに役立つでしょう。

スピーキング力アップは「習うより慣れろ」の精神で

スピーキング力は、実際に話すことでしか向上しません。外国人といきなり話す自信がなければ、まずは家でCDやインターネット、海外ドラマや洋画などを利用して独学し、ある程度自信がついてきたら外国人との会話に挑戦してみましょう。
英語には「Practice makes perfect.」(練習が完璧を作る=習うより慣れろ)ということわざがあります。オリンピック選手が完璧な演技をするために練習を何度も行うように、英語のスピーキング力も練習あるのみです。いきなり完璧を求める必要はありません。失敗を気にせずに、外国人との会話を積極的に楽しんで、スピーキングを上達させましょう。

ビジネス英語特集

ページ上部へ戻る